ドラマ

アライブ ドラマ 動画 7話/6話/2月13日放送まとめ/見逃し配信無料視聴放送日分

アライブ ドラマ/動画)7話 6話/2月13日放送まとめ/見逃し配信無料視聴放送日分

 

2020年2月13日22時からフジテレビで『<木曜劇場>アライブ がん専門医のカルテ』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

アライブドラマ/動画7話6話
 

アライブドラマ動画7話あらすじ

恩田心(松下奈緒)は匠(中村俊介)の死が、梶山薫(木村佳乃)ではなく須藤進(田辺誠一)による医療過誤であったことを関河隆一(三浦翔平)に証拠とともに知らされた。心は薫に酷いことを言ってしまったと謝罪し、須藤を関東医大附属中央病院の調査委員会に申し立てると話す。薫の心中は複雑だ。

心は新たに武井正弘(平田満)という患者を担当。武井は3年前に膀胱がんの治療を受け、経過は良好だったが今回の検査で肺への転移が発見された。がん性腹膜炎の疑いもあるため、入院しての抗がん剤治療を勧める心だが、武井は仕事もあるからと通院治療を望む。心は説明には武井の家族の出席も求めたのだが、話は本人にしか出来なかった。同席していた結城涼(清原翔)は武井が頑なに入院を拒否することに疑問を持つ。

数日後、心は治療に来た武井に、やはり家族にも病状について話したいと話すも、再び言い淀む武井。治療を終えた数時間後、病院の廊下の椅子で眠る武井を見かけた結城が声をかけると、武井は自ら調べた余命が真実なのか結城に詰め寄り……。

アライブ ドラマ7話6話動画/番組内容

 

恩田心(松下奈緒)は夫・匠(中村俊介)が手術中のミス、つまり医療過誤が原因で亡くなったことを梶山薫(木村佳乃)に知らされる。しかも、薫はその時に手術をしていたのは担当医の須藤進(田辺誠一)ではなく自分だったと告白。薫の手技が、匠の死に繋がったことを知った心は、信頼を裏切られたことで、信じがたい混乱と苦しみの中、薫に対して「消えて…」と伝えた。数日後、薫は退職願を消化器外科部長の美川史郎(阿南健治)に提出したが、手術を待つ患者もいるためすぐに辞める事は出来ない。心が担当する高坂民代(高畑淳子)もその1人。しかし、心は薫を避けるように…。 ある日、心が医局にあったペットボトルの水に手をのばそうとすると光野守男(藤井隆)に止められる。“がんが消える効能がある”とうたった水で、元患者が院内で無断配布していたのを回収したという。初回は無料だが次回から高額販売しているらしく、阿久津晃(木下ほうか)、心たちは憤りを隠せない。 心は結城涼(清原翔)と新たな患者、土方絵麻(清水くるみ)と父・徳介(ベンガル)、母・律子(宮田早苗)に治療方針を説明。心が、抗がん剤治療をしてからの手術になると話すと、徳介が口を挟む。徳介は抗がん剤投与に拒否反応を持っていた。律子と絵麻がとりなして、その場は収まるが…。 一方、匠の医療過誤を調べる関河隆一(三浦翔平)は、当時の事実を知る新たな人物と会っていたー。

 

アライブ キャスト

 

松下奈緒、木村佳乃  清原翔、岡崎紗絵、小川紗良 ・ 中村俊介 / 三浦翔平 ・ 田辺誠一 ・ 藤井隆、木下ほうか、高畑淳子 ・ 北大路欣也

 

アライブ/ドラマ/動画7話6話みどころ

 

 
心はまだ若いのに夫、匠が事故で意識不明となり信じられない事に亡くなってしまったのは本当に残念でなりません。最愛の人が突然亡くなるというのは体験者でしか分からない絶望感と悲しみが有ります。
そんな中、心には最愛の息子、漣が居た事と素晴らしい仕事が有った事が救いだったと思います。
心は悲しんでばかりいられない腫瘍内科医という大事な仕事があり、忙しい毎日を送っているのはとても良い事だと思います。仕事に熱中している時はその事しか考えられませんので、束の間でも悲しみを追いやる事が出来るのです。

