ドラマ

スカーレット(動画)77話/12月27日~最新話関西ジャニーズの正紋良規全話フル無料視聴見逃し配信/ストリーミング再生

スカーレット(動画)77話/12月27日~最新話関西ジャニーズの正紋良規全話フル無料視聴見逃し配信/ストリーミング再生
 

NHK朝ドラマ第13週/金曜日スカーレットドラマ(朝ドラ) 動画第77話12月27日  (動画配信)無料視聴まとめについては、下記記事になります

下記で連続テレビ小説 スカーレット連続テレビ小説 スカーレット(77話)「愛いっぱいの器」初回~全話(無料視聴できます)

 

↓ ↓

スカーレット動画77話12月27日
 

スカーレット/77話/動画/12月27日 /Youtube /あらすじ

 

 

直子(桜庭ななみ)は同僚・鮫島(正門良規)と商売始めると宣言。喜美子(戸田恵梨香)を閉口させる。そして八郎(松下洸平)からジョージ富士川(西川貴教)実演会の話が

番組内容
東京から帰ってきた直子(桜庭ななみ)は勤めていた会社を辞め、連れてきた同僚・鮫島(正門良規)と大阪で商売を始めると宣言。喜美子(戸田恵梨香)たち家族を閉口させる。そして八郎(松下洸平)からジョージ富士川(西川貴教)が信楽で実演会を行うことを聞く喜美子。だが当日、武志が熱を出し、喜美子が残って看病することに。一方、信作(林遣都)に呼び出された百合子(福田麻由子)は待ち合わせ場所で肩を抱き寄せられて…

 

スカーレット/77話動画/12月27日 キャスト

 

出演
戸田恵梨香,富田靖子,大島優子,林遣都,松下洸平,桜庭ななみ,福田麻由子,正門良規,西川貴教,

 

スカーレット77話動画12月27日 感想

 

常治の葬儀も終わり、喪主をしてくれた八郎にお礼を言う喜美子。2人はどこかすれ違っている毎日が気になっていました。家事・育児にそして、家計を支えるために一生懸命茶碗を作る喜美子。時間的にも肉体的にも余裕がないのですが、それをサポートしてくれている八郎に対しては、ありがたくもあり、その優しさが負担でもあるのです。

八郎には陶芸に没頭してもらいたい、そしてその反面、自分ももっと自己表現をしたい気持ちが喜美子を追い詰めつつあります。

嫌っていて居心地が悪いのではなくて、好きだからこそ、嫌われたくないから余計に辛い喜美子です。自分が2人いたらいいのにと思うくらいでしょう、きっと。

そこに直子がようやく帰ってきました。

常治の死に目に間に合わなかった事を詫びる様子もない直子に苛立ちを隠せない喜美子です。

それでも直子は夏と秋に常治から電話をもらっていました。

「いちいち帰って来るな」と言う電話です。

いつも父親に反抗してきていた直子はこんな時に限って、いいつけを守っていたのです。そんな複雑な気持ちを打ち明けられて喜美子は直子に謝ります。

「暑苦しくてうっとうしいお父ちゃんしか私の記憶にはおらん!」と言う直子に「元気なお父ちゃん、ええな」と笑顔で答えます。それぞれ感じることは違います。川原家の絆なら、受け止められるのでしょうね。

そして直子と一緒にやってきた鮫島という男性、いったい誰なのでしょうね。やたら調子の良さそうな人物でしたね。

彼は関西ジャニーズの正紋良規さんという方のようです。直子の彼氏でしょうか。これから注目すべき登場人物が「鮫島」です。

 

スカーレット動画77話12月27日 ネタバレ

 
父の常治が亡くなりました。あれほど暴虐?の限りをつくして、私は結構嫌いだったのに、いなくなると寂しいものですね。川原家は家族で励ましのメッセージや絵を描いた大皿を、病気ですっかり食の細くなった常治にプレゼントします。

その皿には大野さん一家が「戦争に行った時に約束したマツタケ」で炊いたマツタケご飯が山盛りにしてありました。

家族全員でマツタケを採りに行ってくれたのです。

皿に大盛のマツタケご飯を見て「皿が見えへん、喜美子」と言う常治。

そして力なく皿の絵を見て、お金じゃない、気持ちが伝わるんやな、と言ってくれます。そして喜美子に「頭に何かついてる」と嘘を言ってまで喜美子の頭を撫でる父でした。ずっとこうして喜美子を褒めたかったのでしょう。

