戦隊

仮面ライダーゼロワン 7話 動画 7話無料pandora/Dailymotion/10月13日見逃し配信

仮面ライダーゼロワン 7話 動画 7話無料pandora/Dailymotion/10月13日見逃し配信

 

2019年10月13日9時からテレビ朝日で『仮面ライダーゼロワン第7話』が放送されます

 

当記事では、仮面ライダーゼロワンの第7話の無料動画視聴についてとみんなの感想についてまとめた書きます。

仮面ライダーゼロワン 7話 動画 7話無料pandora/Dailymotion/10月13日見逃し配信情報は下記になります
 

 

↓ ↓

 

仮面ライダーゼロワン』動画7話
 

仮面ライダーゼロワン 第7話 動画 無料配信公式youtube番組内容

 

「アナタの声が聞きたい」 或人とイズは、エイムズの諫の捜査の立会いでアニメ「パフューマン剣」の録音スタジオへ。声優ヒューマギア・香菜澤セイネの所属事務所社長・多澤にある容疑がかかっているというのだが…。一方、滅亡迅雷.netのアジトでは、滅が指令を出す。「迅、ゼロワンのプログライズキーを狙え!」

 

仮面ライダーゼロワン7話キャスト

 

仮面ライダーゼロワン/飛電或人(ひでん・あると):高橋文哉 仮面ライダーバルカン/不破諫(ふわ・いさむ):岡田龍太郎 イズ(いず):鶴嶋乃愛 刃唯阿(やいば・ゆあ):井桁弘恵 迅(じん):中川大輔 滅(ほろび):砂川脩弥 福添准(ふくぞえ・じゅん)副社長:児嶋一哉飛電是之助(ひでん・これのすけ):西岡徳馬 飛電其雄(ひでん・それお):山本耕史 ザットの声:日高のり子 ナレーション:山寺宏一

◇ゲスト
多澤清次:おかやまはじめ 香菜澤セイネ:美山加恋 パフューマン役声優:伊瀬茉莉也

 

 

仮面ライダーゼロワン動画第7話10月13日 感想やネタバレ

 

声優のヒューマギアが7話登場したでは、人間とヒューマギアが家族になれるのかというテーマも。そこに滅から息子だと言われた迅の感情もみえたりしましたね。

迅は自分の判断で滅の命令にそむきそうにもなりました。

それを或人もみて困惑していたんですよね。

しかし滅はそんな迅を滅亡迅雷.netに接続!

迅が人工知能だということも発覚しました。

滅は迅を作ったともいってましたが、ヒューマギアを作る技術を持っているんでしょうか。滅は本当に何者なのでしょう。

声優のヒューマギアの次の職業は教師。ヒューマギアが教師の仕事まで任されているというのは驚きました。

教師不足は深刻ですよね。

モンスターペアレンツに悩まされるとか、仕事量の多さや、拘束時間の長さなどでも問題になっている教師の仕事。

体力も問題ないヒューマギアが補ってくれるのは心強いですね。生徒に教える側で、人工知能には対応の難しい部分も多そうな気もしてしまう職種に思えますが、どんな仕事ぶりなのかも気になりますね。

なんとヒューマギアだけど熱血過ぎる教師というので面白そうですよね。

生徒からは評判の良いそうで、生徒とヒューマギアの交流をみてみたいです。

ヒューマギアと法律

声優のヒューマギア、セイネすごいですね。低い男の声から女の子の声、猫など動物の声までできてしまうとは。一人いてくれるだけでアニメ一本出来てしまうかもしれませんね。

感情を込めた演技となると人工知能には難しいのかと思っていたけど、そこも難なくクリアしていました。もちろんそれは社長のラーニングの賜物なのでしょう。

しかし人工知能特別法違反の6条というものが。

本人に無許可で酷似した容姿の人形ロボットはダメというもの。

いつか遠い未来で本当に人間と見た目の変わらないAIのロボットができたりして、そういう法律も本当に出てくるかもしれないと思いました。

まあ何億といる人間、そっくりな人はいるものですから作り続けていたら偶然似た顔は出来てしまうかもしれませんが。

死んだ娘をヒューマギアで再現した多澤社長に、娘の声の人工知能をイズが送っていたんですね。イズ、優秀です。あるとじゃないとも安定の可愛さでした。

でも或人のギャグは、不破に聞かせたくなってしまいますね。

中学校で働く教師のヒューマギアのリセットを頼まれる或人。

なんだかんだで毎回社長として仕事をしていますよね。

部活に力を入れすぎて、受験のことを心配する親からクレームがあったというのは、現実でも聞くことがあります。しかしその指導者が人工知能というのが興味深いですね。

むしろロボットだと、途中までとかいいところでも決められた時間になったらピタッと終わりにしてしまいそうなものです。

しかし或人は生徒とも良い感じのヒューマギアをリセットすることにためらいが生まれてしまうんですね。でもきっとまた滅亡迅雷.netが自我の芽生えた熱血教師のヒューマギアを接続させて暴走させてしまうに決まってますよね。

