ドラマ

少年寅次郎/動画/1話/ドラマ/pandora/Dailymotion/無料視聴/見逃し配信/再放送10月19日~

少年寅次郎/動画/1話/ドラマ/pandora/Dailymotion/無料視聴/見逃し配信/再放送10月19日~

 

2019年10月19日21時からNHK総合で『土曜ドラマ「少年寅次郎」』が放送されます

 

少年寅次郎/ドラマ/動画/1話/無料視聴/見逃し配信/再放送10月19日~につきましては
下記で

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

少年寅次郎/動画/1話/ドラマ無料視聴/見逃し配信/再放送10月19日~

 

少年寅次郎/第1話動画/ /ドラマ無料視聴/見逃し配信/再放送10月19日~
/番組内容

 

昭和11年、歴史を揺るがす226事件の前夜、東京葛飾柴又の団子屋、くるまやの前に赤ん坊が置かれた。誰の子か承知の上で、車光子(井上真央)は育てることを決める。帝釈天の御前様(石丸幹二)に寅次郎と名付けられて5年、すっかりわんぱくに。光子の夫、平造(毎熊克哉)は、そんな寅次郎が気に入らない。それでも愛情を注ぐ光子が大好きな寅次郎なのに、母を裏切るような出来事が起きる。そして、さくらが誕生して…

 

少年寅次郎 キャスト

 

車寅次郎・育ての母…車光子、ぐうたらな父…車平造 、祖父…車正吉、兄…車昭一郎、妹…車さくら、おいちゃん(平造の弟)…車竜造、おばちゃん(竜造の妻)…車つね、帝釈天住職…御前様、御前様の娘…冬子、朝日印刷女工…サトコ、中学教師…坪内散歩、散歩先生の娘…夏子 ほか

 

少年寅次郎/動画/1話/ドラマ無料視聴/見逃し配信/再放送10月19日~
ストーリー性

 
男はつらいよのフーテンの寅次郎という超有名なキャラクターの少年時代を描いた内容との事で、昭和11年2月26日雪の日に帝釈天の参道にある団子屋の軒下に置いていかれた赤ん坊の寅次郎が、車家の人達にどう育て上げられたのか?後に腹違いの妹のさくらが誕生した寅次郎が、どんな思いを抱いたのか?

小学生時代に戦争になり、育ての父親が出征していくのを見送る寅次郎の心情や、そして寅次郎が初恋するという展開等を見て、どんな人を好きになったのか?大人になってもフラれっぱなしの寅次郎の最初の恋物語もとても面白そうだなと感じました。

また、少年寅次郎が頭の上がらない存在らしき、育ての母親を井上真央さんが演じられるというのも、寅次郎にどんな風に向き合い、どんな考えの元でどんな風にさくらと分け隔てなく寅次郎を育てていったのか?

そんな寅次郎とのエピソードを井上真央さんがどんな母親像を見せてくれるのか、非常に楽しみだなと思いました。

悪の道に行かず踏みとどまり、いい加減でも、破天荒でも、損得では動かない悪意の無い寅次郎の人を引き付ける魅力が少年時代にあると思われますので、そんな少年に導いた育ての母親と寅次郎とさくらの家族の姿を楽しみに見たいなと思っています。

少年寅次郎/動画/1話/みどころ

タイトルが「少年寅次郎」だからもしかして「男はつらいよ」の寅さんの少年時代を描くのか?と思ったらまさにそのまんまでした。今年は新作「男はつらいよ お帰り 寅さん」の公開を控えていますからねー寅さんが久しぶりに表舞台で脚光を浴びる日が近づいているのかもしれません(何しろコミケでは寅さんを知らない人がいたくらいだから)。

舞台は昭和11年226事件の前夜、東京葛飾柴又の団子屋くるまやの前にひとりの赤ん坊が置かれていた…誰の子か承知の上で車光子はその子を育てることにする…って舞台の柴又は馴染みのところだけど226事件の前夜って知らなかったですね。

