ドラマ

スカーレット 19話 動画 10月21日 全話フル無料視聴再放送(月曜日)

スカーレット/19話/動画/ 10月21日/再放送(月曜日)フル無料視聴/

 

2019年10月21日月曜日8時からNHK総合で『連続テレビ小説 スカーレット「はじめまして信楽(しがらき)」』が放送されます

 

スカーレット 動画 19話/10月20日/無料視聴まとめについては、下記記事になります

(全話無料視聴できます)

 

↓ ↓

 
 

↓ ↓

 

スカーレット 動画 19話
 

スカーレット/ 19話/動画/あらすじ

喜美子(戸田恵梨香)は新聞記者のちや子(水野美紀)の職場から引き抜きのオファーを受ける。破格の条件に喜美子は即決。しかし相談した住人たちの意見が対立した末に….

番組内容

喜美子(戸田恵梨香)は新聞記者のちや子(水野美紀)の職場で女中としての細やかな働きぶりが認められ、引き抜きのオファーを受ける。5倍の給料を払うという破格の条件に喜美子は即決。しかし女中の先輩・大久保(三林京子)に言い出せず、悩む喜美子。住人たちに相談すると、意見が対立し、見かねた雄太郎(木本武宏)の提案で、喜美子は大久保に黙って、ちや子の職場で試し働きすることに。ところが訪れた職場では怒号が響き

 


 

歌う雄太郎さん

歌える喫茶、ちや子(水野美紀)と喜美子(戸田恵梨香)で行くことになるのが良いですね。

たぶん喜美子は喫茶店でこういう経験てしたことないのでは?お金も使えなかった。

照子ならおごるからと無理やり喜美子をこういうお店に引っ張ってもいきそうだけど。

下着ショーで気分も高まっていて、そのあとに2人で。

喜美子には思い出深い日になりましたよね。その場ですごい勢いで記事を書くちや子もみました。

そして雄太郎さん(木本武宏)ですよね。

いたの?!と驚きましたし、目線もそらさずただひたすらに歌い続けてる姿が面白かったです。

喜美子が雄太郎さんと驚いてるのに、まるで見えてないかのように気にもせず歌う姿。戻ってきたちや子さんも雄太郎さんが歌ってて驚くけどそこでも動かず一点をみつめて歌い続ける。録画した映像かなにかかと疑いたくなるマイペースさ。

ちや子さんの、「しかもうまいやん」にもう笑いがとまりませんでした。

それでも引き抜きの話があったことを喜美子に伝えて、雄太郎さんにも引き抜きの話にも驚き動揺してましたね。

今回のスカーレットは、喜美子の給料が川原家に届いたり、下着ショーやちや子の職場の新聞社に行ったり、しかも喜美子へ引き抜きの話まで結構な盛り沢山な内容だったはずなのに、雄太郎さんに最後全てもってかれた感がありましたね。

住人のプライベートを詮索するものではない、とは言われていても雄太郎さんは謎な分、気になってしまうような。

スカーレット 第19話キャスト

 

戸田恵梨香,富田靖子,溝端淳平,水野美紀,羽野晶紀,三林京子,語り
中條誠子

スカーレット/19話 動画視聴者/ネタバレ

試しに働く

突然の引き抜きの話が出ましたが、19話で喜美子(戸田恵梨香)は即決。…するものの、やっぱり大久保さん(三林京子)に言い出しにくいんですね。喜美子、就職がダメになって家族に言い出せなくて悩んだこともあったっけ。

大久保さんは自分を育てるために、一人前にするために仕事を教えてくれてるわけだから言いにくいですよね。

一人前になってると認めてさえもらえてない、中途半端なまま。喜美子は戦う相手から逃げたことになるんですもんね。

悩んだ喜美子は住人達に相談するけど、意見は対立してしまう。

賛成派と反対派に別れてしまうんですね。

これは相談する相手が家族なら、給料5倍の引き抜きの方をススメられるんだろうけど。

一人大阪にきた喜美子だけどこういう悩んだときに相談できる人達がいて良かったですね。

でも対立…。

みかねた雄太郎さん(木本武宏)が、大久保さんには言わずにちや子さん(水野美紀)の職場で試しに働くことを提案されることに。

喜美子はそうしてみるんだけど、新聞社ってとにかく大変で忙しいイメージがあるから、ここでも刺激を沢山もらえるかも。

しかしそれよりも女中として働きながら、新聞社でも試しに働くって相当疲れると思います。ストッキングの内職がなくても疲れのストレスで体を壊さないか心配になりますね。タフな喜美子、すごいです。

