アニメ

空挺ドラゴンズ/6話/動画/6話/アニメ/2月12日放送日 (2/12)無料視聴/見逃し配信/再放送

空挺ドラゴンズ/6話/動画/6話/アニメ/2月12日放送日 (2/12)無料視聴/見逃し配信/再放送
 

2020年2月12日25時05分からフジテレビで『空挺ドラゴンズ<+Ultra>』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

空挺ドラゴンズ/動画/6話/アニメ/2月12日放送日の無料視聴まとめ
 

空挺ドラゴンズ6話動画 /番組内容

 

空の覇者、龍〈ドラゴン〉。 その存在は多くの地上の人々にとっては脅威・災害であり、同時に薬や油、そして食用としての価値がある“宝の山”でもあった。 その龍〈ドラゴン〉を狩る存在がいた。 捕龍船を操り、空を駆け、龍を狩り、旅をする。 彼らは「龍(おろち)捕り」。 これはその中の一艇“クィン・ザザ号”とそのクルー達の物語である。 空と龍に魅せられた乗組員たちの旅を描いた、桑原太矩の「空挺ドラゴンズ」(講談社 月刊「good!アフタヌーン」連載)。

 

 

空挺ドラゴンズ キャスト

 

ミカ: 前野智昭  タキタ: 雨宮天  ジロー: 斉藤壮馬  ヴァナベル: 花澤香菜  ギブス: 諏訪部順一  クロッコ: 関智一  ニコ: 櫻井孝宏  バーコ: 鳥海浩輔  カペラ: 釘宮理恵  ガガ: 熊谷健太郎  フェイ: 古川慎  バダキン: 松山鷹志  オーケン: 武内駿輔  ソラヤ: 上村祐翔  メイン: 赤崎千夏  ヒーロ: 榎木淳弥  ヨシ: 井上和彦  リー: 佐々木啓夫  他

 

空挺ドラゴンズ/動画/6話アニメ/2月12日放送日ストーリー性

 
フジテレビ系列で放送されているテレビアニメ『空挺ドラゴンズ』。

空を龍が舞い、多くの人々にとって災害をもたらす存在であると共に、薬や油、そして食用としての価値がある“宝の山”でもあるという世界。

そんな龍を狩るために、空を駆け巡る捕龍船と、それを操りながら旅をする龍捕りたちの物語。

まずは壮大かつオリジナリティ溢れる世界観に引き込まれてしまう作品ですね。

捕龍船“クィン・ザザ号”を舞台に、ミカやタキタたちの乗組員たちが織りなす物語ですが、登場人物たちがかなり個性的ですし、かつ“クィン・ザザ号”の乗組員たちの仕事や生活といった日常が淡々と描かれていることが興味深い作品だなと思っています。

全体を通して、コミカルな雰囲気が強いこともあり、肩の力を抜いて見ていられますね。

新人であるタキタがいろいろな経験を通して成長してゆく様を見守るのも楽しいですし、それぞれの乗組員たちが抱える個人的な事情も興味深いです。

ただし、ストーリーとしては、どちらかと言うと平坦に流れが続いているように思います。

もっとも、テレビアニメの放送が始まってまだ1ヶ月余りで、まだ物語は序盤を脱していないのかも知れません。

今後、ストーリーがどんな展開を迎えるのか、楽しみに待ちたいと思います。

 

非常に迫力があり、あまりアニメを見ない私でも見てみたいと思いました。

壮大なファンタジーの世界に引き込まれるような予告で現実ではありえないような空想の世界が胸を高鳴らせ早くみたいと思わせるような膨大な絵でドキドキするような緊張感をかんじました。

主人公がかなり能天気な性格に見えたので思いもよらないような行動や言動をしそうで、楽しく見られそうだな、と感じました。

龍なんてこの世にいるのか分からないようなものを描くってすごく難しいと思います。

想像の中で作りあげたものを作品にするそれがどう描かれているのかを見てみたいです。

恋愛面はどのように描かれているのかそれとも描かれていないのかもすごく気になります。

予告だけじゃなくてその先を見たくなります。

アニメを見ないのであまり興味がなかったのですがアニメに興味がなくてもこれは見てみたい。と思いました。

予告を見た時点で色々な想像をする事ができるので、その想像があっているのかも気になります。

私の想像じゃ予想できないような、むちゃくちゃ面白いアニメだと思います。予想を見るかぎりだとそう感じました。

予想通り面白いと嬉しいです。

空挺ドラゴンズ/アニメ//6話/動画6話2月12日放送日感想

 
作品タイトルからどこまで想像出来るのかは個人で違うと思いますが、少なくともドラゴンや龍をイメージできるのではないでしょうか。
この作品は飛行船に乗って、龍を狩っていくストーリーが中心になっている。
捕龍船に乗って、龍を狩り、それを加工して街に売りに行く。
また、捕龍船に乗っている乗組員の船内での普段の生活、狩った龍の加工など、苦労する話もある。