寅さんはというと父親が芸者との間に作った子供ということになっていたと思うのですが既に赤ん坊の時に引き取られていたんですねー父親とけんかして家を飛び出してテキ屋になってふらふらしていておいちゃんとおばちゃん、妹のさくらのいる柴又のとらやに戻ってくるところからお話が始まると思うのですが、一体この寅さんの少年時代に何があったのか…その裏側のエピソードとても楽しみです。

その寅さんの育ての母親を井上真央さんが演じるということでこれは美人でしっかり者の奥さん、ピッタリ!そして寅さんの父親はやっぱりダメなほう(山田洋二作品のキャラ、やっぱりこうでなくちゃ)。

演じる毎熊克哉さんは「まんぷく」の方ですがどんなふうにダメさ加減の中に秘めたキャラを演じられるのか楽しみです。そして若いおいちゃん、おばちゃんの美男、美女っぷり!

正直のちの映画のおいちゃん、おばちゃんのイメージとは違うのですがかえっていい感じです。そして一番の見どころは子役たち!少年時代、そしてもう少し年齢が上になった寅次郎を演じる藤原颯音くん、井上優吏さんはどこからこんな子供が出てきたか、というほどイマドキさ加減がない。確かに藤原颯音くんはちょっと太目な感じでイケメンなタイプではないけれどこのデコボコ頭はないでしょう(井上優吏さんはどことなく吉岡秀隆さんに感じが似ているかな)。

これに対しさくら役(特に少女時代の落井実結子ちゃん)のエライかわいいこと。この対比も面白いです。

そのほか祖父役できたろうさん、御前様が石丸幹二さんと面白いキャスティング。原作は山田洋二監督の「悪童 小説 寅次郎の告白」読むのをすっかり失念していましたが読まないでおいてよかったかな。

少年寅次郎/動画/1話/ネタバレ

10月19日土曜日に放送予定となっている「少年寅次郎」ですが、今回の放送では寅次郎の誕生から妹であるさくらの誕生まで描かれています。

まず最初に寅次郎という名前を葛飾柴又帝釈天の住職から名付けられます。

そして育ての母である光子に預けられる事になります。その光子の愛情をたっぷりと受けてすくすくと育つ寅次郎ですが、その一方で育ての母である光子を裏切る行為を何回もしてしまいます。

具体的にどのような行為をして光子を困らせるのかが物語の序盤の山場と思われます。

また光子の夫である平造は寅次郎の事が嫌いです。

平造からの厳しい仕打ちに対して寅次郎はどのように切り返すのかにも、私は非常に興味があります。

個性的なキャラクターは光子や平造だけではありません。

寅次郎という名前を名付けた葛飾柴又帝釈天の住職さんも、寅次郎の人生に大きな影響を与えた一人です。

普段はわんぱくな寅次郎を温かく見守っている人物ですが、人間的にしてはいけない事をした際には、父親以上に怒ります。

葛飾柴又帝釈天の住職さんが寅次郎の人生にどのような影響を与えていくのかにも注目する必要があります。

そして第1話の最後には最愛の妹となるさくらが誕生します。

のちに最愛の妹とはなりますが、最初はおそらく複雑な感情を抱くのではないかと思われます。

寅次郎はさくらを見てどのようなリアクションをするのか注意して見ておく必要があります。そしてさくらに対する感情が、どのような過程を経て最愛の妹になるのか、よく見ておく必要があります。

主人公はベテラン女優の域に入りつつある井上真央が務めています。

井上真央は寅次郎の母である、車光子を演じていますが、経験に裏打ちされた自信に満ちた演技を見る事が出来ます。寅次郎に対する愛情表現も素晴らしく出来ています。

その他にも岸井ゆきのなどの若手女優さんや若手俳優さんが、たくさん出演しています。どの役者さんもいきいきと演技しています。

映画監督は「男はつらいよ」を手がけた山田洋次監督が務めています。

そのため「男はつらいよ」の世界を忠実に再現しています。

音楽や美術スタッフも「男はつらいよ」のスタッフが行なっているので、音楽や美術の面でも同じ世界を忠実に再現しています。

「少年寅次郎」にはこのような他の映画やドラマにはない楽しみがあります。

そのため何があっても私は10月19日土曜日放送予定の「少年寅次郎」を、必ず見たいと考えています。
 

少年寅次郎/動画/1話/感想

誰の子か知っている上で寅次郎を引き取り、育てる光子はすごいなと思いつつも、旦那の平造は遊んでばかりでひどいけど実は小心ものなのかなとこれからどんな物語になるのか楽しみだなと思いました。

