バラエティ動画倉庫

日本の芸能/超歌舞伎/動画/2月14日配信/今昔饗宴千本桜/初音ミク/中村獅童/nhk無料視聴まとめ

日本の芸能/動画/2月14日/超歌舞伎/今昔饗宴千本桜/初音ミク/中村獅童/nhk無料視聴まとめ

 

2020年2月14日23時からNHK Eテレで『日本の芸能 超歌舞伎今昔饗宴千本桜」』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

日本の芸能/超歌舞伎/今昔饗宴千本桜/初音ミク/中村獅童動画無料視聴
 

日本の芸能/超歌舞伎/2020年2月14日動画 /番組内容

 

初音ミクと歌舞伎俳優・中村獅童が共演の「超歌舞伎」。2019年8月に歌舞伎発祥の地・京都南座で行われた熱気あふれる公演「今昔饗宴千本桜」をご紹介!

番組内容
バーチャルアイドル・初音ミクと歌舞伎俳優・中村獅童が夢の共演を果たした「超歌舞伎」。2019年8月の公演は、なんと歌舞伎発祥の地・京都南座での1か月公演!最先端のテクノロジーと伝統のアナログ文化が融合した夢の舞台「今昔饗宴千本桜(はなくらべせんぼんざくら)」をご紹介。獅童とミクふたりでの宙乗りなど、みどころ満載。熱気あふれる舞台をお楽しみいただく。

 

日本の芸能/超歌舞伎 出演者

 

司会
石田ひかり,吉田真人,

出演
中村獅童,初音ミク,中村蝶紫,澤村國矢,KAITO,中村吉二郎,市川右左次,尾上音二郎,坂東家之助,坂東橘治,坂東橘之助,五味良介,太田達也,金谷友太ほか

 

日本の芸能/超歌舞伎/動画2月14日ストーリー性

 
NHKEテレ金曜23時の「日本の芸能」、今週は「今昔饗宴千本桜」ですね。

歌舞伎は古典芸能といえば古典芸能なのですが、役者さんの現代の新しい要素を取り入れるエネルギーがすごいですね。

多分、そのエネルギーの強さが歌舞伎人気を支えている大事な要素の一つなのかなと思っています。

もちろん昔ながらの古典的演目は大事にしつつ、今回のような初音ミクという登場して10年そこそこで、しかも生身の人間ではないものとも融合して新しい形を示してくれるんですよね。

すごいパワーを持っているし、それだけの人材がいるということなのでしょう。さて、今回の舞台は京都南座での公演とのことですね。

京都南座といえば江戸時代のはじめからある日本最古の劇場で、出雲阿国もここで演じたと言われている劇場ですね。

そんな伝統ある劇場に初音ミクが単独ならまだしも、歌舞伎の共演者として出てしまう、歌舞伎ってすごいなと思いますし、未来の世界ってどんどんこんな感じで生身の人間と映像との融合って進んでいくのかも知れないなとも思います。

そして、初音ミクと共演する中村獅童さんは歌舞伎以外のマルチな活躍もすさまじい天才だと思っていますが、やっぱり本職の歌舞伎役者としての獅童さんが一番魅力的だと思います。
 

日本の芸能/動画/2月14日/超歌舞伎/ 楽しみな点

 

古くから日本人に親しまれた伝統芸能である歌舞伎。時代によって変化を遂げてその時代の背景や風習なども取り入れることによって、その時代の人々を楽しませながら変化をとげてきました。

そんな歌舞伎の世界が日本の最先端の技術を取り入れて更なる進化を遂げようとしています。

名付けて「超歌舞伎」、舞台はなんと歌舞伎発祥の地と言われて数々の名役者が舞台を踏んできた京都南座です。

この超歌舞伎を演じるのは歌舞伎俳優の中村獅童さん、そしてもうひとりはバーチャルアイドルの初音ミクさんです。

どんな舞台になるのか全く想像がつきません。

アナログとデジタルの競演というものは近年よく様々な分野で見受けられますが、伝統芸能がバーチャルと融合するとどのような世界が広がっていくのでしょうか。

この超歌舞伎の舞台の裏側を追ったドキュメンタリー番組「日本の芸能 超歌舞伎 今昔饗宴千本桜」が2月14日にNHKで放送されます。

この企画が生まれた理由や大変だった点など、この舞台に全てを捧げた人々の情熱が垣間見れる番組になると思います。

また、主演の中村獅童さんと初音ミクさんの今回の舞台への意気込みや楽しみな点、見所なども聞けると思います。

 

