スポーツ

ドラフト会議 動画配信/2019ネット中継は公式パラビ!ライブ配信/見逃し配信10月17日佐々木朗希/奥川恭伸/無料視聴

ドラフト会議 2019 ネット中継動画/ライブ配信//見逃し配信佐々木朗希(大船渡)10月17日無料視聴

 

2019年10月17日に『ドラフト会議2019』が開催されます

 

 
ドラフト会議 2019 動画/ライブ配信/ネット中継/見逃し配信10月17日無料視聴につきましては下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ドラフト会議 ネット中継 動画配信
 

ドラフト会議 ネット中継 動画配信みどころ

野球ファンご毎年この時期になると、楽しみにしているのがドラフト会議です。かつては清原、桑田のドラフトなどが大きな話題を呼びました。

現在のドラフトでは選手からの逆指名という制度が無くなった為、ドラフト当日までどの球団がくじ引きを引き当て商談権を獲得するか注目されます。

私の印象では、斎藤佑樹や大谷翔平を引き当てた北海道日本ハムファイターズや田中将大、松井裕樹を引き当てた東北楽天ゴールデンイーグルスといったパリーグ勢が強いくじ運を持っているとおもいます。特に、夏の甲子園で活躍し、日本中を熱狂させた選手がパリーグに行っている印象を強く持っています。

私は石川県に住んでいます。石川県といえば今年、夏の甲子園で1番注目されたと言っても過言でもない、星稜高校の奥川投手がいます。

星稜高校は今年の夏の甲子園でエースの奥川投手がチームを引っ張り怒涛の快進撃を見せ、石川県初の優勝には届かなかったものの見事に準優勝に輝く活躍を見せました。

石川県では、大会前から注目はされていましたが、試合を追うごとにさらに注目度が増していき、日に日に話題の中心が高校野球になっていく状況でした。

私も元々はあまり、野球には詳しくありませんでしたが、奥川投手のピッチングはもちろん、星稜高校の選手全員が気持ちを入れてプレーしている姿を見て、気持ちが熱くなった事を覚えています。

今年のドラフト会議では、甲子園で大活躍をした奥川投手だけではなく、大船渡高校で球速マックス163キロを投げる佐々木投手も注目されています。

果たして、2人には何球団の指名が入るのか、またどの球団が商談権を獲得するのかとても注目されますし、今から楽しみです。

私個人としては、奥川投手には巨人に入って欲しいです。巨人は言わずと知れた名門球団で、星稜高校出身の松井秀喜さんが所属していました。

松井秀喜というレジェンドがいたので、星稜高校出身ということがファンから受け入れられると思いますし、巨人で活躍をすれば、一気に名前が全国的に知れ渡ります。

これは他球団にはないことです。それだけ、巨人というチームはやはり特別なものだと思います。

どのチームに入ろうとプロに入り、各チームの強打者と対戦することを想像すると今からワクワクします。

また、石川県内からは同じ星稜高校で奥川投手とバッテリーを組んでいた山瀬捕手と日本航空石川の重吉選手もプロ志望届を提出しており、指名されるか楽しみにしたいと思います

 

ドラフト会議 2019 動画/ライブ配信/ネット中継/見逃し配信10月17日無料視聴注目点

 

岩手大会決勝で登板させなかった理由としてニュースになった大船渡高・佐々木投手。

ドラフト1位候補として予想される投手の1人です。

U-18ワールドカップカップ代表合宿では高校野球史上最速の163キロを計測し変化球のキレもあることから、現エンゼルスの大谷翔平選手よりも完成度が高いと評価され、各球団の指名が集中しそうです。