よく時代劇などでもあるのですが、自分の家の前に赤ちゃんが置かれていても高確率で育てるという人がいることにすごいなと感動することがあります。

実際昔は自分で育てるという選択肢をする人もいたというので心が寛大だなと思いました。もし自分だったらそんなことは出来るのだろうかと考えてしまいました。

今の時代では考えられないことなので、昔の女性は寛大な人が多かったのかなと感じました。

光子もその一人で自分の子供だけではなく、寅次郎も自分の子供として育てているからきちんと愛情を注ぐというのが女性としては本当に素敵な人だったのだろうと思いました。

そして周りの人、長男や妹も寅次郎を兄弟と思ってくれているということに寅次郎は本当に恵まれた子だったのかなと思いました。

しかしそんな寅次郎が母を裏切るような出来事が起きすというので何を仕出かしてしまったのか気になりました。母のことを思ってやったことなのか、それとも何か他に理由があって何かしてしまったのかすごく気になりました。

裏切ってしまうと言われるくらいひどいことをしてしまったのか子供らしい裏切りなのか寅次郎の気持ちを早く知りたいなと思いました。しかし母の光子は寅次郎がやってしまったことに対してどんな感情なのかその気持ちを知れるのは楽しみだなと思いました。

また光子の旦那平造は寅次郎が気に入らないというのは少し分かるような気もしたのですが、光子に比べてやはり心が狭いと思ってしまうところもありました。

光子が自分の子供として育てると覚悟をしたのだから、平造も覚悟を決めて一緒に育て、愛情をいっぱい注いでほしいなと思いました。

もしかしたら今は気に入らなくてもこれから愛情を注げるようになってほしいなと思いました。
寅次郎と平造の関係もどんな感じなのか楽しみだなと思いました。

またもう1人気になるのが長男です。寅次郎よりも先に生まれており、嫉妬などはなかったのかなと感じてしまいました。親が違っているものの、2人は本当に仲良しなのかなと関係がどんな感じなのか知りたいなと思いました。

寅次郎に対してどんな感情を持っていて、これから2人が大きくなってどう育って変わっていくのかも楽しみだなと思いました。

まとめ

 

子どもの頃、親とともによく見ていた男はつらいよというドラマ。

おぼろげな記憶しかないですが、子どもながらに結構面白く見ていた記憶はあります。

寅さんが良い性格をしていて、また風天の寅さんの二つ名の如く自由気ままに生きている姿が子ども心にも羨ましく映っていました。

自分にとって、男はつらいよという作品はそんな懐かしのドラマです。

そしてこの作品は、そんな寅さんこと車寅次郎の幼少期を描いた作品らしく、それを見た瞬間思わず懐かしくなってしまいました。

風天の寅さんなんて名前は長いこと聴いてなかったので、懐かしの思い出とともにこの作品を見たくなりました。

この作品、元々は「男はつらいよ」の監督が小説で書かれていたものを実写化したもののようで、今回のために書き下ろされたオリジナルのストーリーではないんですね。

ということは後付け設定などもなく完全な男はつらいよシリーズの一つという感じで見れそうで良いですね。

時代は、昭和11年。
226事件が勃発してあた時期で色々と大変な時代ですね。

そんな中で寅次郎は幼少期を過ごしたのかと思うと、後々のあの自由気ままな生き様もなんとなく納得できます。

寅さん出生の秘密、戦争をはさんだ悪ガキ時代。

あらすじには、東京葛飾柴又の団子屋の前に赤ん坊が置かれたとありますが親は一体誰なんでしょうか。
出生の秘密とはそのあたりの事も指しているんだと思いますが、作中でそれが分かったりするんでしょうか。
育ての親である車光子は、誰の子か承知で育てることを決めたとあるのできっと明かされるのだろうと思いますが、そこは見てからのお楽しみにですね。

