バラエティ動画倉庫

モンダイな条文 動画 2月11日/NHK無料視聴/世界の謎ルール/バカリズム/田中みな実

モンダイな条文/動画/2月11日/NHK無料視聴/世界の謎ルール/バカリズム/田中みな実

 

2020年2月11日19時57分からNHK総合で『(問題な条文)モンダイな条文~世界の“謎ルール”~』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

モンダイな条文
 

モンダイな条文 /番組内容

 

世界には、日本人の常識からすれば思わず耳を疑うような条文(法律など)が存在する。そんな“モンダイな条文”を徹底調査!世界の“謎ルール”から人間社会が見えてくる!

番組内容
世界各国へ赴き“モンダイな条文”が成立した背景を調査。意外な事実が明らかに!▼ベラルーシの条文「美人は政府の許可なく出国できない」▼米国(フロリダ州)の条文「ホットドッグ店の店員はセクシーな格好をすると逮捕」▼イギリスの条文「郵便局員は犬と目を合わせてはいけない」▼なぜ、こんな条文が?その条文で起きた変化や悲喜こもごもの人間ドラマとは?多様な価値観や社会のあり方を知る新感覚リーガル・バラエティー。

 

モンダイな条文 出演者

 

司会
バカリズム,

ゲスト
田中みな実,石原良純,澤部佑,


山崎弘也,

語り
服部潤

 

モンダイな条文 動画みどころ

 
面白そうな所は、世界のフシギな条文を特集している所です。
最近では、日本でも学校の校則におかしな条文が、あると話題になりましたが、世界でもおかしな条文が、あるのですね。
注目は、ベラルーシの美人は、政府の許可を得なければ出国できないという条文です。
これは、美人が、出国しようとすると証明書か何か出さないといけないのかフシギな条文です。

美人を自国にとどめておきたいという条文なのかなと予想しますが、美人の定義も人により違うと思うのでどんな美人が、対象なのか知りたいです。

アメリカのホットドック店の定員が、セクシーな格好をしたら逮捕されるというのも面白い条文ですね。

なぜホットドック店限定なのか知りたいです。

アメリカのホットドック店は、この条文が、作られるほどセクシーな衣装を着た店員が、おおいのかなどなぞです。

郵便局員は、イヌと目を合わせてはいけないは、理解できる条文です。

イヌは、目を合わせるとケンカを仕掛けられたと思ってしまいそうなのでこの条文で注意喚起しているのだと思います。

しかし、条文にしなくても郵便局員は、知っている事だと思います。

モンダイな条文を特集すると笑える条文からナゾの条文までいろいろありますね。

「モンダイな条文~世界の謎ルール~」、日本では考えられないような法律が海外にはあるということを紹介する番組なんですが、面白い内容ですよね。

番組紹介に載っていた、美人は国の許可なく出国出来ないとか、郵便局員は犬と目を合わせてはいけないとか、「え?それ今もあるの?」と言いたくなるようなものばかり。
思わず学生時代の理不尽な校則を思い出してしまいました。

今は無いと思いますが、私が学生の頃は「女子の前髪は眉毛にかかってはいけない」(男子は全員丸坊主だったので、女子用校則)、「ポニーテールは頭の真ん中より下で結ぶ」など、おしゃれに関するものが多かったように思います。

いわゆる、「色気づくと非行に走る」という古くさい大人の考えから出来た校則でした。
きっと世界にある謎ルールも、何らかの理由があって出来たのでしょうが、その理由が分かったら「なるほどなぁ」と思えるのでしょうか?(

バカリズムさんがMCということで、そこも楽しみです。
余談ですが、NHKで「バカリズム」さんの名前使えるようになったんですね。

確かNHKでは「バカ」という言葉が使えないので、出演するときは本名で紹介されると聞いたことがあるんですが…。
これも謎ルールですかね。
 

モンダイな条文 動画バカリズムさん視聴の声

 