続いての注目投手は、星稜高校の奥川投手。

甲子園では智弁和歌山戦で14回まで一人で投げきり165球の完投勝利をあげました。

スタミナもあり、三振も多く平均球速150k越えとプロでも即戦力になりそうな有望株です。

高校生の中では特に注目されているので、佐々木投手を獲得できなかった他の球団票が集中する可能性大と見ています。

U-18で評価があがった創志学園高校の西純矢投手。甲子園でも強豪高相手に好投を見せており、隠れた好投手の一人です。

投球フォームが良く球速も程よくあり、球のキレもあるバランスタイプなのでプロでも通用しそうな逸材と見ています。

全球団からの1位指名は厳しそうですが、目の付け所がいいソフトバンクやDeNA、日本ハムあたりから声をかけられる期待は持てそうです。

他にも1年生の頃からプロ注目されていた横浜高校の及川雅貴投手。

神奈川県大会では早々に敗退したため今年は話題に上がらなかったが横浜ということで、DeNAが育成込みで獲得に踏み込みそうです。

他の高校生投手での注目選手は、津田学園高の前佑囲斗選手。

ピッチングよりもバッティングの方で希望する球団が出てきそうです。

若手に力を入れている阪神あたりが獲得するかもしれませんね。

捕手部門で高校生の中だと、智弁和歌山高の東妻純平選手が筆頭に上がって来る予感がします。

キャッチャーに不安が残る中日や楽天から1位指名がきそうです。

内野手ではU-18でショートを任された桐蔭学園高校の森敬斗選手。

守備も良く木製バットでも打てていたので、育成込みで手をあげる球団が現れそうです。

予感としては楽天か、ロッテあたりのような気がします。

今回大学生の注目選手はあまり聞かないため誰が1位指名されるかは不明ですが、
高卒ルーキーたちがプロ指導のもとどのように変化するのかにも注目していきたいと思っています。

日本ハムは若手投手の育て方が良いので第二の大谷として大船渡高の佐々木を獲得に力を入れそうです。

新監督の就任を目に入れつつ各球団の意向にも注目していきたいと思います。
 

ドラフト会議 2019 動画/ライブ配信/ネット中継/見逃し配信10月17日注目点、候補

 
昨年のドラフトの目玉は、高校野球ファンを一気に増やした秋田県、金足農業の吉田輝星選手でした。

ドラフト1位指名で北海道日本ハムファイターズに入団されました。また夏の甲子園常連の大阪桐蔭高校の根尾昂(ねおあきら)選手。頭も良く、右投げ左打ち。

遊撃手、投手の二刀流です。1位指名は4球団。中日ドラゴンズに入団されました。遊撃手として活躍されています。

ドアラとの共演を楽しみにしています。

高校野球ファン歴5年弱まだまだ新参者の私が語るのもなんですが…今年の目玉は東北大会を1人で投げ抜いて決勝戦にて高校野球に出るよりこれからの野球人生にかけたい!甲子園に出場せずとも世間が黙っていなかっあ外野では、野球のご意見番とダルビッシュ投手の場外乱闘もありました。

(怪我や肩を壊す壊さないの論議です。岩手、大船渡高校の佐々木朗希選手が1番注目選手です。

また、初優勝となるか?期待があったのですが、惜しくも優勝ならず、涙を飲んだ石川、星稜高校の奥川恭伸選手も見逃せません。

私は大学、及び社会人野球には疎い為こちらのコメントは控えさせていただきます。

岩手県、大船渡高校、佐々木朗希投手を1位指名にあげている球団は、(敬称略)DNA、広島、ヤクルト、西武、ソフトバンク、楽天、ロッテ、日本ハム、オリックスの10球団です。

星稜高校、奥川恭伸投手を1位指名にあげている球団は、巨人、阪神、広島、中日、ヤクルト、楽天、ロッテの7球団です。(2019年、10月15日現在)佐々木朗希選手は球団指名は1番です。高校生ながら、最速162キロ。怪我や故障にやや不安な点がありますが伸びしろがある投手で期待大な選手です。