それまで築き上げてきた先生と生徒の信頼関係などを思うと切ないです。

教育委員会からもクレームが入ったとA.I.M.Sも来ているそうで、また或人と不破のやりとりがみられるのが楽しみでもあります。

唯阿の上司が気になっています。

アイテムもどうやって作っているのでしょう。

仮面ライダーになれるのは、飛電インテリジェンスだけでなく、滅亡迅雷.netも。さらにA.I.M.Sにもその技術があるんですよね。

これはどういうことなのでしょう。

まだ顔も出てこないA.I.M.Sの上役、実は黒幕だったりするかもしれません?!

そして7話で滅がゼロワンを狙うように言うみたいです。プログライズキーも奪うのを許可したし、何かありそうですね。

冷え冷えのゼロワンになるそうなので、氷を使うプログライズキーをイズに頼むのかもしれませんね。熱血のマギアだけに、熱い火を使った攻撃をしかけてくるということかも

 

仮面ライダーゼロワン/動画7話総評

 
仮面ライダーゼロワンでは主人公ととある漫画家との話が展開されます。

実は主人公である飛電或人は石黒という漫画家の漫画が大好きで、小さな時から石黒の漫画を読んでいました。

そして今回の捜査対象にその石黒が含まれており、捜査をしていく中で石黒が漫画の創作意欲を無くしていました。

必死に創作するように声かけをしていくのだが、なかなか出来ないというストーリーでした。最終的には創作意欲が復活する石黒でしたが、それは飛電或人が仮面ライダーゼロワンに変身して必死に戦う姿を見て、思い直すという内容でした。

確かに人は一度やる気を失ってしまうとなかなか再度動き出すのは難しい場合があります。

しかしこの主人公である飛電或人のように諦めずにいたら、人のこころは動かす事が出来るもんだと感じ、私は非常に感動しました。

ただ最後のオチで石黒が書いた次回作の主人公が、仮面ライダーゼロワンではなく、他の仮面ライダーだったのには、驚いたのと同時に非常に笑いました

感動あり・笑いありの非常に面白い回だったと思います。

今回の仮面ライダーゼロワンは何回でも、正規の動画サイトやレンタルビデオでDVDをレンタルして見たいと考えています。

人類滅亡を目論む滅。

毎回ヒューマギアをターゲットにして、迅を使って暴走させる。滅が自我が芽生えたヒューマギアを狙うのはわけがありそうですね。

人工知能に自我が芽生えると、滅亡迅雷.netに接続できるようになるのかな。そこに何が出来るんだろうか。自我が芽生えたヒューマギアが自分の意思とは別に暴走させられちゃうのはみてて悲しい。自分のやるべき仕事にほこりを持って頑張るヒューマギアが。

ジーペンは持ち主に大事にされなくて、道具として雑に扱われてそれでももくもくと仕事をしていて可哀想でした。これまで暴走してきたヒューマギアは人間と心を通じ合わせることができてた感じだったけど、ジーペンは不憫でした。これからは先生からアシスタントとして大切にされると信じますよ。

自我が芽生えるってことは、心ができあがっていってるようにも思えるけど、そこんとこどうなんだろう。人工知能と心についてはニギローやイズの反応をみると考えさせられる。

この芽生えるタイミングとかもバラバラみたい。 とにかくイズが心配。或人のもとにいたら刺激になることも人間というものを学ぶ面も多いですよね。自我が芽生えるのも時間の問題のような…。

そうなったら滅に狙われたりもしちゃいそうだし。

でも飛電の社長秘書ってことで、暴走させるタイミングとかもなんか考えているかもしれないですよね。

仮面ライダーゼロワン動画7話感想

 

漫画家の元へヒューマギアを派遣するところから始まります。

人気漫画家がヒューマギアに絵を描かせて、ストーリーもヒューマギア頼みという、もし本当にヒューマギアがあったら本当に起こりそうなことと思いました。

漫画家はヒューマギアをアシスタントとして働かせ、壊れたら交換したらよいと言い捨てますが、現実世界のアシスタントの扱いも似たようなものではないかなぁと皮肉たっぷりな演出が面白かったです。