スカーレット/19話 動画視聴者/感想

ちや子の職場

ちや子(水野美紀)の職場の新聞社、デイリー大阪。

初めて喜美子が足を踏み入れたそこでは…仕事のことでもめる男性達。

ギスギスしてるのは、疲れもたまってるからもあるのかも。辞めた人のことも叫ばれてましたね。

その人が仕事を残したまま辞めて、他の皆でその仕事もこなしていかなくてはならなくなっての忙しさ。
普段からただでさえ忙しいのに、余計に空気も悪くなりますよね。

そして喜美子(戸田恵梨香)の持っていた信楽焼らしきかけらもみてもらえることに。

さてこの欠片の価値はどんなものなのか。

その平田さんの机には有田焼や九谷焼きも。

妻がいなくなった話も大阪って感じなんだか面白かったです。

自然にあんな漫才みたいなやりとりが日常会話に入ってくる明るさ。

そこで汚れが気になった湯飲みを洗いたくて申し出ると、俺のも俺のもと頼まれる喜美子。

注意するも喜美子が自発的になところをみて、自分のもお願いするちや子さんも面白い。あなたもかい!

喜美子が散らかった紙を広って、ゴミじゃない、というのを繰り返したのも可笑しかったです。

結局掃除もしたそうで、その喜美子の働きぶりをみて引き抜きにつながったんですね。

喜美子は休日をもらっても、やっぱりじっとしていられず人のために働いてあげてしまう女の子なんですよね。

スカーレット第19話/動画10月21日まとめ

 

2度も内定取消になりそうで、信楽に帰されるかもしれなかった喜美子。

しかし、喜美子の能力がだんだんと認められ出し、安心しました。

大久保がいる間は一人前ではないので、給料を満額貰えないということを喜美子は聞きます。

それにより、一層気を引き締めて仕事に取り組んでおり、一人前になるのも早そうです。

大久保からどんどん追加されるストッキング補修の仕事も何か意味があるのでしょう。

仕事に追われストレスの溜まった喜美子が枕に柔道の技をかけてストレス解消するところも面白くて見どころです。

また、ちや子は先輩記者が仕事を残したまま大手新聞社に引き抜かれたことで、大忙しになり疲れ切っていました。その様子を見た喜美子は、ペンたてや珈琲無料券を差し入れました。

さらに、元気になってほしいので給料が多ければ口紅を買ってあげたかったとまで言いだします。

喜美子はなんて優しいのでしょうか。

初任給を丸々実家に仕送りしたあげく、自分の物ではなく他人の物を買ってあげたかったなんて健気です。朝から心が洗われました。

そして、喜美子とちや子は一緒に下着ショーに行くことになり、喜美子は就職祝いに貰ったブラウスとスカートを着ます。

しかし、合う靴を持っていないので着替えようとします。

靴がないと服が着れないということは盲点でした。

これではいつまでもその服を着ることができないではないか!?誰か喜美子に靴を買ってあげてほしいと願ってしまいました。

しかし、その時はちや子が靴を貸してくれたのでお洒落をして出かけることができます。情けは人の為ならず。喜美子の優しさが喜美子に戻ってきた出来事です。

下着ショーの前にちや子と一緒に新聞社に寄ります。

そこで喜美子は我慢できず、ゴミを拾ったり、湯のみを洗ったりします。

その働きが認められ、後に新聞社から今の5倍の給料で引き抜きの話を持ちかけられます。

まだ荒木荘で働き始めたばかりの喜美子がどのような判断を下すのか気になります。今のところ話の展開も早く、楽しみながら見られます。

不遇の目に合うことの多い喜美子が苦労しながらも一生懸命頑張って生きているところは、見ていて応援したくなります。

また、喜美子が頑張っているから周りの人も優しくしてくれることが多く、見ていて元気をもらえます。たまに父や妹の自分勝手さに苛立つことはありますが。

努力は報われると教えてくれます。いずれは陶芸の道に進むことになるであろう喜美子が今後どのように陶芸家になるのか気になります。

信楽の実家に喜美子からの初めてのお給料が届き、全額送る約束をしていた事から楽しみに封筒を開けた常治達が1000円の中身に呆気に取られるシーンは、まだ半人前の見習いで大久保が辞めるまではこのままお給料の額が変わらない経緯を知らずにいましたので、常治が怒って大阪までやって来そうな予感もしました。

当の本人の喜美子も相変わらず大久保の厳しい目に細心の注意をしながらも、細々と出来ていない所やストッキングの直しを沢山させる事に腹を立て、枕を大久保に見立てて柔道の技を決めて憂さ晴らしをしているシーンに笑って見てしまいました。