高校野球で爽やかな笑顔を振りまいた奥川恭伸(おくがわやすのぶ)投手。

最速は154キロ。伝令に出てきたお茶目な面もあります。体つきや体幹もしっかりとしたピッチャーらしいピッチャーです。

即戦力として期待できるでしょう。高校生のドラフトは自ら球団を選べません。(昔はかなりゴネた方もいましたが…。)またどの球団から指名が来てもいいどの回答です。マー君(田中将大)をはじめメジャーを初めから視野に入れた考えの人が多いのかもしれません。私は埼玉県民です。

花咲徳栄(はなさきとくはる)韮沢選手もドラフト指名を待っています。
出来ればライオンズでと願っています。

昨年、吉田輝星君が大学進学をとるか?プロ野球をとるか?ご両親との葛藤しているVTRを拝見しました。

大学進学をとった為、選手としてのピークが過ぎ、なかなか日の目をみない選手もいます。

ドラフト会議は選手の今後を左右される大事なイベントです。

監督や球団のサポート体制また、相性もあるでしょうが、選手自身も切磋琢磨し、頑張って欲しいです。

自己管理も必要となりプロになります。全国の高校球児や野球少年の憧れの存在になって欲しいと思います。

2019令和初ドラフト会議楽しみにしたいと思います。

 

ドラフト会議 2019 動画/ライブ配信/ネット中継/見逃し配信10月17日無料視聴まとめ

 
やはり奥川恭伸(星稜)投手と、佐々木朗希(大船渡)投手に絞られると思います。

昨年は小園内野手(広)、吉田投手(日)、根尾内野手(中)、上茶谷投手(D)、藤原外野手(ロ)など、注目選手が多く居りドラフト指名も混戦でしたが、今年は奥川投手と、佐々木投手に絞られるのでは無いかと考えております。

奥川投手は甲子園に出場し予選から決勝まで星稜高校のエースとして活躍しました。

責任感、実力、名実共に折り紙付きで、ドラフト1巡目指名に選ばれない理由が無いと思っています。

大きな怪我も無く体が丈夫というのは、プロ選手にとって大きなプラスであり、多くの指名が掛かると思っています。

又、佐々木投手は大船渡高校のエースでしたが、予選では出場機会に恵まれず、惜しくも甲子園に出場する事は叶いませんでした。

しかし現役高校生の中で、甲子園開幕前から注目されており、最速163キロを叩き出した事のある「令和の怪物」です。U-18の日本代表にも選ばれて居りました。

最近、プロ志望届も提出し注目されました。佐々木投手もドラフト会議の注目選手になると思います

。既に、佐々木投手を1巡目指名すると公言している球団もありますし、佐々木投手は最多9球団から1巡目指名を受けるのでは無いかと噂されています。

実際、佐々木投手はピッチャーなのでピッチャーが充実している球団は指名しないのでは無いかと考えていますが、佐々木投手は高卒ルーキーになりますので、若いです。先を見据えた意味でも、現在ピッチャーが充実している球団も興味は示しているのでは無いかと思っています。

奥川投手と佐々木投手に共通しているのは、ストレート140キロ後半を平均的に出す事が出来ます。

そしてストレートの質も悪くないのです。その他の球種も何種類かありますが、中々の急速です。まだコントロールに難はありますが、それはこれからプロに入り磨けば良い話なのです。又、ニ投手とも体が大きくプロ投手向きだと思います。各球団のマネージャーや監督、幹部もどちらを選択するのか悩ましい所だと思います。

私のような1視聴者からすれば、お二人は「どの球団になっても全力を尽くす」と、言って居りますがやはり地元ないし、地元に近い球団に入って貰うのが宜しいかと思っています。地元の力でプロ野球を盛り上げて欲しいです。又、ドラフト会議の見どころと言えば、各球団代表のクジ運です。

指名が偏った場合、クジ引きをし交渉権を得るのですが、毎年どの球団なのか盛り上がります。

代表や監督の普段見れない表情を見れるのも楽しみの一つです。

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ドラフト会議 2019 動画/ライブ配信/ネット中継/見逃し配信10月17日無料視聴