バラエティ動画倉庫

ソーイングビー 動画/再放送/第17回/1月30日ナイロンジャケット対決やバックナンバー全話 見逃し配信無料視聴サイト

ソーイングビー 動画/再放送/第17回/1月30日ナイロンジャケット対決やバックナンバー全話 見逃し配信無料視聴サイト

 

2020年1月30日21時からNHK Eテレで『ソーイング・ビー(17)「ナイロンジャケット対決」が放送されます

 

ソーイングビー/2020年/第17回/~初回まで全話

 

(無料視聴できます)
 
(随時最新話更新されます)
 

↓ ↓

 

ソーイングビー NHK/再放送/2020年/第17回/1月30日/無料視聴
 

ソーイングビー NHK/再放送/2020年/第17回/1月30日番組内容

 

英BBCで放送された、裁縫バトル番組「ソーイング・ビー」の日本語版。全土から集められた出場者が、アマチュアいちの裁縫名人の座をかけて次々と課せられる難題に挑む。.

番組内容

イギリス全土から集められたアマチュアの裁縫自慢たちが腕を競い、チャンピオンの座を目指す。今回は「扱いにくい生地」が課題。1つめは「ナイロンで作るジャケット」。防水仕様のため、針を入れる場所が限られ苦戦する。2つめの課題は「レザーを使ったリメイク」。どこにでもある平凡なトップスを変身させる。▽英BBCで放送された「裁縫バトル番組」の日本語版。放送2回ごとに3つの作品を作り、総合評価で退場者が決まる。

 

ソーイング・ビー キャスト

 


四宮豪,小松由佳,庄司まり,寺依沙織,織部ゆかり,桜岡あつこ,渡辺ゆかり,池田海咲,片山公輔,上田ゆう子

 

ソーイングビー NHK/再放送/2020年/第17回/1月30日視聴者評価

 
裁縫が好きなので毎回楽しみにしている番組です。プロ顔負けのすごい腕前を持った人たちが出てきて、毎回テーマに応じた作品を作り上げるのが見ていて楽しいです。

何度も見返したくなるくらい素敵な作品の宝庫ですし、自身も製作意欲を掻き立てられるような影響力のある番組だと思います。

素晴らしい作品を見られること以外にも、出演者同士の絆が見られるところも素敵です。

ライバルとして敵視するのではなく、お互いの良いところを認め合い尊重しているのが視聴していて伝わってきます。

脱落者との別れを惜しむ場面は見ていて切なくなります。

出演者の作る作品はそれぞれ個性的で、性格が作品に反映されているところも面白いなと思います。

ランキングで最下位だった人も素敵な作品を作ることができれば一気に一位にまで上がれるところも魅力的に感じます。

誰にでも一発逆転のチャンスがあるので、展開が読めないところも面白いです。

審査員の好みにも左右されるので、しっかりと傾向を把握することが大切だと分かります。

自分も彼女たちには及ばずとも、この番組からアイディアを貰って作品を作ったりしています。

たくさんのインスピレーションが貰えるので今回の対決も楽しみにしています。
ソーイング・ビー」裁縫バトル番組なかなか面白いバトルが展開される番組これはブリティッシュベイクオフのスピンオフ番組でもあるようですそれの日本版

と言いつつ参加者は外国の方ばかりのようですね音声もイギリス英語が流れています。

参加者の経歴裁縫にかかわることになったるきっかけなどの紹介等も人それぞれのドラマがあって面白そうですねお代は難題のことが多いようですね

お裁縫好きにはたまらないようです。アマチュアの裁縫自慢たちが腕を競うとあるように素人さんの勝ち抜き戦裁縫ってみているだけで楽しいと思うけどきれいな仕上がりだったり、手先の上手さだったり面白ポイントはたくさんありますね審査員はどう評価をするのだろうかと言うところもあるのですが作品の良いところをほめあたたかく見守る姿勢を保っているところもポイント高いと思います

バトルには制限時間がありしかも時間内に完成させるのは至難の技。

そこはまたハラハラさせられるのですね。

実力があっても棄権する人も続出。ナイロンジャケット対決が行われるということですが縫いにくいね

だんだんむずかししくなっていくのだろうかみてるといつの間にか引き込まれてずっと応援したくなるのですね。

 