日本の芸能/今昔饗宴千本桜/初音ミク/中村獅童 視聴者感想

 
NHKのEテレの素晴らしいと思うところは、子供向けの健全な教育系番組を放送してくれると共に、大人向けに良質の教養番組を放送してくれるところにあると思います。

この『日本の芸能』も、あまり視聴率は見込めないものの、日本人なら知っておいて欲しい古典芸能を放送してくれる点で、なくてはならない番組です。

民放だと、どうしても視聴率の関係で、放送できないタイプの番組ですからね。

今回『日本の芸能』で取り上げられるのは、バーチャルアイドル・初音ミクと歌舞伎俳優・中村獅童さんが夢の共演を果たした「超歌舞伎」の「今昔饗宴千本桜」。

最先端のテクノロジーと伝統のアナログ文化が融合した驚きの企画ですが、こうした斬新な劇に、果敢にチャレンジするところが、日本の歌舞伎界の凄いところだと思います。

多くの才能のある役者さんを輩出すると共に、常にチャレンジ精神を忘れないところが、現代において古典芸能を続けていくには必要なことなのでしょう。

実際、初音ミクと中村獅童さんが2人で宙乗りするシーンなど、どうやって表現しているのか、是非見たい場面ですし、楽しみですね。

 

まとめ

 

違法動画リーチサイトは、番組を観たい一部の視聴者からするとありがたいものかもしれませんが、サイトの運営者がやっていることは、著作権に触れる悪いことです。

違法動画を上げる人にについては、恐らく、動画再生回数を稼いでお金儲けをしようと企んでいる人が大半だと思います。

または、違法とは知らずにアップロードしている人も中にはいると思いますが、いずれにしても取り締まるべきだと思います。違法動画リーチサイトが作成されてしまっては、動画の著作主である人が、著作権を設けている意味がなくなってしまいます。

著作権があれば、お金を得る事もできますが、違法にアップロードされてしまうことが原因で、お金儲けに繋がらなくなってしまう事も考えられます。

また、Twitterの無断引用についてですが、自分がわからない場所で自分のつぶやきが使われていることを知るととても気分が悪いですし、アイコンを自分の顔にしていたりする事もあるため、知らない場所で自分の存在を誰かに認知されていると考えると、怖いものです。大体は、Twitterの引用サイトから引用されたつぶやきのTwitterのアカウントに飛ぶことができる事が多いため、知らない人に自分のアカウントが知られてしまう事は恐怖です。
このようなことは、取り締まるべきだと思います。

個人のTwitterの呟きが無断で載せられているとみられるブログやインターネットサイトが多く見受けられます。Twitterはユーザー名がしっかりと載ってしまっていて、リンクから、そのユーザーのTwitterに飛ぶ事もできてしまいます。しかも多くのアカウントの呟きが載せられていました。

恐らく、Twitterのアカウント保持者には許可を持っていないと思われます。

そのような無断引用を見ると、どこかで自分のTwitterのつぶやきも無断で使用されているのではないかと怖くなってきます。

また、テレビで放送されていた番組が某動画サイトにアップされていたり、本来ならばDVDを購入しなければ見られないような作品も、多くインターネット上で公開されています。違法動画リーチサイトは著作権の侵害にもなってしまうのではないかと考えられます。稀に、違法動画が削除されている事もありますが、ネット上に残っているものはまだまだあるはずです。

違法動画リーチサイトやTwitterの無断引用等は、見つからない場合もあります。万が一、見つかった場合は法的な処置が必要だと感じます。違反を見つけるとすぐに報告できる機能があれば良いのに、とも思います。
このようなことは本来あってはならないことだと強く思います。
 
日本の芸能/今昔饗宴千本桜/初音ミク/中村獅童pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun/tver(ティーバー・ディーバー)で見れないです

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

今昔饗宴千本桜/初音ミク/中村獅童