この方は多才だなぁ。と思います。

絵も上手いですし、頭の回転すごく早いですよね。フジテレビの松ちゃんのイッポンというやつも絵だけで笑わすんですもんね。

ドラマも最初はHulu限定の架空OL日記というのにすごくハマってしまってからバカリズムさんのファンになりました。

シュールですし、バカリズムさんがOLになってあるあるな日常を書く。

あるあるなんてって思ったましたが、その当たり前さが逆に笑えて。

最近ご結婚されましたし。他の芸人さんと連まないというイメージだったんですが、思いっきり人見知りだとか。

でも好きな人が出来てその人と結婚までするってよほど魅力的で波長が合うなんでしょうね。

あまり目立って張り切ったりしないのですが、必ず注目されますよね。すごいとしか言えないです。

司会とかにも向いてそうなんですけどね。

でも脚本家としても才能ありますよね。

zipでもあるある家族のネタでしたが、毎日観てました。ふふっと笑ってしまいます。

もう売れだして大分経ちますが、上にも上がらず下にも下がらずな立場にいらっしゃっるのもすごいです。

架空OL日記が映画化されると聞いてもうそれを知ってから楽しみで仕方ありません。これからも応援していきたいです。

 

モンダイな条文 動画配信田中みな実さん

 
田中みな実さんの魅力的はまず美人で常に見られてることを意識で美への意識もインタビューなどを読む限りでは非常に高いですので女性から見て憧れる存在だと思います。

自分がどうすればファンに受けるかなども客観的に見てている印象もあります。

面白い部分ですと本音を割とさらけ出してるけども、ギリギリのラインでそれをとめてるので絶妙なバランスだなって感じます。

要するに炎上商法レベルまではしないけども、その一歩手前まで踏み込んだ発言をすることで注目を浴びてるのかなって感じがするんです。

そういう上手さも彼女はには感じられます。別の言い方をすれば相手に媚びないけども、失礼すぎることも言わないわけです。

これってなかなか難しい事ですけども彼女の場合はそれをさらっと出来てる印象があります。

ですので嫌われすぎる事は決してないわけです。

やっぱり嫌われすぎてしまうとその後はだんだん尻つぼみな活動になってしまいますけども、田中さんの場合はそのあたりもしっかりと計算に入れて常に喋ってる印象があります。ですので接した方は彼女の人柄の虜に気づくとなってると思うのです。

これは男性だけでなく女性も虜になると思います。あとは、他の人とは違う観点でコメントできる点も彼女の良さです。

 

モンダイな条文 視聴者感想

 

モンダイな条文~世界の“謎ルール”~は、世界のびっくりするような法律や条例を紹介するということなので、楽しみにしています。

日本人の感覚からしたら理解できないようなことだらけだそうなので、どんなおもしろいルールがあって、その理由はなんなのかが知りたいなと思いました。

イギリスでは、郵便局員は犬と目を合わせてはいけないというルールがあるそうでびっくりしました。

どうして郵便局員と限定されているんだろうかと不思議です。

郵便配達人に家を訪ねた時に泥棒と間違えて吠える声がうるさいから予防するためだったりするのかなと思いました。

また、アメリカでは、ホットドッグ店の店員はセクシーな格好をすると逮捕されるというルールがあるようで笑ってしまいました。

これは、売ってるものの形が卑猥なことを想像させなくもないからなのかなと思いました。
犯罪を予防するためにも、あえて連想させるようなセクシーな格好は禁止ということになったような気がします。

さらに、日本の法律や条文は世界ではどう思われているのかなと思いました。

昔では、徳川綱吉の生類憐みの令なんかは、犬を敬ったり、蚊すらも殺してはいけないという過度な動物愛護のルールがあったけど、変だと思われてたんじゃないかなと思いました。

 

まとめ

 

世界には様々な文化や歴史があるわけでそこに合わせて条例が作られたり法律が作られたりということになるわけですが本当に日本から見たらよくわからない条例というのがあったりするわけです。

そうしたものを世界各国へ赴きモンダイな条文を見て、さらには成立した背景を調査してくる、という番組です。

そこから意外な事実が明らかに、ということでこれはまず面白いといえるのは間違いないでしょう。

番組紹介にあるベラルーシの条文である美人は政府の許可なく出国できないというのは私も聞いたことなかったりするのでその背景もそれなりに知っていますが知ってることだけがあるわけではありませんので様々な国のおかしな条文というのを知ることができる機会となると思うと面白い番組になると思います。

リーガルバラエティということになっているので面白おかしく言ってくれるのでしょうがそれなりに深刻な理由で定められたというようなものも中にはあるでしょうからそういう部分も期待できる番組です

これは意外なほど面白そうです。色々な世界の文化を学ぶことができるのはとても有難いことであり、ちょっとした雑学として今後も使える知識となることが期待できそうですね。

 
モンダイな条文/動画無料視聴pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

下記にて

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

モンダイな条文/動画無料視聴