可愛い可愛いと言い続けたかったのでしょう。

照れてできなかった事。

彼の中の喜美子はずっと3歳で可愛くて。「ほな、またな」と言って息を引き取りました。

もう亡くなっている常治に話しかけ続ける喜美子。また琵琶湖を見に行って一緒に笑おう。

寝たらあかん、また「海ちゃうで、湖や!」って言ってとねだる喜美子。愛情表現がへたくそで、生き方も不器用な常治が亡くなってしまう回でした。

直子はとうとう現れなかったです。何か理由があったのか、いつもの父がいなくなることに耐えられそうもない自分を知っていたのでしょうか。

スカーレット77話動画出演者/まとめ

いよいよ常治の具合が悪くなってきて、信作の父の忠信は戦争中に常治に信楽にきたら美味しい松茸ごはんをたくさん食べさせてやると言う約束を果たしていなかったとお酒を飲みながら信作に語ります。信作はそれならと深夜にも関わらず、今から山に松茸を取りに行こうを提案し両親と松茸を取りに出かけることにします。大野一家のやさしさが嬉しいですね。本当に素敵な一家です。

信楽に来て以来、喜美子達が不自由な暮らしにならないように支えてきたことがよくわかります。

そして川原家に泥だらけになりながら採れたての松茸と炊いたご飯を持ってきました。みんなで絵付けした皿に松茸ごはんをのせてみんなで食べました。山盛り過ぎてお皿が見えないという常治のツッコミにはホッしました。

「ええ皿や。」と言う常治の気持ちもすごくよくわかります。

自分のために家族みんなが思いを込めて描いてくれたお皿です。嬉しくないはずはありません。喜美子に看取られて常治は亡くなりました。

あんなにダメな父親でしたが、いざいなくなってしまうと悲しいです。号泣してしまいました。やはり、北村一輝さんの演技と存在感の大きさに改めて気づきました。

他のキャストがあのダメっぷりですごく苦労していたように見え、思わず応援したくなってしまいました。ダメだけど憎めないキャラクターを演じた北村一輝さんは、本当に見事でした。
ジョージお父ちゃんが亡くなりました。あんなに元気な人だったのに、最後は弱弱しく辛そうでげっそりと病人そのもので、北村一輝という役者は本当にすごいなと思いました。

スカーレットでどれだけの回数お父ちゃんのとんでもなくまっすぐで人間的な演技に癒されたことか。やっと涙がひいた翌日、直子の帰省でまた大泣きしました。

二人は不器用に素直なところがとっても似ているんですよね。喜美子とお父ちゃんとのつながりとはまた違う、直子とお父ちゃんの絆に感動して泣けました。百合子ちゃんの「結婚せえへんで」ってセリフはきっとお父ちゃんが病気になってから、何度も言っていたんではないかな。

ここにもまた違う愛情のかけあいを見つけました。

お父ちゃんとマツ母さんは喧嘩しなかったと、仲良くせえというのが遺言のようになっていました。この二人が喧嘩しなかったのは、マツ母さんがお父ちゃんの全部を受けいれて許していたからですよね。喜美子ちゃんと八郎さんの二人は、この夫婦の関係はそういう形じゃないのが、今日の二人の会話でわかりました。

「言ってくれないとわからないんだ」(というニュアンスのことを関西弁で言ってました)このセリフ、今この時代も全女性が欲しがってる言葉ですよね。八郎さんはフェアです。家事も公平、男尊女卑も感じさせない。喜美子ちゃんがどうして欲しいか考えてくれる。良い人すぎて、自分に非があるように感じてしまう。

これ、何年も続けていると溝は大きくなります。

ああ、やっぱり二人の未来が心配です。
鮫島さんの薄着も心配でした。

総括

 

今は様々な邦画、洋画がネット上で無料で見られますが、やはりメジャーな映画が上げられているようです。

その様なものを漠然と見て時間を潰すことが習慣化すると、自分の好みの趣味や、映画やテレビを観る、音楽を鑑賞するなどが減り、その結果として自分の関心のある分野をじっくり見ていく、じっくり探っていくなどが減り、深みのある趣味や体験というものを持てなくなるのではないでしょうか?

ただで見られるから得をしているように感じる人は多いでしょうが、実際には単なる時間潰しばかりしていることになり、とても損をしていそうです。

とくに中学生から大学生くらいの年代だと、自分の好きなものを見つけて、それに夢中になる、熱中する年代なので、そういうものを見つける機会を減らしていそうに感じます。

何かに夢中になると、それの為にバイトをしてお金を貯めて、ライブに行ったり、好きな監督の撮った映画を映画館の大画面で観たりすることに使うことが多いです。

さらにそのバイト先で学校では得られない出会いがあったりもしますので、無料の動画を暇だからと言って何となく見ているのは、とても損をしそうです。

やはり何事も自分から能動的に動いて、自分で見つけたものに関わる事が一番いいと思います。

スカーレットドラマ77話 動画12月27日 12/27 pandora 77話、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、tver(ティーバー・ディーバー)で見れない時は
下記にて

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

スカーレットドラマ77話 動画12月27日