アニメ

推し武道館 アニメ 6話/動画/6話 無料視聴配信2月13日放送分まとめ

推し武道館 アニメ 動画6話 無料視聴配信2月13日放送分まとめ

 

2020年1月23日25時28分からTBSテレビで『推し武道アニメ動画6話推しが武道館いってくれたら死ぬ』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

推しが武道館いってくれたら死ぬ/アニメ/動画6話
 

推しが武道館いってくれたら死ぬ /番組内容

 

Episode6「ぼくの全てが君だった」 中学生の頃、たった一人の誰かをずっと特別に思うことなんかないと思っていた空音。 しかし、『ChamJam』メンバーになってからの日々は空音の気持ちをゆっくりと確実に変えていった。 れおを尊敬し、れおがセンターでい続けることを願う空音だったが、アイドルとして致命的な事件が起きてしまう…。

 

推しが武道館いってくれたら死ぬ キャスト

 

えりぴよ:ファイルーズあい 市井舞菜:立花日菜 五十嵐れお:本渡楓 松山空音:長谷川育美 伯方眞妃:榎吉麻弥 寺本優佳:和多田美咲 水守ゆめ莉:石原夏織 横田文:伊藤麻菜美 くまさ:前野智昭 基:山谷祥生 玲奈:市ノ瀬加那

 

推しが武道館いってくれたら死ぬ 音楽

 

OPテーマ 「Clover wish」 歌:Cham Jam

EDテーマ 「桃色片想い」 歌:えりぴよ(CV:ファイルーズあい)

 

推し武道館 アニメ 動画6話ストーリー性

 

 

推し武道館 アニメ 動画6話みどころ

 
主人公がすごい勢いでアイドルに迫るのですが、良い反応が得られずに落ち込みます。それでも推しを一方的にでも愛するという主人公えりぴよの情熱にはなにか魅せられるものがあります。えりぴよの推しのアイドルが、アイドルなのに引っ込み思案で、えりぴよに普段の感謝をなかなか言えないという点もいじらしく、可愛くて萌えます。

登場するアイドルたちのライブパフォーマンスも手を抜くことなく描かれ、良い曲を良いパフォーマンスで披露します。OP曲も大変良かったです。

がむしゃらで元気な主人公えりぴよを熱演するファイルーズ愛さんの演技も必見です。アイドルの応援は、アイドルのライブだけでなく、アイドルが出演するファッションショーなどもあると分かります。

えりぴよはお目当てのアイドルが出るならどんなイベントでも参加するのでそのまっすぐな生き方は面白く、羨ましいとも思えました。

男のオタクのクマサも大変おもしろく、見た目はもっさりしていますが、心はイケメンな言動をたまに行うのでそのギャップも面白いです。

アイドルアニメはたくさんありますが、そのアイドルを応援するオタクをメインに捕らえている点が面白いです。少し視点をずらして展開するアイドルものなのが特筆出来る点でした。えりぴよの推しが武道館に行くまでの過程が見たいです

 

推し武道館 アニメ 動画6話感想やネタバレ

 

「推しが武道館いってくれたら死ぬ!」について書いていこうかなと思います。
私もアイドルやアニメや声優さんのライブに行く側の人間ですからこの題名の気持ちはとてもわかる気がします。

きっとこの方は最初の頃駆け出しの頃からのファンだったのではないかと思います。
そんな命をかけてでもアイドルを守り抜きたい!という気持ちはファンになるととてもわかる気がします!お金をつぎ込みグッズを買って握手会に参加しライブにも参加していくとそのアイドルがとても近い距離にいるような気がしてきます。

最近のアニメは異世界ものや学園モノ日常生活ものなどがありましたが今回のこのアニメはライブやイベントという日常生活の中での特別な日について書かれているアニメです!異色と言えば異色のジャンルです今までに見たことの無い題名です。
新しい趣味を持とうとしているあなたにももしかしたらいいことが学べるかもしれませんよ!

そんなアイドルとの正しい距離感などが学べたりファンになるにつれての苦悩やライブの楽しさがこのアニメで感情の共有ができるのではないかなと思います。

 
推しが武道館いってくれたら死ぬはコミックで見た時、ものすごく驚きました。

オタクの世界、しかもアイドルオタクというと男性目線で書かれていることが多いのですが、この押しが武道館にいってくれたら死ぬは主人公が女性で生活のすべてを自分の好きなアイドルの女の子、いわゆる推しにつぎ込んでいる、推しのためなら苦労もいとわないという女性の話です。

アイドルオタクとの男性との中も良く、オタクの上位的存在トップオタとして活動しています。

そして驚くこととして、握手会で主人公のえりぴよは推しの市井舞菜に存在を知られ、話しかけられているという事です。

えりぴよが応援しているグループのchamjamはまだマイナーな存在なのかもしれないですが、そのアイドルに認知されているファンというのもなかなかすごいものです。

登場する女の子はみんな可愛く、えりぴよは特に行動と見た目のギャップがものすごく、そこが魅力的だと思います。

イメージとしては昨年放送されたドラマのだから私は推しましたの世界観に近いものがあります。

サスペンス要素はないですが、推しに対しての愛、それに対して活動していく中での生活の変化というものは共通しているように感じます。

だから私は推しましたを見て面白いと感じた方にはおすすめのアニメです。

まとめ

 

