アニメ

にっぽんの芸能/超歌舞伎/見逃し配信//再放送/今昔饗宴千本桜/初音ミク/中村獅童/無料視聴まとめ

にっぽんの芸能/再放送/見逃し配信/2月14日/超歌舞伎/今昔饗宴千本桜/初音ミク/中村獅童/無料視聴まとめ

 

2020年2月14日23時からNHK Eテレで『にっぽんの芸能 超歌舞伎今昔饗宴千本桜」』が放送されます

 

見逃した方や放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

にっぽんの芸能/超歌舞伎/今昔饗宴千本桜/初音ミク/中村獅童再放送/見逃し配信無料視聴
 

にっぽんの芸能/超歌舞伎/2020年2月14日再放送/見逃し配信 /番組内容

 

初音ミクと歌舞伎俳優・中村獅童が共演の「超歌舞伎」。2019年8月に歌舞伎発祥の地・京都南座で行われた熱気あふれる公演「今昔饗宴千本桜」をご紹介!

番組内容
バーチャルアイドル・初音ミクと歌舞伎俳優・中村獅童が夢の共演を果たした「超歌舞伎」。2019年8月の公演は、なんと歌舞伎発祥の地・京都南座での1か月公演!最先端のテクノロジーと伝統のアナログ文化が融合した夢の舞台「今昔饗宴千本桜(はなくらべせんぼんざくら)」をご紹介。獅童とミクふたりでの宙乗りなど、みどころ満載。熱気あふれる舞台をお楽しみいただく。

 

にっぽんの芸能/超歌舞伎 出演者

 

司会
石田ひかり,吉田真人,

出演
中村獅童,初音ミク,中村蝶紫,澤村國矢,KAITO,中村吉二郎,市川右左次,尾上音二郎,坂東家之助,坂東橘治,坂東橘之助,五味良介,太田達也,金谷友太ほか

 

にっぽんの芸能/超歌舞伎/再放送/見逃し配信2月14日ストーリー性

 
以前も放送していた事があったので見ていました。また今年も見られるという事で放送を楽しみにしています。

中村獅童さんは新しい物を取り入れた歌舞伎との共演が話題を呼んでいますが、中にはこのような企画を快く思っていない方もいるとは思います。

もしかしたら古くからの歌舞伎のファンの方からはあのような物は邪道でしかないと思われているかもしれませし、バーチャルシンガーそのものに嫌悪感を抱いている人もいると思います。しかし、歌舞伎の将来の事を考えた時に新しい観客層をどのようにして取り込んでいくのか課題になってくると思います。

今回の初音ミクとの共演も新たな観客層へのアプローチの取り方としては非常に面白い取り組みだと思います。

その中から歌舞伎に興味を持ちだして本格的な歌舞伎にのめり込む人たちも居る可能性もあると思うので今回のNHKとの取り組みも非常に好感が持てる企画だと思います。そのような歌舞伎を毎回、行っている中村獅童さんも凄いとは思いますが、その歌舞伎を毎回、放送してくれているNHKにもとてもありがたいと思い感謝しています。

今年は中村獅童さんと初音ミクの共演がどのような演目を演じていくのか放送をとても楽しみにしています。

 

楽しみな所は、歌舞伎で中村獅童さんと初音ミクが、共演している所です。

歌舞伎にバーチャルアイドルが、登場するというのもすごいですね。

初音ミクは、テレビで人気のバーチャルアイドルが、いるというのを特集で観ました。

バーチャルアイドルという存在は、よく分からない状況だったのですが、滑らかな動きで歌い踊る初音ミクに驚きました。

人気のバーチャルアイドルという事でファンもおおいと思います。

今回の歌舞伎では、初音ミクが、歌舞伎の宙乗りまでしているというので面白そうです。

最近は、歌舞伎も時代の流行を取り入れているなと思っていましたが、バーチャルアイドルとの共演という試みは、挑戦し続ける中村獅童さんらしいなと感じました。

中村獅童さんといえば映画で丸坊主頭にして話題になった事が、思い出されます。

歌舞伎役者としての伝統も守りながら常にいろんな事に挑戦し続ける役者だなと思っていました。

千本桜をテーマにした舞台なので京都の舞台をサクラで盛り上げてくれそうで楽しそうです。

面白そうなのは、中村獅童さんと初音ミクが、二人で宙乗りする所です。
テクノロジーを使ってどんな演出になるのか楽しみです。

バーチャルアイドルとの共演という事で若い世代にも楽しんでもらえるような舞台になっていると思います。
この舞台を通して日本伝統の歌舞伎に興味を持つ若者が、おおくなると思います。