この作品の主人公であるミカは、普段は不真面目、無気力な状態だが、龍を狩る事に関しては経験など豊富で、他の乗組員から見れば無茶な事と思われる方法で龍を仕留める。
また、作品内では龍は食用、薬など様々な用途で使える事もあり、宝の山である。
それゆえに龍を狩るのは大変である。

また、捕龍船の維持する費用もかなり掛かるようであり、場合によっては龍をせっかく狩っても、赤字なんて事もあるらしい。

このミカたちの乗る捕龍船の乗組員は、それぞれ過去に訳ありの人もいるようである。
龍を捕る者と龍との一戦はなかなか見ものだと思います。

当然、龍だって狩られる訳にはいかないのですから。

また、場合によっては街から厄介者扱いされるなどの苦労もあるようだ。

生活をほぼ空の上で過ごす龍捕りの生活、生き様も見られる作品である。

 

空挺ドラゴンズ/動画/6話2話1話/アニメ/1月22日放送日ネタバレ

 

『空挺ドラゴンズ』は薬や食用等の、価値が非常に高い龍を狩る人々の物語です。その人々のことを「龍(おろち)捕り」と呼ばれています。クィン・ザザ号と呼ばれる空飛ぶ船に乗るミカやタキタ、ジロー、ヴァナベルといった船員達が登場人物です。この物語では、登場人物が非常に多いです

。私自身も「こんな人いたっけ?」となるほどです。ですが、放送回によってメインとなる船員も変わってきますので、人間関係が少しずつわかってくるのは面白いと思います。さらに、1話完結型のようなので、途中から見ても理解でき、楽しめると思います。

私にとっては、ミカとタキタの掛け合いが1番面白いと思います。ミカはとにかく龍を狩ることが大好きで、1人で突っ走り、よく無茶をするタイプの男性です。その人によく振り回されているのは、船に乗り始めたばかりの見習い、タキタという女の子です。

自由なミカを時には注意し、相手をしていますが、どちらが先輩なのかと思ってしまうこともあります。そんなタキタですが、ちゃんと女の子の一面もあります。空を飛んで移動しながら龍を狩ることになるので、街などでゆっくりとはいかないのが現実で、満足に自分のケアができません。

そのため、自分の髪が臭くないか等をよく気にしていて、とても可愛いなと思います。
その他にも注目してほしいのが、龍の姿です。このアニメでは、龍がとても鮮やかでどこか神秘的なイメージを持ちます。同じ見た目の龍がいないので、毎回楽しみにしています。
飛行船の動きや、揚げ物を上げてる時の衣の油のはね方、キャラクターの動きがリアルで生き生きしていて、なんだかとてもワクワクします。

自分自身がキャラクターと冒険をしているような高揚感を味わえそうなアニメですね。

最初ドラゴンを探し求めて何をする話なのかと思ったのですが、まさか食材にしてしまうとは驚きでした。

ドラゴン料理を取り上げたアニメというのも初めてなのではないでしょうか。

ドラゴンが好きだから解体したいというセリフが特に印象的です。

食材としてドラゴンが大好きだから、どんどん捕まえるぞってことだったんですね。

一体のドラゴンが、大きいので、ドラゴンが狩れた時は贅沢な料理が食卓に並ぶんですね。
一番印象に残っているのは、大きな揚げ物です。

人間の胴体ぐらいある大きな揚げ物でした。

何人かで分けて食べても、一日では食べきれない量な気がしましたが、彼らは食べ尽くしてしまうんでしょうか。

声優陣もかなり豪華ですね。

花澤香菜や釘宮理恵、関智一に井上和彦と、今の大人気声優から、実力派声優まで豪華なメンバーが顔をそろえているようです。

アクション要素も盛り込まれた作品みたいなので、声優の迫真の演技にも注目したいですね。
 

まとめ

 
現在世界では見る事のまずないプロペラ付き飛行船が、メインの乗り物として描かれている所にファンタジー要素が感じられてワクワクします。

空挺に乗る人々の制服の青、空の青、色使いも爽やかな世界で、音楽も世界観にマッチした儚い曲調と歌声で、一気に世界観に惹きこまれました。

また、「龍」という架空の、それも巨大な生物を獲って喰う、というコンセプト。昨今、狩猟漫画などを見かけることはありますが、ファンタジーとグルメという二つの主題がどのように盛り込まれているのか、興味が沸きました。

巨大な肉で作る料理は、絶対に現実ではお目に掛かれないほど豪快なことでしょう。描かれるのは生き物を獲って食べるという、自然の本来のサイクルでありながら、世界観が非常に壮大で、戦闘描写も楽しめそうです。

