バラエティ動画倉庫

にっぽんの芸能 超歌舞伎/動画/2月14日/今昔饗宴千本桜/初音ミク/中村獅童/nhk無料視聴まとめ

にっぽんの芸能/動画/2月14日/超歌舞伎/今昔饗宴千本桜/初音ミク/中村獅童/nhk無料視聴まとめ

 

2020年2月14日23時からNHK Eテレで『にっぽんの芸能 超歌舞伎今昔饗宴千本桜」』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

にっぽんの芸能/超歌舞伎/今昔饗宴千本桜/初音ミク/中村獅童動画無料視聴
 

にっぽんの芸能/超歌舞伎/2020年2月14日動画 /番組内容

 

初音ミクと歌舞伎俳優・中村獅童が共演の「超歌舞伎」。2019年8月に歌舞伎発祥の地・京都南座で行われた熱気あふれる公演「今昔饗宴千本桜」をご紹介!

番組内容
バーチャルアイドル・初音ミクと歌舞伎俳優・中村獅童が夢の共演を果たした「超歌舞伎」。2019年8月の公演は、なんと歌舞伎発祥の地・京都南座での1か月公演!最先端のテクノロジーと伝統のアナログ文化が融合した夢の舞台「今昔饗宴千本桜(はなくらべせんぼんざくら)」をご紹介。獅童とミクふたりでの宙乗りなど、みどころ満載。熱気あふれる舞台をお楽しみいただく。

 

にっぽんの芸能/超歌舞伎 出演者

 

司会
石田ひかり,吉田真人,

出演
中村獅童,初音ミク,中村蝶紫,澤村國矢,KAITO,中村吉二郎,市川右左次,尾上音二郎,坂東家之助,坂東橘治,坂東橘之助,五味良介,太田達也,金谷友太ほか

 

にっぽんの芸能/超歌舞伎/動画2月14日ストーリー性

 

近年の歌舞伎界は、30代40代の役者達が主演として立派に勤め上げ、全体的にも盛り上がっています。しかし、彼らはそれだけでは満足しませんでした。

ただ観客が来るのを待つのでではなく、新たな観客を獲得するためにいろいろな活動を始めます。

代表的なものとして、市川猿之助さんのスーパー歌舞伎ワンピースや尾上菊之助さんの風の谷のナウシカがあります。

アニメの世界を歌舞伎に取り入れ、彼らの持つ伝統技術による表現を駆使し、今までの歌舞伎にはなかった世界観の作品となりました。今までの観客には新たな世界への扉として、原作を知る人たちには歌舞伎への入り口として彼らの挑戦が役立つことになるでしょう。

そして、中村獅童さんが選んだ挑戦がこの番組で紹介される歌舞伎とバーチャル世界が融合した超歌舞伎です。

この作品が披露されたのは2016年で、他分野への挑戦という意味では他の役者たちよりも早かったです。

ではなぜ、獅童さんは誰よりも早く動き出したのでしょうか。

理由としては、中村勘三郎さんへの憧れがあると思います。

獅童さんにとって勘三郎さんは、役を得られなかった時代に実力主義で大役を任せてくれた大恩人です。

その恩人がいつも気にかけていたのが歌舞伎界の将来であり、若者の歌舞伎離れでした。その対策として、他分野の脚本家や演出家に作品を作ってもらったり平成中村座作ったりと挑戦を続けてきたのです。

その姿を見た獅童さんが立ち止まっているはずはありませんでした。

彼なりに勘三郎さんへの恩返しとして、未来の歌舞伎界のために挑戦した作品です。ぜひ楽しんで見てください。

 
この番組は、歌舞伎だけでなく舞踊や能などの日本の伝統文化が披露されている舞台を中心に紹介する番組です。

今回の番組で紹介されるのは、昨年の8月に京都で行われた中村獅童さんが出演している超歌舞伎です。

この超歌舞伎は、2016年から公演を重ねてきたもので、獅童さんとバーチャルアイドルの初音ミクが共演する作品です。

バーチャルと人間が同じ舞台に立つ公演の様子は、ニュースなどでも報道され話題になりました。

ついに歌舞伎の本場である京都南座でも上演することになりました。

今まで興味はありながらも慣れない会場に行く勇気が出ずに見られなかった方には、この番組をお勧めします。

最新技術を使った演出と今まで積み重ねてきた役者の技量が、どのように融合し化学反応を起こすのかを見て確認してください。

そして、これからの伝統文化を守るためにも食わず嫌いで拒絶するのではなく、今回のような技術を取り入れるのがアリなのかナシなのかについても考えてみてください。

もしも、面白いと思われるのであれば、はじまりの場所となった超会議の方へも足を運んでみてはいかがでしょうか。

この作品をきっかけに、若者文化の観客と伝統文化の観客が双方の会場を行き来し交流していくことこそが獅童さんの挑戦に対する最高の結果につながっていくのではないでしょうか。