飛電或人はその漫画家にヒューマギアを大切にすること、漫画への情熱を失わないことと説教します。

情熱など失ってしまったとつい心の内を喋ってしまったのは或人が漫画家のファンでもあったからでしょう。

アシスタントのヒューマギアが絶望迅雷ネットによりビカリアマギアに変えられ漫画家の豪邸を強襲しますが、ビカリアマギアがほとんど屋敷を壊さずにやってきてくれたのに対し、或人がゼロワンに変身して豪邸を破壊するのは、もはや損害賠償ものでしかなく笑いを禁じえません。

仮面ライダーゼロワンという作品を見ていると、人間と、AIであるヒューマギアが共存し始めている、まるで近い将来の日本を見ているように感じます。

これまで登場したヒューマギアは、お笑い芸人、警備員、寿司職人、バスガイドと、多様な職種に就いています。登場するヒューマギアも漫画家アシスタントという、また違った職種の方です。

この様子を見ていると、やはりAIはほぼ全ての職業に就けるのだろうと感じ、そうなると、人間の存在意義とは何かと考えざるも得ません。

そんな疑問に答えるようなストーリーになる気がします。4話までは人間とヒューマギアが対等な立場であるように見えましたが

漫画家である人間が、アシスタントであるヒューマギアをまるで道具のように扱うという、上下関係が生まれています。その様子を見て、失望してしまう或人ですが、きっと彼のことですから、漫画家を説得して、人間とヒューマギアの対等な関係の構築を求めるでしょう。

社長として、というよりは、ヒューマギアに可能性を見出している人間として、或人が漫画家にどのような言葉を掛けるのか、楽しみです。

人間とAIの共存について改めて考える機会になると思います。
 

仮面ライダーゼロワン7話動画

 

 

テーマになるのが親と子の関係になってきそうです。ヒューマギアという人工知能、果たして人と機械が家族になれるのでしょうか。

声優のヒューマギアを、自分の娘だという社長。なにやら愛情深そうな人ですね。でもそれかま何らかの違法行為にあたるみたいで?

もちろんA.I.M.Sはここぞとばかりに飛電に踏み込んでくるんでしょうね。

次回のカギになりそうなポイントは、或人と父親の関係。それに滅が迅の存在について息子という発言もあって、これもまたちょっと絡んでくるかも。

或人の回想シーンで、父親がヒューマギアだったんですよね。

デイブレイクの日に自分の命を犠牲にして或人を守った父親。

あの社長もなんとなく、命をかけてでもセイネを守りそうな予感。

もしそういう場面があって或人もそんな姿をみちゃったら、父親を重ねるでしょうね。

毎回ヒューマギアが滅亡迅雷ネットに接続されちゃうけど、このセイネもそうなってしまうんでしょうね。

それはかなり辛い…。社長、ラーニングとかもものすごく苦労したとおもうし、何より失ったセイネ事態は元に戻らないわけでしょ。

今回はどうか、セイネが暴走させられる展開が避けられたらいいなぁ。

しかしどういう経緯でヒューマギアが父親になったのかは気になってました。

是之助が或人のために父親を作った?だとしたら、本当の父親はどうしてるのか。

母親も出てこないですよね。是之助と実は血がつながっていなかったりして。

 
まず、漫画家のお仕事とヒューマギアでしたが、人気漫画家の石墨はヒューマギアは疲れず働くので、ストーリーからマンガ原稿まですべてを行い、ヒューマギアだってフリーズをして、過労気味で或人やイズの説得にも聞いていなかったが、ゼロワンとバルカンと暴走したヒューマギアとの戦闘で、最後は漫画家として再び情熱が戻ったことに感動的で、新キャラが仮面ライダーバルカンのイメージと言うオチもよかったです。

その際に、マンガのコマのように映像を作り上げているのもとても楽しく、他の仮面ライダーではやらなかったことをやっているのも面白かったです。

次に、大事な情報を5話で打ち明けていたが、滅亡迅雷.netの滅と迅の関係性が親子であるのも驚きでした。

滅が勝手に子供と言っていたので、どのような形の親子かまだ分からず、親子と呼ぶのも正しいのかも分かりませんし、迅が親であるのを知らなかったのも気がかりで今後この関係がどのようになっていくのか気になっております。

仮面ライダーゼロワン7話無料視聴した感想

 