にっぽんの芸能/再放送/見逃し配信/2月14日/超歌舞伎/ 楽しみな点

 

2020年2月14日金曜日に「にっぽんの芸能『今昔饗宴千本桜』」が放送されます。
世界的な人気を誇るバーチャル・アイドル、ボーカロイドの「初音ミク」さんと、歌舞伎俳優の中村獅童さんが歌舞伎で共演!?

今回の演目「今昔饗宴千本桜」のモチーフとなるのは、黒うさP(プロデューサー。ボーカロイドの作曲家のこと)さんが作ったミクさんの大ヒット曲「千本桜」です。

ミクさんと言えば、たくさんのPさんたちが作った大ヒット曲を多数持つボーカロイドで、Pさんたちの中には、歌手の米津玄師さん(ボーカロイド作曲時は「ハチ」名義)もいます。
ほかには、大人気ロックバンド「BUMP OF CHICKEN」とコラボレーションしたり、バーチャルの枠にとどまらない活躍を見せています。

一方、中村獅童さんと言えば、歌舞伎だけではなく、映画やドラマ、舞台でも大活躍中の俳優さんです。

今回の「今昔饗宴千本桜」では、ミクさんと中村さんの宙乗りが見どころのひとつだそうですが、一体どのような宙乗りになるのでしょう。
 
バーチャルアイドル・初音ミクと歌舞伎俳優・中村獅童が共演するというまさに新しい歌舞伎の世界を2019年8月に行ったそうですが、その様子を番組では見せてくれるそうです。

非常に興味深いです。

初音ミクと中村獅童さんがコラボするってだけでもなんだか悪く言えばミスマッチなんでしょうけどもそのあたりは実際の放送をみて判断したいですが現時点ではありえない設定に感じます。でも面白い試みですよね。

こういう事を過去にした歌舞伎役者はいないでしょうし、このようなユニークな発想は獅童が考えたことなのかもしりたいです。まさに初音ミクは現代のハイテク的な存在ですけども歌舞伎は究極のアナログの世界ですので、真逆ですしこの2つが融合したらどんな感じになってるのかも知りたいです。

にっぽんの芸能/今昔饗宴千本桜/初音ミク/中村獅童 視聴者感想

 

れをTV番組にするのでどのような構成でいくのか、また出演者である中村獅童さんのコメントや今までにない歌舞伎をするにあたって、苦労したであろう点も聞けそうなので実に期待しております。

それに今までは生で見ていたため画面を通しての今昔饗宴千本桜は自分の目にどう映るのかも気になりますのでNHKで放送してくれるのは非常に有難いです。

特に昨年の京都南座で行われた公演との事ですので幕張メッセのイベントホールでの公演とは違うでしょうから、また新しい感覚で見れるであろう事を思うと今から楽しみで待ち遠しいです。

始まる前に屋号を予め教えてくれていたり、いつでも好きなタイミングで屋号の声かけしていただいて結構ですと言われていたので、会場で見ていた人達は全員思い思いで叫んでいましたが、これが実際の歌舞伎となるとどのタイミングで屋号を呼ぶのか、また自分達が叫んでいたのとは違うのか等、自分達との差もまた気になる所です。それとイベントホールとは違って音の響き方も違うでしょうし、演出、音響そういった部分にも注視してみたいと思っております。

 

まとめ

 
私は歌舞伎を実際に見に行ったことがないのですが、初音ミクとのコラボということで、次にまた公演があれば見に行こうと思っています。

どんなステージになるのかが未知数でとても楽しみですね。

キャストにKAITOのボーカロイドも出るのでしょうか?