そんな中で喜美子がお給料から、いつも新聞記者として働き、疲れている様子のちや子を見て口紅を買ってあげようと気遣っていた喜美子の思いを見て、普通なら家族か自分のご褒美としてお金を使いそうなモノなのに、住人のちや子を心配する喜美子の優しい気持ちに触れて大変勉強になったなと今日も心が洗われる様な心境になりました。

そんなちや子ともスッカリ打ち解けた様子の喜美子にとっては、ちや子が姉の様に思えているのかなとも感じますが、家主の荒木さだから誘われた下着ショーにちや子と一緒に行く事になり、陽子達が就職祝いに作ってくれたブラウスとスカートに似合う靴が無い事を知り、ちや子が靴を用意してくれた親切心も、思えば喜美子が他人の為に当たり前の様に親切にしている、情けは人のためならず的な印象も受けて、本当に喜美子の生き方がお手本になるなと感じています。

ちや子の働く新聞社を訪ねて、信楽から持ってきた信楽焼の欠片を鑑定してもらう事になりましたが、これがどんな値打ちが出るのか?

にもトンデモナイ値段が付く展開も予想され、今から鑑定結果に注目しています。

洋装下着ファッションショーの準備をしている所で喜美子も年頃の女の子らしく、綺麗に着飾る女性達に目をキラキラさせて笑顔を見せていましたが、喜美子の中に女性らしい一面があるのだと、これまでかなり男勝りな喜美子を見てきましたので、ある意味新鮮な喜美子の表情が見られてほのぼのした気分になりました。

帰りに、歌える喫茶さえずり、にちや子と立ち寄りましたが、平田に電話したちや子から今の5倍のお給料で喜美子が引き抜きにあったと、ちや子が慌てて来ましたが、喜美子は一体どうするのか?非常に気になってしまいました。

人から必要とされるのは悪い気はしないと思いますので、次回は喜美子がかなり悩むのではないかとも思われて、続きが早く見たいなと思った18話でした。

総括

リヤカーを引いて慌てて帰ってくる常治を見て、また何が起こったのか?とヒヤリとしました!

しかし喜美子からの郵便物が来たのが見えたから走ってきたのですね。

そんなに喜美子からの手紙が嬉しいのかと思ったら、中のお給料とは、、。

そうか、普通なら葉書だったなぁー、と後で分かって常治の行動にちょっとガッカリしてしまいました。

確かにお金は大事ですが、娘の状況よりも?と思ってしまいましたね。

中に入っていたのは、1000円!

低い給料であるものの、もらったお金の全額を家に入れるというのはすごいなぁと思いました。

自分が初任給もらったとき、そんなこと考えもしなかったです。

いくら約束したからと言っても、本当に全額送るところ喜美子らしいです。
自分よりも家族や他人なんですよね。

だからこそ、もしもお給料がたくさんもらえたら、ちや子に口紅を買ってあげたい、という気持ちも芽生えるんでしょうね。

自分も年頃なのに、いつも寝不足で元気そうに見えないちや子が元気そうに見えるようにと、気遣う喜美子は立派な女中になってきたなぁと思いました。

いや、本来喜美子自身が持っている優しさですね。

そんな喜美子だからこそ、誰もが困ったとき、苦しいときに手助けしてくれるんでしょう。
信楽から旅のお供につれてきた、焼き物の欠片。

もしかしたら価値のあるものかも知れないと、ちや子の勤める新聞社で見てもらったものの、よく分からなかったので、もう少し預からせてくれればちゃんと調べてあげるという話になりました。

その話の間も、汚れている湯飲みや散乱しているゴミのことが気になって仕方ない喜美子が、許可をもらって片付け始めるところ、すごいし偉いなぁと思いました。

そんな喜美子の様子をちゃんと見ていてくれる人はいるんですよね!

そう、信楽の母親が言っていた通り「頑張っていれば誰かが見ていてくれる。」の言葉を回収することになったラストシーン!とてもよかったですね。

新聞社に、出来上がった記事を報告しに行ったちや子に聞かされたのは、喜美子の引き抜きの話!
慌てて喜美子のもとに帰ってきたちや子の「引き抜かれたで!」の言葉や勢いに驚きましたが、喜美子にとっていい方向に向かってきてとても嬉しく思いました!

今のお給料の五倍を出してくれるという「引き抜き」を喜美子は受けるのでしょうか?

もしかしたら大久保との勝負がついていないから、と迷うのではないか?とも考えられますね。
一体喜美子はどうするのか?

スカーレット動画/19話無料10月21日pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)で見れない時

下記に

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

スカーレット 動画 19話