ドラマ

スカーレット 110話 動画 110話/無料/2月11日/(2/11)第19週無料視聴/見逃した配信/再放送

スカーレット(動画) 110話/2月11日/(2/11)見逃した方へ無料再放送配信/第19週/

スカーレット動画110話/ 2月11日ネタバレや感想と見逃し配信視聴方法につきましては

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

スカーレット朝ドラ動画110話2月11日
 

スカーレット/動画110話の展開について

 

スカーレット/動画110話/2月11日youtube/NHK公式あらすじ

 

マツ(富田靖子)が亡くなり一人で暮らす喜美子(戸田恵梨香)の元に八郎(松下洸平)が訪ねてくる。二人の話題は武志(伊藤健太郎)。春、大学卒業した武志が信楽に戻り…

番組内容
マツ(富田靖子)が亡くなり、喜美子(戸田恵梨香)が一人で暮らし始めて3年半。突然、八郎(松下洸平)から電話がかかってくる。その後、照子(大島優子)に連れられ、八郎がやってくる。仏壇を拝む八郎。照子は化粧っ気のない喜美子にアドバイスしつつ、気を遣って出ていく。二人きりになった喜美子と八郎はぎこちなく対面。数年ぶりに武志(伊藤健太郎)のことを話し始める。そして春、大学を卒業した武志が信楽に戻ってくる。


 

スカーレット/110話動画/2月11日 キャスト

 

戸田恵梨香,富田靖子,大島優子,桜庭ななみ,福田麻由子,伊藤健太郎,マギー,財前直見,正門良規,

 

スカーレット110話動画の2月11日ネタバレ

 

再会

 

前回で大学のために京都に行った武志(伊藤健太郎)。

110話では3年半時が進んで、八郎(松下洸平)と喜美子(戸田恵梨香)の再会も描かれることに。

マツ(富田靖子)が他界するというちょっと衝撃的な内容が気になりました。

さらに春がきて信楽に戻ってくる武志まで。

前回から次で、一気に4年の時が進むことになるんですね。

武志はきっと4年の間に様々な勉強をして沢山の事を吸収してきたに違いない。

喜美子に言われたようになんでも楽しんできたんじゃないでしょうか。

武志にとってかけがえのない4年間になったはずですよね。

きっと伊藤健太郎さんは、雰囲気を演技でも少し変えてきてくれると思います。

成長した武志の、頼もしさや自信、変わらない優しさなどを表現してくるのでは。

喜美子が体験する武志との再会も、八郎との再会も、どっちもみごたえがありそうですね。

喜美子と八郎の対面はぎこちないみたいだけど、話題はやはり武志のこと。父親と母親、それぞれ子育てに関して感謝の気持ちを持ってるはず。

2人が離れ離れになったことは、武志に辛い思いをさせることになりました。

今だから言える気持ちとか言葉なんかもきっとあるんだと思います。

もしかしたら、喜美子は離婚届を送ったけど八郎はそれを書いたりはしていなかったりするんじゃないでしょうか。

 

スカーレット動画110話の2月11日感想

 

にぎやかな時間

 

旅立つ前の日に武志(伊藤健太郎)は夜まで遊びに出かけるからと、その前に布団を敷いて出かけていくのが本当に優しいと思いました。

いつもおばあちゃんの布団を敷いてくれる孫、マツ(富田靖子)は幸せ者ですね。

武志がいなくなってからは布団に寝るときに今までは武志が敷いてくれてたということをどうしても思い出してしまいますね。

旅立つ前にも、喜美子(戸田恵梨香)にこれからは自分の代わりにおばあちゃんの布団を敷くことを頼んでいましたね。

おばあちゃんに体大事にしいやと出かけていく武志。

マツはこれまでにも娘達の旅立ちなどをこんな気持ちで見送ってきたのだろうと思うとたまらなく切ない気持ちになりました。

喜美子の言葉も良かったですね。なんでも楽しむんやでというセリフ。

つまらないこともつまらないと楽しむ、しんどいこともさみしいこともしんどいなぁ、さみしいなぁと楽しむ。

その時その時の自分の気持ちを大事にするのは大切なことですよね。

きっとそれぞれの時間も大事にかみしめながら武志は過ごしていくことでしょう。

照子(大島優子)は家庭菜園に性を出すようになっているみたいで、喜美子との会話が相変わらず面白いですね。

留守電を知らずに八郎に女がいたと不機嫌そうな喜美子。

本当なら自分から手を離して、相手に誰かいたって仕方ないと思うものかもしれないけど、やはり喜美子は八郎に関することだと女になってしまうのかもしれませんね。

そして川原家に直子(桜庭ななみ)や百合子(福田麻由子)達が来ていたりするシーンもあって、あったかい気持ちになれる前回でした。

鮫島と呼ばれているのも可笑しいし、結構鮫島は川原家でも愛されてますよね。

ここにさらに信作(林遣都)もいてほしかったです。

東京出張とのことで、忙しくしているみたいですね。

鮫島と信作というのは是非ともみてみたいですね。

 