イズと或人はエイムズの諌に同行し、女性声優型ヒューマギアの香菜澤セイネのアフレコ現場を視察します。

諌はアフレコスタジオから出た瞬間、声優事務所社長の多澤を人工知能特別法違反の容疑で逮捕しようとします。

一方、迅は滅にお前は俺の息子だと言われて、その意味を考え検索しても訳がわからず、滅に自分の親なのか尋ねます。

滅は子供は親の言うこと聞いていればいいと迅を諭し、迅にライダーゼロワンのプログライズキーを狙うように言うのでした。

多澤の逮捕に納得の行かない或人は、諌に説明を求めます。

多澤は人工知能特別法大6条の、本人に無許可で容姿の酷似した人工知能搭載人型ロボットを作成及び使用してはならない、という条項に違反して、セイネを亡くなった自分の娘のすみれとそっくりにオーダーしていたのでした。

諌が多澤に、これは生命の尊厳を冒涜する行為にあたると叱責しているところに迅がタクシーで現れ、タクシーの運転手にゼツメライザーを装着させオニコマギアに変身させます。

諌はライダーバルカンシューティングウルフに変身し戦います。

或人はオニコマギアに対抗するためフライングファルコンプログライズキーで変身しようとしますが、迅はそれを狙っており、オニコマギアにフライングファルコンプログライズキーを奪わせます。

或人をライダーゼロワンライジングホッパーに変身します。

多澤とセイネは逃げようとしましたが、トリロバイトマギアに囲まれ、セイネは攻撃を受け損傷してしまいます。

迅はセイネにゼツメライザーを取り付けようとしますが、やめてくれ、セイネは私の中の子供なんだ、という言葉に困惑し固まってしまいます。

ライダーバルカンはパンチングコングに変身し、トリロバイトマギアを殲滅します。

ライダーゼロワンライジングホッパーは逃げるオニコマギアをライズホッパーで追い、ライダーゼロワンバイティングシャークに変身しバイティングインパクトで倒しますが、フライングファルコンプログライズキーは取り返せませんでした。

迅はフライングファルコンプログライズキーを奪い喜びながら、多澤の言葉が引っ掛かっていました。

唯阿は上司と思われる男に滅亡迅雷.netを葬って欲しいとライトニングホーネットプログライズキーを渡されます。

セイネは損傷箇所を修復し、動作に問題はないように見えましたが、時折すみれの一面を覗かせるようになってしまいました。

或人は多澤と次のオーディションが終わったらセイネを回収する約束をし、諌にも3をだけ待って欲しいと説得します。

迅は親子の関係に悩み、滅に相談しますが、滅は取り合うことなくライダーゼロワンのプログライズキーをモット奪ってくるように言います。

パフューマンのゲストヒロイン声優の最終公開オーディションの会場で、セイネは演技しますが自我が芽生え始め多澤は演技を中止させます。

そこに迅が現れ、セイネにゼツメライザーを装着させ、ガエルマギアに変身させようとします。

セイネを必死に守ろうとする多澤の行動が理解できず、或人に尋ねる迅。

親が子供を守るは当たり前の事、子供のためなら死んでも構わない、そう思うのが親だと或人に言われ、滅との関係性と違いすぎて困惑しながらも、セイネからゼツメライザーを取り外そうとする迅。

しかし、セイネはガエルマギアに変身してしまいます。

或人はライダーゼロワンライジングホッパーに変身し、ガエルマギアと戦おうとします。

そこに滅が現れ、迅は滅が作ったヒューマギアということを明かし、困惑する迅に滅亡迅雷フォースライザーを装着させ、滅亡迅雷.netに接続させプログラムを書き換え、或人から奪ったフライングファルコンプログライズキーでライダー迅フライングファルコンに変身させます。

ライダー迅フライングファルコンの圧倒的な強さに苦戦するライダーゼロワンライジングホッパー。

そこにガエルマギアも現れ、手も足も出ないライダーゼロワンライジングホッパー。ライダー迅にゼロワンドライバーを引き剥がされそうになります。

そこにエイムズの車が現れ、唯阿が中から現れ、ライダーバルキリーラッシングチーターに変身します。

ガエルマギアとトリロバイトマギアと戦いますが、ガエルマギアのコガエルボマーに苦しみ、ライダーバルキリーはライトニングホーネットに変身します。

コガエルボマーをヘクスベスパで圧倒し、水中に逃げたガエルマギアをヘクスベスパで追撃し、空中に飛び出したところにサンダーライトニングブラストフィーバーで攻撃し、ガエルマギアを破壊します。

