アニメ

映像研には手を出すな/アニメ/動画/4話/1月26日放送/配信/無料/再放送/視聴nhkまとめ

映像研には手を出すな/アニメ/4話/動画4話配信/無料/再放送/視聴1月26日nhk放送まとめ

 

2020年1月26日24時からNHK総合で『映像研には手を出すな!(2)「映像研、爆誕す!」』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

映像研アニメ 動画4話/再放送/無料視聴nhk1月19日放送まとめ
 

映像研には手を出すな! /番組内容

 

水崎がアニメ研究部に入ることを親に禁じられているので、浅草・金森とともにアニメを作るには新しい部活を立ち上げるしかない。3人は職員室に向かう。既にアニ研があるため、アニメを作ると言うわけにはいかない。実写系の部活が教師に求められていることを知った金森は、映像部を名乗ってアニメを作ることを発案する。こうして「映像研」が爆誕した!そして3人がかつてアニ研が使っていたという倉庫を開けると、そこは宝の山?

 

映像研には手を出すな! キャスト

 


伊藤沙莉,田村睦心,松岡美里,井上和彦,横島亘

 

映像研アニメ 動画4話/再放送/視聴者ネタバレ

 
映像研には手を出すな!』のアニメがついに始まりました。スピリッツにて連載中の、女子高生三人がアニメーション制作に打ち込む大人気漫画が原作となっています。

私は原作ファンなので、発表されてすぐは期待よりも不安が勝っていました。

原作の絵はとてもいきいきしていて、増築しておかしなことになっている校舎も、飛び立つプロペラの飛行機も、コマの中で自由に動き回る主人公たちも、みんな動いて見えるのです。原作者の方の表現力は本物です。

これをアニメーションにしたらむしろ白けてしまうのではないか、テンポが悪くなって原作の良さがすべて死んでしまうのではないかと悪い方に考えていましたが、公開されたPVを見てその不安は消し飛びました。

主人公である浅草が、金森が、水崎が、画面の枠が狭いと言わんばかりに縦横無尽に動き回っているではありませんか。走った時の髪の流れ、手足の動き、へんてこな街並み、キャラクターの表情。
全て原作からそのまま飛び出してきて、カラーになり、パワーアップして動き回る姿でした。

これは期待せずにはいられません。

放送も始まったばかりなのに、今からBDが発売されるのが待ち遠しいです。

高画質でこの映像を見るのが楽しみでならないファンは私だけではないはずです!

 
アニメーション制作を夢見る高校1年生の浅草みどりは、同級生の金森さやかとともにアニメ研の上映会に行き、そこでカリスマ読者モデルとして知られる水崎ツバメが声をかけてきて、何故か黒ずくめの男たちに追われていた水崎を助けます。

その後、水崎と話していくうちにアニメーター志望であることがわかって、浅草と水崎の即興で合作が始まり、意気投合した3人でアニメを作ろうとするアニメで、浅草と水崎の2人はアニメが大好きで自分で作ろうとしているのが良いと思いますが、金森というキャラはアニメにさほど興味がないキャラですけど、浅草の将来性を見て一緒にやろうとするのはすごい子だなと思っています。

主人公の浅草みどりは、好奇心旺盛で発想力が豊かですが、人付き合いが苦手という性格で、人見知りではないですが自分の独特な世界感を持っているいわゆる天才肌っぽいキャラクターだと思っています。

アニメは設定が命が信条で、日常の風景をヒントに様々なアニメの設定をスケッチブックに書き留めているということをしていて、そういうことを考えてしているのならすごい子だと思います。