歌舞伎役者さんも初めは戸惑われたのではないでしょうか。

二人で宙乗りになるというのも気になります。

初音ミクの代表作の一つである千本桜と歌舞伎の千本桜がどう融合して表現されているのかも気になりますね。

また、初音ミクが舞台上でどのような姿、形で出てきて演技中に歌舞伎役者さんとどう絡むのかも気になります。想像するとなんだか微笑ましいです。

中村獅童さんは、高い演技力を持たれる方なので、きっと初音ミクともうまく強調して演技をなされるんだろうなと思います。

にっぽんの芸能が、今後新しい形で広まっていくことは嬉しいことだなと思います。

私たち若い世代にも、初音ミクがいてくれることでとっつきやすくなるのではないかなと思いました。
歌舞伎の語源をご存知ですか。それは「傾く(かぶく)」からきており、本来の意味は「頭を傾ける」です。それがいつしか「常識外れ」や「異様な風体」を表すようになり、そこから、身なりや言動の風変わりな、いわゆるアウトロー的な人を「かぶきもの」と呼ぶようになったそうです。

バーチャルアイドルである初音ミクと、歌舞伎俳優である中村獅童のコラボレーションなんて、突拍子が無くて責め過ぎでは、思われた方も多いでしょう。

しかしこのように、歌舞伎とは風変わりで、常軌を逸脱したもののことを指すのです。そう振る舞うことこそかが、最高にクールでカッコいい、時代の最先端なのです。だからこそ、今回のコラボレーションは歌舞伎のそういった昔からの伝統に乗っ取ったと言っていいのではないでしょうか。

伝統芸能における二次元との共演なんて、常識外れではないか、そう思われることこそ、歌舞伎者にとっては本望なのです。
なぜなら常識から外れることこそが、最高にクールでカッコいい、歌舞伎というものなのです。

では、最先端のテクノロジーと伝統芸能が融合した歌舞伎「今昔饗宴千本桜(はなくらべせんぼんざくら)」とは果たしてどんな舞台なのでしょうか。

初音ミクと中村獅童が見せてくれる新しい世界、「超歌舞伎」から目が離せません。
 

2Dイラスト・3Dモデル・漫画・コスプレ・映像・曲をテーマにした小説など、多くのサブコンテンツが存在しています。そしてそれらは無数のクリエイターの尽力によって、常にアップデートされているのです。
もはや1人の歌手だとか、バーチャルの枠だとかを超えたれっきとした文化だといえるはずです。

また、日本を代表するメディアであるNHKが企画にかかわることで、
海外にも堂々と主張できる新しい芸能に仕上げてくれるのを楽しみにしています。

初音ミクは人間の歌手とは異なり、
楽曲のジャンルをまたいでいる存在です。
紅白でカバーされる「千本桜」のような和を追求した曲もありますし、Googleのコマーシャルに起用された「Tell Your World」はグローバルを追求した曲です。ある音楽クリエイターは初音ミクでジャズ演奏を再現することに成功しています。ミスマッチするジャンルはほぼないでしょう。
だからこそ、新しい21世紀の技術でありながら数百年もの歴史に溶け込めるはずだと考えています。

ボーカロイド文化は、
あらゆる分野のクリエイターが結集してはじめて成り立ちます。

これからの時代、日本ではまだまだクリエイターが進出できる可能性はあるはずです。

最新のトレンドをを取り入れた作曲家、モダンなデザインを取り入れた映像クリエイター、可愛らしさとリアリティの間を突き詰める3Dモデラ―。そ

れ以外のクリエイターも含めて、日本が見せられる最高峰の現代美術が取り入れられるはずです。

そしてそれらは、きっと私たちを驚かせてくれます。

にっぽんの芸能/今昔饗宴千本桜/初音ミク/中村獅童pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun/tver(ティーバー・ディーバー)で見れないです

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

今昔饗宴千本桜/初音ミク/中村獅童