スポーツ

四大陸フィギュア/2020/動画/配信/女子ショート/フリー/2月6日/2月8日/無料視聴まとめ

四大陸フィギュア/2020動画配信/女子ショート/フリー/2月6日2月8日/無料視聴まとめ

四大陸フィギュア/2020動画配信/2月6日/2月8日/ですが

2月6日に女子ショート

2月8日に女子フリーが開催されます

下記リンクにて

(無料視聴できます)

↓ ↓

 

四大陸フィギュア/2020動画配信/
 

四大陸フィギュア/2020動画配信/2020年2月6日/2月8日の内容

決戦の地は韓国。四大陸スケートスケートがいよいよ開幕、フジテレビ系列では4夜連続で放送する。昨年12月の全日本を初制覇した紀平梨花は、四大陸スケート連覇を目指して得意のトリプルアクセルに加えて4回転サルコーに挑戦するか?そして全日本2位の樋口新葉、2018年の四大陸女王の坂本花織、3人の10代の日本代表が世界に挑む!注目の四大陸 フィギュア、今夜は女子ショートを生中継でお伝えする。

フジテレビ公式より引用

四大陸フィギュア/2020動画配信/2020年2月6日/2月8日のみどころ

女子フィギュアで応援したいのは、樋口新葉選手です。

樋口選手が競技スタート前に見せる表情は、女性からも告白されてしまうくらいカッコイイものがあります。

競技スタート前の観客からの歓声も大きく、いかに樋口選手が注目され、応援されているのかを実感します。

リズム感も力強さを感じ、絶対に勝つという強い覚悟を感じます。

根本的なメンタルの強さは素晴らしいと感じました。

また大会で見せる衣装も樋口選手にあった落ち着いた色合いのものが多く、ぶりっ子さがないのも好感度が高い秘訣ではないでしょうか。

大人な女性を感じさせる樋口選手の雰囲気に、見ていると自然に引き込まれ魅了されてしまいます。

綺麗な白い肌もスケートをより美しく見せており、樋口選手の魅力を最大限に見せていると思いました。

樋口選手は元々の顔立ちが美人なので、過度な色合いのメイクはしないで競技を披露して欲しいです。

また競技終了後に見せる笑顔は最高に可愛く、一気にファンになってしまいます。

話し方や声も可愛いらしく、競技をしている時とのギャップがたまらないです。

今回はどんな構成で挑んでくるのか期待したいと思いました。

どうか樋口選手が最高に笑顔になる結末を迎えて欲しいです。

 

四大陸フィギュアスケートの女子で応援したい選手は、紀平梨花選手です。

私は正直に申し上げますと、これまでスケートに興味がありませんでした。

そんな私ですら名前を存じ上げている選手のうちの一人が、オータムクラシックやグランプリファイナル、オンドレイネペラ抔で優勝経験のある紀平梨花選手でした。

スケートにわかと言っても過言ではない私ですら名前を知っている紀平選手が、今大会ではどのような活躍を見せてくれるのか、その点が楽しみです。

また、今回の「International Angel Of Peace」を使用楽曲としたプログラムも以前何かの大会の中継を偶然家族で見ていた際に、とても印象に残ったプログラムだったので、その点も楽しみです。

紀平梨花選手以外にも、坂本花織選手も気になります。正直名前を聞いたことがある、というレベルでほとんどどのような選手なのかなどは存じ上げないのですが、URL先のページを拝見して、プログラムの使用楽曲に「映画『マトリックス』より」とあるのを発見して、好きな映画を言っていったらまず挙がるのがマトリックス、というほどマトリックスが好きなので、その点において楽しみにしています。
 

四大陸 フィギュア/2020年2月6日/2月8日ファンの声

 
紀平梨花選手の魅力というのは色々とありますがその卓越した技術は魅力の一つであるといえるでしょう。

アクセルを含む6種類の3回転ジャンプを跳ぶことができるというのは実に凄いことになります。

そして、3回転アクセル、3回転トウループのコンビネーションジャンプを女子選手として世界で初めて公式戦で成功させた人でもあるわけですから、間違いなく素晴らしい選手であることは確かでしょう。

ジャンプ能力の高さには定評があり、今後の活躍も期待されているというのは間違いないことでしょう。

3歳のときに母親と姉とともにアイスリンクに行ったときにスケートと出会って5歳のときにスケート教室に入って、才能を開花させたようであり、まさにフィギュアスケートのエリート教育を受けてきた、という人とになるでしょう。

但し、最初は稽古事の1つとしてスケートがあっただけであり、他にもバレエ、体操、ピアノなども習っていたとのことです。

これらの経験などもフィギュアスケートなどにも活かされているのかもしれません。

フィギュアスケートであれば顔も良い事がある意味必須ではありますが、紀平梨花選手は言うほどではないということもある意味で実力のみで、と言う部分で魅力でしょう。
 

違法動画やツイッターの無断引用について

ご本人に了承もなく、TwitterのIDが広く周知されてしまったり、悪意を持つ第三者に拡散されたりする可能性が高いためマナー違反と言うより、もはや今のご時世法に触れるのではないかなと感じます。

埋め込んでいる側は軽い気持ちで、その行為を行なっていても後々大炎上し、埋め込まれた側の日常生活に支障をきたす事も考えられ転載する時は、素人でも確認をとることが必要です。
現に事故現場に遭遇、たまたま出会うスクープをTwitter上で画像の投稿、動画の投稿を行ったユーザーに対し、マスコミがそれを使用したい場合は、必ず自らの所属を名乗り使用許可について、相互フォローしてダイレクトメールでその後のやりとりをしましょうね、というツイートを良く拝見します。

プロじゃない側としては、そこまでの意識を持てないかもしれませんがインターネットという仮想空間では何がどう起こるかわからず、また見ている人間、拡散する人間が大多数に及ぶため、それらを踏まえて情報を使用することが必要です。

また埋め込んだ側が匿名でやっていても、なんらかの問題が発生した場合、時間と行動力がある人間が特定するために特定することをする可能性がかなりあるため、マナー違反からの観点と自分自身を守るためにも気をつけていかなければなりません。

過去の大会総評

 
今大会は、特定の誰かに注目をするよりも女子選手の今後の方向性を見極める大会となると思います。
GPシーリーズでは、ロシア勢の活躍が素晴らしかったです。

ファイナルでの表彰台独占は、4回転を操る彼女たちの現状では仕方ないと思います。

しかし、次のオリンピックまで彼女たちが今のままとは限りません。

身長が伸びて4回転が飛べなくなるかもしれません。紀平さんや坂本さんをはじめとして、来年以降に彼女らがロシア勢とどのように戦うのかを見せて欲しいと思います。

その一つの答えとして、紀平さんはFSでの4回転挑戦を明言されています。SPでは調子の上がらなかった本田真凛選手も練習では4回転に取り組んでいるそうです。宮原さんは、現段階での4回転挑戦は難しいでしょう。坂本さんや樋口さんも、4回転をしない決断をしても戦えるという演技をどうか見せて欲しいです。

浅田さんが登場してから女子選手のジャンプの難易度はトリプルアクセルで止まっていました。そして紀平さんが登場し、4回転を練習していると話を聞きワクワクしたのを覚えているだけに、ロシアに先を越されて悔しいのです。

どうか皆さんらしい新時代のフィギュアを、ジャンプだけではないスケートを見せて下さい。

四大陸フィギュア/2020動画配信/pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

下記にて

(無料視聴できます)

↓ ↓

下記リンクにて

(無料視聴できます)

↓ ↓

 

四大陸フィギュア/2020動画配信/