ドラマ

左ききのエレン 見逃し配信 ドラマ1話~無料視聴/10月20日

左ききのエレン 見逃し配信 ドラマ1話~無料視聴/フ再放送/10月20日

 

2019年10月20日25時15分からMBS毎日放送で『左ききのエレン【神尾楓珠×池田エライザ★ドラマイズム】』が放送されます

 
左ききのエレン 見逃した配信 1話ドラマ/無料視聴/フル/再放送/10月20日

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

左ききのエレン 見逃し配信 1話ドラマ/無料視聴/フル/再放送/10月20日
 

左ききのエレン 見逃し配信 1話ドラマ/無料視聴/フル/再放送/10月20日番組内容

 

広告代理店で働く駆け出しのデザイナー・朝倉光一(神尾楓珠)は、いつか“何者か”になることを夢見て、がむしゃらに働く毎日を過ごしていた。そんな中、予算3億のキャンペーンをめぐる競合の案件で、上司である神谷雄介(石崎ひゅーい)からロゴのデザインという大役を任される。しかし、光一を待っていたのは、思いもよらない展開だった。そんな中、光一はニューヨークで活動する天才画家で高校の同級生・山岸エレン(池田エライザ)との思い出の地を訪れ、ある事件を思い出す…。

 

左ききのエレン キャスト

 

朝倉光一…神尾楓珠 山岸エレン…池田エライザ 神谷雄介…石崎ひゅーい 加藤さゆり…中村ゆりか 三橋由利奈…今泉佑唯 流川俊…吉村界人 朱音優子…田中真琴 園宮千晶…久保田紗友 ○ 岸あかり…八木アリサ 佐久間威風…板橋駿谷 ○ 柳一…丸山智己 沢村考…村杉蝉之介 冬月慎太郎…阪田マサノブ 海堂…般若 古谷真治…堀部圭亮 ほか

 

左ききのエレン 見逃し配信 1話ドラマ/無料視聴/再放送/10月20日ストーリー性

池田エライザさんは、若いのに様々な顔を持っており、可能性を感じさせる女優さんだと思っています。

元々モデルだったこともあり、スタイルは抜群で、ハーフならではの可愛さも魅力です。

まだまだ若いこともあり、女子高生役からOL役まで幅広く演じられることも池田エライザさんの強味です。

若い女優さんの中でも、特に大人びた印象を持っている池田エライザさんは、独特の感性を持っていると思います。

女性ファンも多く、Instagramのフォロワー数が伸び続けています。

それほど今、池田エライザさんが注目女優さんであることが伺えます。

また、ファッションや髪型がとてもオシャレで、アーティストの要素があるのが特徴的です。

池田エライザさんは、人と壁を作らない方のため、Instagramにも多くの芸能人が登場しています。

どんな人ともすぐに仲良くなれてしまう池田エライザさんは、可能性を無限大に持っていると感じました。

そして最近では、CMにも多く出演するようになりました。

数分の短い出演ですが、様々な共演者と共演していても、しっかり存在感を残せているのが凄いです。

どんな場所でも、すぐに溶け込める若手女優さんは、池田エライザさんがずば抜けていると思います。

今後も注目し続けたい女優さんです。

左ききのエレン 1話見逃し配信ドラマ/無料視聴//再放送/10月20日ネタバレ

左利きのエレンのあらすじや予告映像を見て、凡才と天才というキーワードが印象に残り、相対的な二人の関係性やそれぞれの苦労の描き方が面白そうだなと感じました。

成功している人を見ると自然と天才、才能があると思いがちですが、それぞれが苦労や葛藤を抱えているのかもしれないと考えさせらえるキーワードがたくさんありました。

天才になれなかった全ての人へという部分からは、自分に重ねて見ることができるのではないかと考え、面白そうだと感じました。

自慢できる特技や才能が特にない中で、私は将来どうなるんだろう、必要とされるのだろうかと考える時があるため、そのような気持ちを抱えたままこの作品を見ることによって、何かを得たり視野を広げたりすることを意識してみたいと思っています。