また、これだけ巨大な生物を獲るなら、命の危険も当然感じられて、現代の私たちは生き物を食べることの奥深さを忘れてしまっているのではないかと考えさせられました。

必死の思いをして獲るからこそ、ありがたいし、美味しく食べようという意欲も沸きます。
一見明るそうな作風ですが、込められているテーマはとても深いものがあると感じました。
空の覇者ドラゴンを狩る勇者たちの冒険ファンタジー「空挺ドラゴンズ」に夢中です。

ドラゴンに魅せられて、空を翔ける捕龍船「クィン・ザザ号」に乗り込んだクルーたち。

ドラゴンの肉を食用にするという発想が、とても斬新です。空想の生き物であるドラゴンは、龍神様という言葉もあるくらいなので、むかしから神様や神様の使いというイメージがありました。

しかし、この作品ではドラゴンを食用にしたり、油を取ったり、売り物にしたり、商品のように捉えています。人々にとって、災いをもたらす恐ろしい怪物としての一面ももちながら、同時に商品価値の高い「宝の山」でもあるドラゴン。

クルーたちは、一攫千金を夢見て、失敗すれば命を落としかねない危険な捕龍に挑みます。クルーたちのごちそうにもなるドラゴンですが、どんな味がするのでしょうか。

物語を見ている内に、ちょっと食べてみたくなりました。「クィン・ザザ号」が、補給と船の修理に降り立った港市クオーンで、また、一波乱ありそうな気配がします。
酒場へ繰り出したクルーたちが乱闘騒ぎを起こしたり、ジローが可憐な少女カーチャに出会ったり。そして、龍を解体、加工して暮らす一族とは、どんな人々なのでしようか。放送が楽しみです。

「空飛ぶ船が龍を追いかけてる。」飛行船も龍も人類にとっては、いつの日も夢のような話です。そんな夢物語を映像化したアニメ「空挺ドラゴンズ」。

とある時代のとある星では空飛ぶ船で龍を追いかけ捕獲し、薬・油・食用として人々に潤いを与えていました。当時、数々の自然災害などで人々に脅威を与えていた龍を捕獲して得ることができる恵み。龍を捕獲することは人類にとっては一石二鳥の出来事だったのです。

そんな空飛ぶ船の中の一艇、クィン・ザザ号とそこに乗り込み龍を追い続けたクルー達の熱く、時に楽しく、時に悲しい青春ストーリーアニメなのです。老若男女が集う船内。いろいろなことが起こります。

一人一人がひたむきに龍を追い続けることに全てを捧げた人生なのです。

考え方もやり方も人それぞれです。だけどスタートもゴールもみんな一緒です。挫折してあきらめることもあれば揉めることもあります。

でも、最終的には気持ちはひとつ、クルー全員が龍を捕獲することに全てを注ぎます。

人々の平和のために、幸せのために、命を賭けた戦いを続けていくのです。どこまでも果てしなく広がる空で繰り広げられるスペクタル感の溢れる物語。しかしながら人間のちっぽけさが如実にわかる物語。現実に直面しながらも、夢のある世界を見ることができます。

違法動画の危険性

違法動画に関する問題はupする側もそれを観る側も加害者になる大きなテーマです。

upする側もが加害者意識があるのは当然ですが、観る側も権利者に正当な報酬を支払わずにコンテンツを視聴するわけで、加害者になっているにもかかわらずその罪の意識は低いこともしばしばです。

リアルタイムで視聴出来なかった放送直後のドラマやアニメなど需要が高いものが海外HPでアップロードされることが多く、そういったものへのニーズが違法動画のupを助長しています。

ここ最近はアフィリエイト活動が活発化し、いかに色んな人がクリックしてくれるページ作りが出来るかが広告収入に直結する現状で、ニーズが多い違法動画へのリンクはとても簡単なクリック数稼ぎになるので安易にとられがちなのだと思いました。

本人が違法動画をupもしてないから、こんなのがあるよと紹介するのはグレーゾーンと判断されるのかもしれませんが、違法動画にたどり着く大きなきっかけを与えることも十分罪な行為だと思います。

検索フォームで観たい動画名と無料のワードを一緒に打ち込むだけで検索ヒットの上の方に出てきてしまうのも結局はリーチサイトにによる被害と捉えてます。視聴者側も探すのに苦労せず無料で観れてしまうからどんどん視聴者が増えてしまうというのも問題を大きくする一要因とおもいました。
 
空挺ドラゴンズ/動画/6話/アニメ/2月12日放送日の無料視聴まとめ「アニチューブ」「アニチューブX」「ANITUBE」、アニポ、anitube、kissanime、b9/pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)で見れない時は

下記にて

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

空挺ドラゴンズ/動画/6話/アニメ/2月12日放送日の無料視聴まとめ