心の様な仕事をしていると患者が亡くなる事も多々あり、またその残された家族への対応も多いと思います。別の見方からすれば患者家族の気持ちは以前よりももっと分かるようになったのではないかと思います。

勿論それは必要な事でも良い事でもなく悲しい事なのですが、マイナスではないはずです。
薫は自分の家族を医療事故で亡くした経験があるのに、自分も医療事故を起こしてしまったという、またとても辛い苦しい経験をしてしまいました。

ただ薫のミスが本当に原因だったのかは分からないと思います。

匠が亡くなってしまった今は何を言っても言い訳になりますが、須藤も薫の責任ではないと言っていました。

薫がどんな処置をしようと匠は亡くなっていたのではないかと信じたいです。

心と薫は仕事上でもプライベートでも良い関係を築けていて、こんな事故が無ければ本当に良い友達になっていると思います。

心が匠の手術は薫のミスだったと聞いたらまずは「消えて」と言うしかないです、それは悲しいですが理解出来ました。

ただその後ゆっくり考えて薫に対する気持ちは変わるのではないかと思っています。

薫は心を助けようと思って心に近づき、真実を知った時の心の気持ちも考えたと思います。

薫も家族を医療事故で亡くしているので、その経験から薫がそうして欲しかったと思ったからなのではないかと思いました。

今後心と薫の関係がどうなっていくのか、心配しながらも楽しみに見守りたいと思います。

 

アライブでの松下さんの役どころは、腫瘍内科の医師であり小学生の息子の母親であり、妻であり義理の娘でありとたくさんの立ち位置がありました。

なので、それぞれの場面での話口調や表情が複雑で難しかったと思います。

それでも、意識を取り戻さない旦那さんと2人で病室にいる時は切ない悲しい表情をし、息子や義父がくれば母の顔になりとしっかりと演じ分けられていたように思います。

また、医師として患者さんと話す時は優しい口調なのはもちろんですが、寄り添うような視線や姿勢が伝わってくる演技です。

個人的には前回の話で、信頼していた薫先生から匠さんの手術に関わっていたことを聞いた瞬間の演技が凄かったです。信じていた薫先生からの告白に「信じられない気持ち」や今までの薫先生との思い出を思い返す様子、大切な人の死の真相を受け入れられないというのが表情に複雑に現れていました。

ただ泣くだけでなくだんだんと取り乱していく流れがとてもリアルでした。あのシーンは個人的にかなり圧巻で、話の内容ももちろん面白かったですが、そのシーンの最中に思わず主人に「演技力えげつなくない?」と言ってしまうほど引き込まれてしまいました。「消えて」という瞬間に涙が落ちた瞬間もすごかったです。

 

アライブ/ドラマ/動画6話みんなの感想

 

心の夫が死んでしまいそうで何とか復活と言う夢をみた。

見ていて本当に助かったのかと思いきや実際は違うというショックがあった。子供は大丈夫だと言ったじゃないかとなきだすけどなぜ大丈夫と言ったのかは疑問だなあうそはかわいそうだしね。

こういう時のおじいちゃんの見立てはやっぱり男だけあって現実路線なんだなあと思ったりする女性は希望を出だしてしまうがちだしね

薫先生は隠していることを話せるのだろうかと言うことが今後のテーマかなと思う心に寄り添って辛い時は支えになってきた薫と言う存在が心の中でどう変化するのかそれが最大の山場であるだろうね

子供を抱えて医者と言う忙しい日々を生きていくことは大変だろうし夫の親族のおじいちゃんもずっと暮らすのあなあ今度どこまでかかわってくるのかなあと言う疑問もある夫の告別式がおこわられるようで次回はかないしいムードなのかなあと言う気がするお別れも命に向き合うことの最後だね

愛する人がなくなってしまう心悲しいだろうねでもどうやって立ち直っていくのかがみんなが知りたいところでもあるでしょうね旦那さんはちゃんとした登場はしなかったけど思いで回想シーンなどもあるのかな。匠(中村俊介)さんのファンなのでいいシーンに期待してます。