それに、悪ガキ時代。

子供のころから結構やんちゃな人だったんですね。

戦争の最中なので大変な目にも会うんしょうが、風天の寅さんのあの性格は子供のころ培われ、既にその頃には風天さが出ていたような感じですね。

物語としては、最愛の妹さくらに見送られて葛飾柴又の駅を旅立つところまでを描いているとのことなので、結構長い期間の物語なんですね。

赤ん坊時代から幼少期を経て、少年期、青年期あたりまでを描いている感じでしょうか。

作品は全5回とのことなので、そうなると結構詰め詰めの濃密作品かもしれないですね。
ただ、急ぎ足になりすぎてスカスカの作品になっている可能性も懸念されますが、そのあたりは見てないとわからないですし、今のところ楽しみです。

 

「少年寅次郎」と言われてもピンと来なくても、「寅さん」と聞けば、あの国民的映画といっても過言ではない「男はつらいよ」の車 寅次郎を思い出すのではないでしょうか?

特に一般の60代から90代のかたは、良く知っている映画ですよね。(50代かもかな?)
私もその一人で「寅次郎」だけではピンと来なかったです。

でも「寅さん」という言葉を聞いたら、なるほど!

「少年寅次郎」は車 寅次郎の少年時代のお話なんだ!と気がつきました。

このドラマ「寅次郎」は寅次郎の出生の秘密、悪ガキだった時代、そして最愛の妹であるさくらに見送られて葛飾柴又の駅から旅立つまでの物語になっているようですね。

寅次郎の性格や心根、いわゆる下地を作ったのは最愛の妹・さくらへの無垢の愛情や育ての親の母親を悲しませたくないという気持ちであったことが綴られていくようで、寅次郎の本当の心の中をソッと覗きこむ感じになりそうですね。

しかし、その二人のおかげで悪の道に入らずにすんだことなどを寅次郎は感謝しながら生きている。

だからこそ彼は破天荒であっても、いいかげんであっても、そこには相手をおとしめるような気持ちは全くないし、悪意なんて抱いていない。

それどころか損得勘定なしで、動く。

この人柄こそが寅次郎を人々が愛す由縁なのでしょう。

このドラマは映画スター・ウォーズでいったら、「男はつらいよ」のエピソード0にあたる物語になるようですね。

このドラマを見てから、改めて既に出ている映画を見直すと、また違った味わい深い物語として感じるかも知れませんね。

このドラマは山田洋次監督が書いた小説「悪童 寅次郎の告白」をドラマ化したもので、今まで映画のなかでは描かれてこなかったものがたくさん詰め込まれているようなので、「男はつらいよ」ファンならば見ないなんて選択肢はなさそうですね!

寅次郎の出生の秘密が描かれ、初恋、そして家出という寅次郎という人間が形成されるまでを描かれているので、私のように「男はつらいよ」というタイトルや主人公の「車 寅次郎」、「フーテンの寅」などというワード程度しか知らない人には、話の内容についていきやすいなぁと思います。

是非ここから車 寅次郎ファンになっていきたいところですね!

何たって映画「男はつらいよ」は50もの作品を産み出しているので、なかなか途中の作品から見る気持ちは起きませんでしたが、これから放送されるこのドラマ「少年寅次郎」なら入り込みやすそうです!
是非第一回から見ていきたいなぁと思います。
(無料視聴できます)
少年寅次郎/動画/1話/ドラマ無料視聴/見逃し配信/再放送10月19日~
pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)では見れない方は下記で
 

↓ ↓

 

少年寅次郎/ドラマ/動画1話