漫画連載時からファンなので、アニメになって動くというだけでもまず楽しみなのですが
漫画の時点でとても躍動感のある作品なので、アニメになった時にどれだけ原作に忠実に、そして原作以上の動きが見られるのかに注目しています。

正直漫画では、人物のかき分けが髪型だけになっている部分が多いのと、登場人物が多くて混乱することもあります。

アニメで声や色がつくことで、登場人物の性格もわかりやすくなると思いますので、それぞれに命をふきこまれた魅力あるキャラクターの活き活きとした姿を見たいと思います。

単なるアイドル物の漫画ではなく、それを応援するファンたちの心理もよく描かれていて、「アイドルオタク」というものを不快感なく、好感度高く表現されている作品になります。

アイドルの子たちとファンの武道館にかける想いとか、生活のすべてをすててアイドルにのめり込んでいく主人公など全く理解も共感もできないのですが、不思議なことになぜか応援したくなってしまいます。

原作を見た時点での私の推しメンは、主人公も大好きな舞奈ちゃんなので、彼女が画面で動いて、ほかのアイドル仲間よりも控えめに、そして下手くそに歌って踊っている姿をぜひ見たいと思っています。

何よりも、タイトル通り武道館に行くまで何期でも続いてくれたら言うことなしです。深夜枠ですが翌日仕事でもリアルタイムで見たいです。
 

原作は平尾アウリさんの「推し武道」で、 徳間書店コミックリュウWEBにて絶賛連載中です。

こちらの作品は、岡山を舞台にオタクが全力で推しを応援していくという物語でになっています。

おしゃれ人間が集うガールズフェスタに出演することになった「Cham Jam」ですが、れおが推しているオタク仲間・くまさに誘われたえりぴよは返事を渋ります。

理由はただ一つ、人気メンバーでもなければ事務所にも推されていない舞菜がランウェイを歩く可能性は低いからです。

しかしながらわずかな希望を胸に、肩身の狭い思いをしながらも会場に来たえりぴよ。

えりぴよが目にしたものはいったい何だったのか…。

オープニングテーマはCham Jamが歌う「Clover wish」、そしてエンディングテーマは えりぴよが歌う「桃色片想い」です。

どちらも可愛らしい歌声に、キュンキュンくること間違いなしです!

地方を舞台に描かれた作品は最近多く、中でも岡山を選んでくれてありがとう!といった思いです。

ぜひアニメ「推しが武道館いってくれたら死ぬ」を見て、推しを探してほしいです。

 
タイトルからして、アイドルファン・アイドルオタクは少なからず共感するんだろうと思う作品です。

アイドルに限らず、バンドであればインディーズの時から応援していて、その人がメジャーデビューし、大きな会場でライブをしたら「死んでもいい」と思うかもしれません。

またいわゆる「売れない役者」がどんどん売れだして、連続ドラマや大ヒット映画の主人公になったら、それこそ「死んでもいい」という感情になるかもしません。

そうした意味で、このタイトルは非常に魅力的で、オタク的要素が強いでしょうが誰もが共感できそうです。

ストーリーですが、舞台が岡山という地方なのがまたいい感じだと思います。

地方アイドルの注目度が上がってきている昨今ですが、馴染みはあまりありません。

この点、首都圏とは違う色を出してくれるのではないかと期待できます。

またファンが、女オタ(女性)というのも楽しみです。

女性アイドルグループのファンと言えば、凡そ6~8割は男性ファンだと思います。

女性仲間がいれば別ですが、女オタはどんなことをし、どんな感情でいるのか知りたいと思うかもしれません。

さらに、アイドル側も色んな葛藤や悩みを抱え、一方で華やかに可愛らしくいなければいけません。

アイドル側の感情も知れそうな、楽しみな番組です。
推す対象が女性アイドルなので推す側はやはり異性である男性の割合が多いのが必然です。
でもこのアニメは女性アイドルを推す女性にスポットを当てているので、女性が見るとより共感がしやすいのも良いところだと思います。

冒頭ではオタクとは縁遠いようなただの綺麗なお姉さんの主人公なのに、たまたま見たアイドルのシャイだけど一生懸命なメンバーに激ハマりをしてガチオタになってる様は残念を通り越してむしろ爽快感すらありました。

見た目の綺麗さからは想像もつかないガチオタ行動や発言が飛び出すのがとても面白いです。

また、眼鏡で小太りの典型的な男性オタクと仲良しなのもガチ感があっていいです。

少しシャイなアイドルとガチオタなお姉さんの今後の展開が楽しみです。

内容以外にも眼鏡小太りガチオタクの声が前野智昭さんなのもポイントです。

普段イケメンな役が多い前野さんの爽やかでないオタクボイスが聞けるのは中々ないのでそこも見どころのひとつではないかと思います。
推し武道館 アニメ 動画6話アニポ、anitube、kissanime、b9、「アニチューブ」「アニチューブX」「ANITUBE」pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

推し武道館 アニメ 動画6話