スポーツ

ニューイヤー駅伝 2020/ライブ配信/動画/ネット中継/リアルタイム配信や見逃し配信/第64回/全日本実業団駅伝

第64回/全日本実業団駅伝
ニューイヤー駅伝2020ライブ配信/動画/ネット中継/リアルタイム配信や見逃し配信/
 

2020年1月1日7時30分からTBSテレビで『ヤマザキ新春スポーツスペシャル ニューイヤー駅伝~2020年初の日本一決定戦~』が放送されます

 

リアルタイムで見れない方や外出先で生放送でインターネットで見たい方など

下記にて

(青文字をクリックすると~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ニューイヤー駅伝2020ライブ配信/動画/ネット中継/リアルタイム配信や見逃し配信2020
 

ニューイヤー駅伝2020 /番組内容

 

《大会名》 第64回全日本実業団対抗駅伝競走大会 《コース》 群馬県庁スタート・フィニッシュ 7区間100km・9時15分スタート 《出場チーム》 37チーム

7区間全長100kmに渡る東京五輪イヤー最初の日本一決定戦。4連覇を狙う王者旭化成か、東京五輪マラソン代表内定・服部勇馬を擁するトヨタ自動車か!?青山学院大学の箱根駅伝優勝メンバーを5人揃えるGMOインターネットグループは初出場で初優勝を狙う。

 

ニューイヤー駅伝2020 実況・解説

 

解説 宗茂・増田明美(放送センター)    金哲彦・尾方剛(移動中継車) お天気リポート 森田正光 実況 土井敏之・初田啓介・小笠原亘    新タ悦男・佐藤文康・石井大裕    熊崎風斗・喜入友浩・西村俊仁 リポート 上村彩子・日比麻音子・篠原梨菜・若林有子

 

ニューイヤー駅伝2020ライブ配信/動画/ネット中継/リアルタイム配信や見逃し配信のみどころ

 

2020年のニューイヤー駅伝は、どのチームが優勝を手にするのか全く予想がつかないので非常に楽しみにしています

。注目しているのは、トヨタ自動車とGMOです。

トヨタ自動車といえば、毎年安定した順位をたたき出す前の駅伝王者です。その中でも、注目なのはやはり、2020年の東京オリンピックマラソン日本代表に内定した服部勇馬選手です。

去年も5区区間賞を獲得していますし、9月のMGCでは2位という素晴らしい結果を残しているので、代表としてどんな走りを見せてくれるのか楽しみにしています。

また、他にもMGCに出場した藤本拓選手と宮脇千博選手も要しているので、とても優勝への期待ができるチームだと私は思っています。

そして、もうひとチーム楽しみなのが、GMOです。

今年初出場ながらも、その実力は確かなものだと思います。大学箱根駅伝の青学の優勝メンバーが5人もいます。特に、一色選手と下田選手は大学時代にその素晴らしい走りで、優勝に非常に貢献していたので、今回も素晴らしい走りを見せてもらえたらと思っています。

また、MGCで5位というすごい記録を出している橋本選手もエースとして構えているので、十分に優勝の可能性はあるので波乱を起こしてくれることを期待しています。

 

まとめ

2020年ニューイヤー駅伝の楽しみとしては、4連覇の期待がかかる旭化成がどんなレースを展開するかにあります。特に市田、村山、2組の双子兄弟がどんな活躍をするか期待していますが、市田兄弟に関しては過去に区間賞と区間新記録を達成しているので楽しみです。

また、確実に実力を身に付けて、昨年2位になったMHPSが今も優勝争いを展開するのか楽しみです。更に初出場となるコモディイイダの活躍にも期待します。

注目の区間となるの外国人区となる2区で、外国人を使えるチームはこの区間でどれだけアドバンテージをつけられるかになり、その後のレース展開を左右しかねないと思います。

さらに最長区間となる4区のレース展開にも注意したいと思います。

この区間は最長でまっすぐな区間であり、左横からの赤城下ろしの風をモロに受ける区間です。

各チーム、エース級のランナーを揃えると思われ、選手同士、意地の闘いとなる予感がします。そして勇逸風に向かって走る5区も見る側にとっては楽しみな区間です。

過去にはコニカミノルタの松村や富士通の柏原も走った区間でずが、実力を発揮しきれない難しい区間と言えると思います。

この区間を制したチームが2020年のチャンピオンになると思います。優勝を狙う旭化成に他のチームがどれだけ挑めるかがを注目して見たいと思います。
 
『ニューイヤー駅伝』、いつも箱根駅伝を見ている夫が大好きそうです。なので一緒に見ることができたら楽しいかな。
出場チームでの注目は、私が住む東海地方を応援したいので、東海地方を代表する企業のトヨタ自動車にがんばってほしいです!

出場回数も41回目で多く、63回の大会成績は3位。トヨタ自動車は、田原地方の工場に実業団のチームがあって練習も過酷とか。

実業団の成績もいいと聞くので、東海地方を代表する大企業としてがんばってほしいです。

前回の1位は九州地方の旭化成。

57回目の出場で、今回はノーベル賞のラッキーさもあって1位になるかどうかも注目。

2位のMHPSは名前を知らなかったのですが、去年の1位、2位、3位は今年も絶対に強そう。

出場チームで住んでいる地元のチームを応援したいので、トヨタ紡績や愛知製鋼など名前を知っている企業は応援したい!全国で見ても、コニカミノルタやHonda、JR東日本など名前を知っている企業チームは「このチームは強いの?」なんて気になります。

注目株は「警視庁」。いわゆる警察のエリートからの実業団チーム。

筋肉がすごそうです。ちなみに警視庁は5回目の参加。

初出場のチームもあり、どんな人が出場するのか注目したいです。

総括

わたしは九州の人間なので、遠い群馬の地でそのような方々がいるのなら応援したいと思いました。

また、番組についてみてみると、「2019年福岡国際マラソン」の日本人トップの成績を残された、藤本拓さんという選手に目が止まりました。

こちらの九州人間からすると、福岡国際マラソンは大きな大会ですし、そこで日本人としてトップの成績を残した選手が出るというだけで喜ばしいことです。

また、年齢をみてみると30歳ということでした。

若いといえば若いのかもしれませんが、わたし個人からすると30歳でもこのような大会に出ることが出来ること自体凄いことだと思います。

ぜひ良い成績を残していただき、福岡に帰ってきていただきたいと思います。

それだけで福岡の大学生もさらに頑張ろうと思えると思います。
 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ニューイヤー駅伝2020