スカーレット動画110話までの考察

 

最初の感想は息子がいよいよ離れて暮らす最初の日の朝の場面で、遅れそうになった息子が家を出たのに、また戻ってきてばあさんの心配をしていたことでした。

慌てて遅れそうになって外に出たのだから、さっさと行けよ!と突っ込みたくなりました。

次は主人公が元の旦那の家に電話をしたときに女性の声が聞こえたという場面でした。

最初見たときは注意して見ていなかったので、本当の女性ができたのか?と思っていましたが、それが留守番電話だと後で知って、1970年代の黒電話で留守番電話を取り付けてることにある意味驚いたと同時に、自分もその時代は留守番電話などなかったので、主人公が驚いても不思議はないだろうと理解を示しました。

しかし別の場面では家に来ていた姉妹に半径10メートル以内でしか生活していないから世間知らずだという趣旨のことを言われて、主人公がある女性グループの名前を挙げて世間の一部を知ってるぞと言わんばかりにいったのに、逆にそのグループは解散したと言われたときには少々面白かったです。

そして最後は3姉妹と母親が一緒にしゃべってる場面はほのぼのしていいなと少し落ち着いてみていられる場面でした。

特にケーキが食べたいけど、それは高いでと姉妹同志でしゃべっていたところ、家に来ていた姉妹の旦那が暗に買ってこいと言われたような感じがした気がしました。

 

武志君がい良いよ出て行ってしまいますさみしいなあでも去り際にいろいろと話してこんな時だから言えることってあるんだろうなって思います改めておばあちゃんのお布団をずっと敷いていた武志君の優しさがしみます。

これからは貴美子がちゃんとやるのでしょうか陶芸に夢中でわすてたーなんてことにならないといいですね夫の八郎さんもちゃんと養育費はらいつっづけるなんて偉いお礼の電話をしようとする貴美子の女がでたが笑えて面白かった、

大笑いしてしまった相手も名前を名乗ってるしね。

みんなに話したことで誤解と発覚したけど、話してよかった、誤解でよかったですねやっぱりそういうの知りたくないでしょうからね。

陶芸以意外なにも興味がない貴美子とこれから出て行っていろんなものを吸収していく武志どんな世界が待っているのかドキドキですね入学式も来なくていいというのは男の子ならではですかね。

他の友達も分かれ分かれになる最後のあつまりに貴美子は門限9時と言いそれはひどいと高校卒業したから10時終電の2本前と言うやりとりが面白かった大人になるってそういうことですね貴美子の、ぜんぶ楽しみなさい。

もいい話でしたね今までは寂しいなんて感じたことがないであろう武志だけどこれから寂しいこともあるのでしょうね

総括

 

八郎の夫婦ノート

 

ショックだったのはいつの間にか、喜美子と八郎さんが別れていたことです。

何がきっかけで別れてしまうかわからんのだなと、思いました。

息子のたけしくんの気持ちと合わせて、喜美子のたちの昔話として切ない受け取り方をしました。

まだ、八さん好きなんだなぁ、アノとき「陶芸家」としての自分ではなく、八郎のいう「女」としての自分を選べなかったのでしょうか。

八郎の夫婦ノートのメッセージがすごく悲しくて涙が出てしまいました。

たけしくんも、自分の将来を向き合ったとき両親の離婚が、原因で二の足を踏んでいるようでした。

やはり男の子には、男親が必要になる時期がくるのでしょうか。

スカーレットを見ているとよく、喧嘩をする夫婦の方が長く共に人生を歩んでいるように感じてしまいました。

ついつい、自分の夫婦がこの先どうなるのかと心配になってしまいます。

無事添い遂げることができたらいいな、でも、喜美子たちのようになってしまったらどうしようと考えてしまいました。

離婚後の喜美子と同世代で、なんとなく気持ちがわかる自分はただただ、喜美子たちが笑いあえる関係になってほしいと願ってしまいます。

夫婦には、戻れなくてもたけしくんのお父さんとお母さんという立場は残っています。

喜美子の幸せを祈るばかりです。

 

下記にて
(無料視聴できます)
↓ ↓

 

スカーレットドラマ110話 動画2月11日