自分の考えた最強の世界で大冒険するのが夢というぶっ飛んでいますが面白いキャラだと思います。
 

映像研アニメ 動画4話/再放送/視聴者感想

 
「月間スピリッツ」の人気連載でNHKでの放送ということで期待していましたが、やっぱりダントツで面白いですね。

キラキラなおしゃれJKではなくどっぷりオタクな個性派3人組ですが、青春してる感はたっぷり。

最初はオタクJKの3人が頑張りながらもアニメを作っていく地味なストーリーかと思っていましたが、もはやこれは冒険ものといってもいいでしょう。

彼女たちの冒険とも思える実験は見ていてワクワクしますし、これ映画でも行けるんじゃ?と思います。

独特な作画と世界観はどこかなつかしくて、でも今までになかった新しいアニメでもある不思議な作品ですが、見ていてとても心地よいです。

個人的には浅草みどりが可愛いです。大好きな伊藤沙莉ちゃんが声優を務めることも気になっていました。

ドラマ「女王の教室」で子役だったときから注目していて以降、気になって色々な作品を見ていました。

演技力だけでない魅力があり、個性的な役柄が多いですが、いやな感じがひとつもなく愛すべき可愛さがいつもある女優さんだと思います。

声優も上手で“沙莉ちゃんってもしかしてオタクだった?”と思うほどセリフまわしも自然です。

ハスキーボイスが浅草の女の子を感じさせないキャラクターと合っていてさらなる可愛さを生んでいると思います。

お金の匂いに敏感で論破に長けた金森さやかと設定だけはキラキラJKながら作画命のやはりオタクな水崎ツバメのキャラもすごくいいですね。

これから新たな、くせ者キャラが登場するようでさらに楽しくなりそうです。

他のアニメ作品のようにキャラ絵がキレイというわけではないですがむしろそこが魅力的。
絵の雰囲気だけで判断しないで一度は見てほしいと思う作品です。

 
三人の女子高生がアニメ製作の為に、あの手この手で試行錯誤し、壁を乗り越えていくストーリー自体がとても面白そうです。

アニメを作りたいのに、アニメ研が存在してしまうので「映像研」を立ち上げたり、ぼろぼろの部室を夢想しながら修理したりと、何事にも一生懸命な女子高生の姿に憧れすら抱いてしまいそうです。

そして、第四回目の放送では、生徒会から予算がとることができるのか!どうのような策を練って強敵な生徒会から予算を勝ち取るのか、どう先に進んでいくのか楽しみにしています。

主人公の浅草みどりが一人で踏み出せなかった小心者であったのに、金森さやかと水崎ツバメという仲間ができたことで成長していく過程もまた、楽しみです。

さらに、才能があるにも関わらず、女優になることを期待されているが故に親にアニメ研への入部を反対されている水崎ツバメが今後両親に認めてもらえるのかも楽しみな点です。

そして、浅草みどり役の声優が伊藤沙莉さんということで、あのハスキーボイスがとても合っていると思います。

深夜時間帯の放送であることが勿体ないと感じてしまうぐらい、今の若い子達に見てほしい夢と希望の溢れる青春アニメだと思います。

とても楽しみにしています。
 

まとめ

 

アニメが大好きな高校生の浅草みどりとアニメに全く興味はないがお金に異様な執着のある金森さやか、お金持ちの裕福な家に生まれ読者モデルをやっているにもかかわらずアニメーター志望の水崎ツバメが「映像研」(映像研究会)を立ち上げて自分たちの理想とするアニメを作るために奮闘する物語です。

特に3人のキャラクターが魅力的です。それぞれ個性的で振り切った設定でありみどりはとにかくアニメ好きでアニメ研究会に属さず自分の目指す「最強の世界」を追いかけます。

さやかは逆に全くアニメに興味はなく金儲けのことばかり考えますがみどりのことには興味があり彼女の理想を叶えるべく映像研のリーダーシップを取り生徒会側と見事に駆け引きをします。しっかりしているのにみどりとツバメには振り回されるという可愛らしい一面があります。ツバメは両親が俳優でツバメ自身も役者になることを望まれます。

モデルをするほど美貌もあるのに本人はアニメーターになりたくて特にアニメのキャラクターの動きを作ることにこだわりを持ち一度やりだすと時間を忘れるほどハマってしまうため特にさやかを困らせます。

三者三様に特徴はありますがこの3人が組み合わされば本当にいいアニメが出来そうです。個性の強さがドタバタしたドラマを生み出しそうでとても期待が出来ます。

 
映像研アニメ 4話 動画4話/再放送「アニチューブ」「アニチューブX」「ANITUBE」アニポ、anitube、kissanime、pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)ではみれないです

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

映像研アニメ 動画4話/再放送/無料視聴nhk1月26日放送まとめ