スポーツ

第31回 TVh杯ジャンプ大会/ライブ配信/中継/ネット配信/ネット中継/高梨沙羅/葛西紀明/2月8日2020年

第31回TVh杯ジャンプ大会/ライブ配信/中継/ネット配信/ネット中継/高梨沙羅/葛西紀明/2月8日2020年

2020年2月8日16時からテレビ東京で『第31回TVh杯ジャンプ大会 国内トップ決定戦!』が放送されます

 

リアルタイムで配信中継見れない方や見逃しや方や放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

2020年第31回TVh杯ジャンプ大会/動画/見逃し配信
 

第31回TVh杯ジャンプ大会 /番組内容

 

小林陵侑・高梨沙羅に追いつけ追い越せという恐れを知らない若者たち、そして国内最年長ジャンパーである男子レジェンド葛西紀明、女子茂野美咲が百戦錬磨の技を繰り出す!

 

第31回TVh杯ジャンプ大会 出演者

 

解説
原田雅彦(雪印メグミルクスキー部監督) 山田いずみ(全日本女子チームコーチ)

 

第31回TVh杯ジャンプ大会 ライブ中継/配信における日本選手

 
国内のスキージャンプ大会で面白いのは、ワールドカップ転戦組が予想通りの大ジャンプを連発するところです。

実績のある選手は後半に登場するのですが、前半の選手たちが中々距離を伸ばせず「今日は風が良くないのかなあ、この分じゃK点に届かないかな」なんて思っていると、原田雅彦さんや葛西紀明選手たちが、これまでとは明らかに飛行曲線が違う高いジャンプをして盛り上げていくのが、毎回スカッとしていました。

特に葛西さんや岡部孝信さんなどは、30代後半になっても若い選手との格の違いを見せつけていて、同世代の私も嬉しかったです。

若手が不甲斐ないという声もチラホラありましたが、世界的に見てこの2人の力が明らかに異常なんですけどね。

今年のTVh大会ではワールドカップ転戦組が出場するのかは分からないのですが、もし葛西さんたちが出れば楽しみが増えて嬉しいです。

去年の結果を見てみると、栃本選手が3位に入っていました。

17歳で日本代表になった印象が強い彼も、もう30歳くらいですか。時が経つのは早いですが、若手に負けず頑張ってほしいです。

国内大会で活躍後、ワールドカップメンバーに選ばれて世界に飛躍する選手が出てくることにも期待しています。

小林陵侑という大エースがいるからこそ、層を厚くして団体戦の金メダルを狙えるくらいになってほしいと思っています。

第31回TVh杯ジャンプ大会 楽しみな点

 
スキージャンプ大会ですが競技自体は良いスポーツで、この番組を楽しんで見ていくコツとしては、このスポーツを好きになっていくことが1番良いのではないでしょうか。日本が世界的に見て強いのかと言うと強かった時期もありますが最近ではそれほどの成果は出していません。

これは時が巡ってくれば自然と時と言うものはめぐるものですから強い選手も出てくるかもしれません。

TVh杯ジャンプ大会を見て、人とスキーの話をして盛り上がってみるのも面白いかもしれません。
雪山をさっそうと滑りジャンプするわけですが見ごたえはとてもあると思いますし、景色とともに、人類の進化が見れるような競技なのではないかと思います。この大会をまだ今まで1度も見てこなかったと言う人はこれを機会にこの大会を今後見ていくと言うこともいいかもしれません。

オリンピックの競技にもなっているわけですが、オリンピックの競技といっても数多くの種類があり年々その競技の数と言うものが増えています。Eスポーツもオリンピック競技として検討されています。なのでオリンピックの競技の中でも自分が熱中できるものというのは自分の中で絞っていきたいとかそんな考えがない限りはいくつも出てくると思いますしその中の1つで見ておくと良いのではないでしょうか。

 

第31回TVh杯ジャンプ大会 視聴者感想

 
TVh杯ジャンプ大会、私が注目しているのは東京美装の岩佐勇研選手です。岩佐勇研選手はジュニア時代から注目されていた選手でまだ20歳。

先週のワールドカップ札幌大会では初日が28位、2日目が29位と2日とも2本目に進み2日連続で30位以内を達成しました。1本目で30位以内を決めて周りの方々と喜んでいる姿が記憶に新しいです。

昨年12月のコンチネンタルカップとワールドカップメンバーには選ばれていて、スイスのエンゲルベルク大会では初日は30位、小林陵侑選手が優勝した2日目は23位と堅実が結果を残していました。

ただ、今回メンバー外となっていることから考えるに、小林陵侑選手のように突き抜けるほどの成績は残していないという評価なのかな、と思います。

まだ若くきっかけがあれば一気に花開く可能性は十分あると思いますので、今回のTvh杯が岩佐勇研選手にとって飛躍へのステップとなるような大会になるよう楽しみにしています。

そして、岩佐勇研選手以外の注目選手といえば、やはりレジェンド・葛西紀明選手をはずせないでしょう。

葛西紀明選手の実績はいまさら語るまでもないと思いますが、オリンピック出場8大会という世界記録を持っている選手なのに、長野オリンピックでの団体優勝メンバーからははずれてしまっていたなど色々な逸話がありますね。

今シーズンはワールドカップメンバーには入ったり入らなかったりの状況で今回は日本残留のようですので、Tvh杯での元気な姿を期待したいところです。
 

まとめ

 

冬季スポーツの花形であるジャンプはオリンピックでもメダルを毎回獲得するほど日本の競技レベルは世界トップクラスです。

過去には舟木、原田、岡部など名選手を生み出し近年でも高梨沙羅など有力選手がどんどん出てきます。高梨選手は随分顔立ちが変わりましたね。

そんなことも話題になるほどジャンプ競技は注目を集めています。大会の注目点としては新たなスター選手が出てくるかどうかでしょう。前回優勝の佐藤慧一選手が連覇できるかも楽しみです。

葛西紀明選手が40歳を超えても一線で活躍しメダルを獲得できたこともあり葛西選手に続く特に男子選手が出てくることを期待しています。

選手の記録や技術のほかにウェアやボードにも注目しています。

ウェアは時代性が反映されかつては蛍光色が何色も重ねられたウェアも流行りました。随分古い話ですが。ファッションと同じでいつもかっこいいデザインなどを探すのが好きです。

ウェアをカッコよく着こなし颯爽とジャンプして着地してくる選手たちを見るといつも気持ちよさそうでやってみたくもなりますがかなり高いところから飛んできますので技術はもちろん度胸も相当なものだろうと感心してしまいます。この時期にしか見れない大会をぜひ見たいと思います。
 

第31回TVh杯ジャンプ大会動画youtube/ 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】tver(ティーバー・ディーバー)で見れません

下記にて

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

第31回TVh杯ジャンプ大会/動画/見逃し配信