にっぽんの芸能/動画/2月14日/超歌舞伎/ 楽しみな点

 
HKEテレの「にっぽんの芸能」は、往年の名舞台から最近行われている新しい試みも取りれた舞台まで、日本の古典芸能を広く紹介してくれる番組ですね。

先週放送の文楽の名舞台から一転、2月13日に放送されるのはボーカロイドと歌舞伎を融合させた「今昔饗宴千本桜」です。

2016年のネット放送で実現したボカロを代表する初音ミクと歌舞伎の融合舞台はその後も行われていて今回紹介されるのは昨年2019年の夏に京都南座で行われた公演のようですね。
2019年以前の様子を見たことがありますが、ボカロと歌舞伎って相性がとてもいいように思いましたので、今回も見ごたえのある舞台になっていることを期待しています。

最初初音ミクが歌舞伎と融合、しかも実際の舞台でやると聞いた時は違和感があったのですが、実際に見てみると違和感は全然ないんですよね。

なぜなのかと考えてみたのですが、結局歌舞伎も初めて現れた時は初音ミクと似たような扱いだったからなのかなと思います。

つまり、古典芸能といっても初めて登場した時は異端だったのだろうと思います。

出現の時期は思いっきり違うのですが、結局は異端どうしなので融合できて当然といえば当然なのかも知れません。

どちらも演出がきらびやかなので、とっても華やかで豪華な舞台を見せてくれるだろうと思います。期待して拝見しようと思います。

 

にっぽんの芸能/今昔饗宴千本桜/初音ミク/中村獅童 視聴者感想

 

古典芸能、古典と言われてしまうととっつきにくいと感じる人もいるかも知れませんが、実際に体験してみるとそんなことはないと感じる人が多いのではないでしょうか?

私も狂言や能を見たことがない時はちょっと引き気味でしたが、思い切って見てみるとかなり楽しめるものでした。

さらに、歌舞伎となれば能や狂言よりも新しい時代のものなので、さらに現代の我々にも受け入れやすいものだと思います。

そして、歌舞伎がさらに現代に接近してきたと感じたのが、この初音ミクとの共演ですね。

今回紹介されるのは、初音ミクの千本桜と歌舞伎の義経千本桜を融合させた演目を舞台でやったもので、歌舞伎の進化形と言えるのかも知れません。

古典といっても、時代時代に合わせ進化していくのはある意味当然なので、自然なことなのかも知れませんが、最初聞いた時は驚きましたし、実際に演じられた中村獅童さんの心意気には恐れ入りますといったところですね。

ところで、今回歌舞伎側の主役である中村獅童さんはテレビドラマなどで見かける姿もいいですが、歌舞伎のいで立ちで拝見すると吸い込まれるような迫力がありますよね。

以前この舞台を見た時には体がしびれるような感覚を覚えるほど圧倒されたのですが、今回も迫力一杯の舞台を楽しませてくれると期待しています。

とっても楽しみです。

 

まとめ

 

漫画や動画などの無断アップロードは違法だからしてはいけないことだという認識のある人は多いですよね。

しかし文章はどうなのでしょうか。

文章だったらコピペとか、埋め込みをしたりして引用して無断で使ってもいいんじゃないかと勘違いしている人が多いと思うのです。

本当はニュースサイトなどに掲載されている文章ですらコピーすることを禁じられています。
でもやってしまっている人は多いですよね。

それは仕方ないかも知れませんが、全く影響力もない個人が楽しむ範囲でやっているツイートをしている一般の方々のツイートを無断引用するというのはいかがなものかと思うのです。

これらのことも違法行為にあたるのです。

漫画や動画のアップをしていなくても、文章を引用した時点でアウトということです。

自己顕示欲の強い人なら喜ぶかも知れませんが、ひっそりとツイッターライフを楽しみたい人もいます。
もしそのような人が知らない間に引用されていたとしたら、それはもう晒しに近いようなことをしているのと同じです。

リンク先も表示させていない場合はもっと悪質なことをやっていることになります。

ひどい人は無断引用しながら文句を書いている人もいますよね。

文句を言いたいなら直接言えばいいだろうと思います。

外部で勝手に文章が使われていたとなったらとても怖いことです

 
にっぽんの芸能/今昔饗宴千本桜/初音ミク/中村獅童pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun/tver(ティーバー・ディーバー)で見れないです

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

今昔饗宴千本桜/初音ミク/中村獅童