将来に不安を抱きつつも、ぼーっと生きている部分があると自覚しているので、この作品を通して、自分と向き合うことやもがくことから逃げないことを考えたいです。

出演者が自分の年齢と近い方も多いため、さまざまな点から刺激を受けることができるという点も面白そうだと感じています。

また、原作があるとのことだったので、ドラマの前に読み進めて、原作とドラマの違いを楽しみたいと思います。

左ききのエレン 見逃し配信 1話ドラマ/無料視聴//再放送/10月20日視聴者意見

同じタイトルの人気コミックのテレビドラマ化ということで、「天才になれなかった全ての人へ」というキャッチコピーが有名です。

音楽や美術のような芸術関係の仕事は、基礎的な努力も必要ですが、何よりも生まれ持った才能が勝負です。

このドラマは、生まれつき天才の山岸エレンと、努力はしたものの天才にはなれなかった朝倉光一の2人がメインキャストです。

山岸エレンを演じるのは池田エライザさん、朝倉光一を演じるのは神尾楓珠さんで、2人ともギリギリ20世紀の生まれだということですから、ゴールデンタイムの俳優や女優よりずっと若いですが、それだけに、コミックの独特の世界をテレビで再現、いやさらに深めてくれるものと期待できます。

池田エライザさんは「三太郎」のコマーシャルで、三太郎たちの「妻」たちの母親である親指姫を演じていますが、その独特の輝きには驚かされます。

池田エライザさん自身も左利きだそうですが、左利きの天才画家エレンを演じるためにここにいる、という印象さえ受けます。

ただ、URLの画像を見る限り、池田エライザさんはどこか陰を持った顔をしています。

つまり、天才として生まれ、画家として活躍しているけれども、内面から沸き起こる感動も意欲もない、そんな孤独な天才なのです。

一方、どんなに努力しても、天才として生まれなかった者は、絶対に天才にはなれません。その悔しさや苦しみは、たいていの人が経験するものではありますが、それを神尾楓珠さんが演じるのです。

さて、期待するのは、そんな2人がどのようにして出会い、どのようにして互いの苦しみを分け合って成長していくかということです。

もっともそれは、コミックで明らかにされていることですが、トレビドラマになったときどう表現されるのか、楽しみです。

左ききのエレン 見逃し配信 1話ドラマ/無料視聴//再放送/10月20日みんなの感想

 
左ききのエレンは、漫画で見たことがあり、作品の内容は知っていたが、ドラマとして放送されると知った時はとても驚きました。漫画で見た感想は、とても面白く飽きない内容だったので、どのようにドラマとして作品が作られるのかが楽しみでたまらないです。

まず、番組のサイトを見た第一印象は、キャストの方々がかっこよく、主人公のイメージも漫画で見た通りのものだったので、良い印象を受けました。主人公の独特な雰囲気や天才故の苦悩などをどう表現していくのかがとても気になります。

また、登場人物達がそれぞれの苦悩を抱え、それでもがむしゃらに生きていく姿に心ひかれる作品だと思います。

大人になって忘れていた熱い感情を思い起こさせてくれるような内容で、異なる年齢層の方々でも共感する場面があり、心が熱くなる気持ちを感じると思います。

役者さん達のコメントを拝見して、それぞれの思いがある中で、この作品から人生の生き方や考え方を学んだり、自分の人生に当てはまる節を見つけたりと、今までのドラマとは一味違ったイメージを感じました。

今、サイトにあげられている動画では、純粋にかっこいいシーンが多く、30秒の中で出てくる言葉達にも共感を感じるものやかっこよさを感じる言葉があり、心ひかれる映像で早く本編が見たいという気持ちになりました。

漫画がドラマとして放送されたものを見たことがまだなく、そういう面でも漫画の表現とドラマの中での表現がどのように表され、変わっていくのかを考えると楽しみが増えます。

この作品のキャッチコピーでもある「天才になれなかった全ての人へ」という言葉には、あらゆる人の考え方があり、多くの人がその言葉について考えさせられると思います。

その中の一つではあるけれど、何か答えのようなものが見つけられる作品であること期待したいです。

自分が持っているイメージでは、ドラマはただ見ていて楽しめるものだという印象が強かったけれど、この作品には、面白さだけでなく心に残るものが得られる気がしました。

自分の人生観が変わるとまではいかないけれど、これからの人生について深く考えさせられる内容になっていると思い、とても楽しみです。

また、これまでの人生の中で感じたことと、この作品で描かれている高校時代の様子などを重ねたり、比較したりすると作品の捉え方や感じ方が変わってきて面白いのではないかと思いました。