ソーイングビー NHK/再放送/2020年/第17回/1月30日/無料視聴 みんなの感想

 
イギリス全土から集まったアマチュアの裁縫自慢たちが様々な課題に挑戦しながら腕を競い合い、チャンピオンの座を目指す番組です。

日本でもかつてテレビ東京系列で放送されていた『TVチャンピオン』を彷彿とさせるような番組ですね。あるいはフジテレビ系列で放送されていた『料理の鉄人』とも通じるものを感じます。

そんな『ソーイング・ビー』の今回の課題は「扱いにくい生地」ということで、1つ目は「ナイロンで作るジャケット」が課題として提示されるようです。

防水仕様のナイロンは、針を入れる場所が限られるために、挑戦者たちを苦しめるようです。
また2つ目の課題として提示されるのは、「レザーを使ったリメイク」で、どこにでもある平凡なトップスに変身させるとのこと。

毎回出場者たちの華麗な針の動きに圧倒されるこの番組ですが、今回は苦戦するシーンも多そうですし、出場者ごとの実力の差が如実に表れることにもなりそうですね。

しかしながら、この番組を見ていると、手芸の奥の深さには驚かされます。

今回もどんな驚きが待ち受けているのか楽しみです。

 

まとめ

この英BBCバージョンを私は見ていたのですが、けっこう審査員の人の目が厳しくて、最後までかち残ってきたのに最後の最後でダメで去ってしまったという女性を見ています。

これが日本版で行われるのであれば勝敗があると思うのでやっぱり負けた人は悔しいんじゃないかなと思います。

テレビに出てくるくらいなのでそれなりの才能と力は認められているはずですのでみんなの期待を込められている人が出場すると思うので、やっぱりそれなりのプレッシャーはあると思いますし勝ち負けで決まるようなことではないと思います。

手先の器用さとかは競いあうものではないですし、よいところを引き出してあげるような感じの番組にしてもらえたらいいなと思います。

けれどもこの番組では勝敗が決まってしまうと思うので勝ちそうな人を想像することも大事かなと思っています。なかなか審査員の目は厳しいと思いますが、手を抜かずに気を引き閉めて頑張ってもらいたいなと思います。

それにお題が一般的な人には難しい専門的なことができなければできないようなことだと思うので、テレビに出てくる人は本といにすごい人たちなのだと感じます。

私もそういったなにかひとつ誇れるものがあればいいのになと思いながら見たいと思っています。
アマチュアがチャンピオンの座を目指す。

そのキャッチを見て想像したのは、テレビ東京のテレビチャンピオンでした。

このソーイング・ビーがテレビチャンピオンのような番組であるとしたら、とても日本人にマッチした番組だと思います。

本来バトルにならない分野に明るいひとたちが競技として腕を磨く姿をみる観客の心境は、新しい世界の扉を開くような感覚です。

裁縫は世界中で大昔から商いとしても家仕事としても趣味としても広く行われる行為です。
そのため、それがいかに難しい作業であるのか、あるいはいかに楽しくやりがいのある作業であるかを知っている人間が世界中にいます。私もその一人です。

経験者が多いからこそ、アマチュアでありながらそれを極めた人々の対決を見られるのは心が躍るものです。
また、それがイギリスBBCで放送のテレビ番組であることも魅力の一つであるように思います。数々の歴史に残るドキュメンタリーを作り上げてきたBBCですから、放送される番組の質は保証されているようなものです。

挑戦者はもちろんのこと、誰がどのような基準でチャンピオンを選ぶことになるのか?判定者とのやりとりも気になるところです。

対決番組としてのエンターテインメント性と、制作技術の高い挑戦者たちの技術を学ぶ文化的一面と、その両方を同時に味わえる楽しみな番組です。

ソーイングビー NHK/動画再放送/2020年/第17回/1月30日/無料視聴~youtube/ 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】youtube、tver(ティーバー・ディーバー)ではみれないときは

下記にて

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ソーイングビー NHK/再放送/2020年/第17回/1月30日/無料視聴