 

アライブ6話動画ドラマネタバレ

 

匠を罵る心の姿を見ていると、働きに出ている旦那が妻に対して「主婦は気楽でいいな」と不満を漏らすというあるあるネタを思い出しました。

こういう感情は、やはり男女逆転でも一緒なんだなと改めて感じました。

確かに、自分がクタクタになって帰って来てもまだやり残した仕事があって寝られないとか、心身共に余裕がない時に、相手が呑気に寝ているとイラッとしてしまう気持ちはよくわかります。

ですが、匠もなかなか小説が書けなくて苦しみながらも、家事や育児をこなしているという苦労を沢山してきていると思います。

それをわかってくれなくて、売り言葉に買い言葉で喧嘩になってギスギスしてしまうところはかなりリアリティがありました。

心はカッとなってつい「いつ書くの?」と言ってしまったんだと思いますが、その言葉を聞いた時の匠の悲しそうな表情がとても印象的でした。

でも、それに気づくのが遅すぎた心は、匠が居なくなって初めて良心の呵責に苛まれたんだと思います。この後悔は、きっとずっと心の中に暗い影を落としそうな気がします。あまりにも早すぎる匠の死に、謝るチャンスを永遠に奪われてしまった心がとても痛々しかったです。

そして、薫が心に懺悔をしないまま、この先もずっと親友のフリをするのかと思うと、ちょっと複雑な気持ちになりました。

 

 

まとめ

 

長身で小顔、透き通るような透明感がある松下奈緒さんですが女優業以外にピアニストとしても活躍し大和撫子風な見た目のまま話し方も物静かで穏やか、決して出しゃばったりするようなことなく日本女性のお手本のような凛としたたたずまいが何より魅力の女優さんです。

そんな凛とした透明感に溢れているのに女優として演技をされている時はどんな役柄でも演じることができる演技力を持っているところも才能あふれる松下奈緒さんの魅力だと思います。

数年前の朝ドラに出演し注目を集め始めた頃と現在を見比べても全く見て目が劣化するようなことなくエイジレスな透き通るようなさん透明感と清潔感を持つ松下奈緒さんですが美しさんは見た目だけではなくピアニストとしても活躍されたりと正に才色兼備な女性という言葉がぴったりでこれだけ才色兼備で美しく才能に溢れている女優さんは松下奈緒さんしかいないと思います。

物静かでおっとりとしているのに演技をしている時は人が変わったように役に入り込んでいるところも見た目とは裏腹な松下奈緒さんの魅力ですがこれからも今のままいつまでもエイジレスで年齢を感じさせない美しさを保ったままでドラマや映画で活躍して欲しいです。
 

 

総括

 

木村佳乃は最初おっとりした性格なのかなと思っていたんですが、底抜けの明るさとは予想外でした。

女芸人と互角に渡り合えるくらいのトーク力は本当に凄いなと感じました。

言い争いに関しても次から次へと言葉が出て来るし、普通の女優ならNG出すのに自ら挑戦するところには好感が持てました。女優が基本的にしないことをする唯一の女優が木村佳乃かなと思っています。

ドラマ後妻業での竹内小夜子役はインパクトある役を演じきっていたなと思いました。男を手玉に取る才能を持っていて資産家の老人をターゲットにして遺産目的の結婚詐欺をするんですが、悪い女を演じきっていたなと思います。

木村多江との言い争うシーンも印象に残っています。

関西弁に関しても大袈裟くらいにやっていたのが木村佳乃らしくて良かったなと思いました。

今回から始まったアライブ がん専門医のカルテでは消化器外科医の梶山薫を演じていますが、大胆な性格で周囲を驚かせることがあるということで木村佳乃らしい役だなと感じています。明るい感じで同僚の松下奈緒が演じる恩田心をフォローするシーンは木村佳乃にピッタリだなと感じます。

 

 

アライブ無料視聴ドラマ動画7話第6話 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】tver(ティーバー・ディーバー)bilibili/で見れない時は下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

アライブ無料視聴ドラマ動画7話6話