放送まで、あと少しですが早く見たい気持ちでいっぱいです。

左ききのエレン 見逃し配信 1話ドラマ/無料視聴/フル/再放送/10月20日まとめ

ドラマ「左利きのエレン」が始まるということで、取りあえずどんな内容の物語なんだろうと思い、原作の漫画を少し読んでみました。

少し読んだだけなのに、胸の辺りにズッシリと重い石が乗せられたような感覚に陥りました。

どうにも心にわだかまりが残って、上手く消化出来ないような感覚と言ったら良いのでしょうか。

主人公であり凡人の朝倉光一の気持ち、天才であるけどもそれ故に悩むエレンの気持ち、どちらも重い、、。

すごく自分の気持ちに純粋で、適当に誤魔化すことが出来ないために、二人とも真剣に思い悩んでいるような気がしました。

これを漫画でなく、ドラマで表現するとはかなりの挑戦ではないのかな?とも感じました。

原作の全てを読んだわけではないので、あまり多くは語れないですが、光一は自分は凡人であることを薄々感じていながらも、天才に憧れそうありたいと望んでいる。

エレンは自分の父親の影を追いながら、他者よりも父親の方が絵が上手かったのに評価されなかったという闇を持ち合わせている。

さらにエレンは小さい頃に交わした父親との会話に、心を苛まれているようです。

エレンがご飯も食べずに絵を描いているのをみた父親が「絵を描くためだけに手が生えている人間もいるんだ。」という台詞をエレンに投げ掛けます。

泣き崩れる父親は自分の手がエレンと違い「絵を描くために生えている手ではなかった」ことを嘆いていました。

その父親が死んでしまう。

そして父親が亡くなった後、エレンが絵を描く姿をみた母親からは「絵を描かないで。」と言われてしまうんですよね。

母親はエレンに夫を重ねてしまったんでしょうね。

だから見ていられなかった。苦しすぎて。

でも小さいエレンはそれには気づけない。

なんとも悲しいシチュエーションですね。

これらのことがエレンにとってトラウマになっているように思えました。

これを池田エライザさんがエレン役としてどんな風に演じていくのか、とても楽しみですね!

エレンというのはかなり深みのある役です。

天才でありながら、闇をもち、とても激しい心も持っている。

そんなエレンをどう表現されていくのかが見どころだなぁと感じています。

そして朝倉光一役の神尾楓珠さんには、凡人だと感じながらも天才でありたかった!という苦悩を全身で表現してほしいなぁと思います!

作品自体がとても精神的なものを扱っていて、表現の難しさはあるものの、それが成功したときには名作に大化けするような物語だなぁと思います!

是非ドラマ「左利きのエレン」を見て楽しみたいですね!

左ききのエレン 見逃し配信 1話ドラマ/無料視聴/フル/再放送/10月20日 【dailymotion】

 

違法ものをインターネット上にアップロードすることはもちろん犯罪行為になります。

TVで放映されたものをもの投稿サイトにて違法にアップロードする事は、その番組を作った演者やスタッフ達にとっては不快な思いをするだけではなく著作権違法にもなってしまいます。

TVや配信サイトにてそこの媒体に向けての配信です。媒体によっては有料会員しか視聴できない事もあります。

それを違法な手段でものをアップロードする事によって、合法に配信している製作者は頭を抱えるしかありません。

違法ものを視聴する事は現在の法律では何も問題がないみたいですが、製作者側の気持ちとしては違法でものを見るのではなくしっかりとした手順でものを見てほしいと思っていると思います。

漫画やアニメを違法アップロードしている人達も居てます。

漫画は凄い時間を掛けて一冊を完成させます。

漫画を描いている作者、原稿を刷り上げている会社などにはこの違法アップロードによる視聴で1円たりとも収入にはなりません。

様々な媒体で違法アップロードものを見ないようにと呼び掛けている人達が居ます。

ですが、人間の心理と不思議なもので見てはダメだと思っていてもついつい見てしまうことがあるんです。

それが結果的に違法アップロードをしている人達の気持ちを欲情させているのではないかと思います。

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

左ききのエレン 見逃し配信 1話ドラマ/無料視聴/フル/再放送/10月20日
 

左ききのエレン 見逃し配信 1話ドラマ/無料視聴/フル/再放送/10月20日 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】、tver(ティーバー・ディーバー)、Youtube