ライダーバルキリーライトニングホーネットは、ライダー迅フライングファルコンをライダーバルカンパンチングコングと同時攻撃で仕留めようとしますが、ライダー迅フライングファルコンは空に飛び去って行きます。

多澤はすみれの声が入ったAIを飛電インテリジェンスから受け取り、日々の支えにするようになりました。

デイブレイクタウンに戻った迅は人類滅亡のためのプログラムを上書きされ、今までのことは忘れてしまっていたのでした。

感想と次回考察

ついに奪われてしまったフライングファルコンプログライズキー。

ライダー迅フライングファルコンの圧倒的な強さと迅の心情の変化が印象的でした。

セイネのゼツメライザーを取り外そうとする迅はある種の自我に目覚めました状態なのでしょう。

人類滅亡という定義の中で自我を持っていた迅を作り上げながらも、なぜ滅はアークとヒューマギアの暴走にこだわるのでしょうか。

ゼツメライザーのマギアはデータを取るためにわざと破壊されるようにしていますし、迅を観察しながら行動しているようにも思える滅。

本当の目的はアークを復元し、アークにゼツメライズキーのデータをラーニングさせ、迅を実験台にして強大な力を手に入れようとしているようにも思えます。

唯阿の上司もアークを狙っているようで、滅亡迅雷.netを葬るために唯阿に新しいプログライズキーを渡しました。

ライトニングホーネットプログライズキー。

火力はラッシングチータープログライズキーの200%も上回るもので、ガエルマギアとの戦闘で圧倒的な強さを見せました。

ライダーバルキリーライトニングホーネットがガエルマギアを倒したということはゼツメライズキーにはライダーバルキリーライトニングホーネットのデータが残るはずなので、すべて滅の思惑どおりになってしまっている気がします。

迅、滅、に対して唯阿の名字が刃というのが気になりますが。

エイムズは国の特務機関であるというところから、エイムズショットライザーの量産、ヒューマギアの軍事転用を考えているのでしょうか。

唯阿の上司はデイブレイクタウンに関わりがある人間と考えるのが妥当でしょう。

次回は熱血教師ヒューマギアとライダーゼロワンの新しいプログライズキーが登場するようです。

人工知能特別法がいつ誰が制定したか、そのきっかけがデイブレイクなのか、それぞれがデイブレイクにどう関わっているかなど謎が増えていきますが、今後すべてがつながるような展開になることを期待しています。

 

まとめ

 

ゼロワンを視聴して、とにかくイズちゃんの可愛さにやられました。透き通るようなキュートボイスも素敵です。

ただ、初めて流れたOP主題歌の映像…。

これを見るとイズは物語の中でかなりのキーパーソンなのではと思わざるを得ません。かつて起こったというデイブレイクにはイズが関わっているのではというのが私の予想です

。OPの最後で他のメンバーは仮面ライダーに変身した姿でそこにいるのに、なぜかイズだけが消えているんですよ!今後の伏線としか思えません…。

イズは元々は敵だったのでしょうか。イズはデイブレイクに自分が関わった記憶を無くしていて、是之助元社長はそんなイズが再び暴走しないように自分に一番近い社長秘書という立場に置いて監視していたとか…様々な妄想で頭の中がいっぱいです。

既にイズのファンになっている私としては彼女がこれからどうなってしまうのかと胃が痛いです。イズはこれから或人と共に過ごすことで様々なことを学んでいくでしょう。その中で、ヒューマギアではありますがきっと「心」も育まれるはずです。

或人にとっても確実にかけがえのない存在になるでしょう。それが予想できるからこそ、イズに悲しい結末が訪れるようなことがないように切に願っています。

 

総評

 

今作に登場するヒロイン・秘書のイズは、これまでの仮面ライダーシリーズとは違って、ヒューマギアというアンドロイドであるという設定が斬新でした。

ストーリー上では、やはりアンドロイドというだけあって、動作ひとつひとつに機械的な効果音もあるため、アンドロイドという雰囲気が出ているのも面白いです。

そんな彼女を演じる女優・鶴嶋乃愛さんを今作で初めて見るのですが、彼女の演技もストーリーに溶け込んでいて、機械的な動作、感情が入っていない言動などをうまく表現していて素晴らしいです。

また、彼女のルックスやイズの服装なども近未来的な感じが良く、人情家の主人公・飛電或人と正反対のキャラクターというのも新鮮で、社長となった或人をフォローしながら援護するというのも、戦闘シーンでのバックアップも良い位置づけです。

この他にもいろいろあり、毎回披露される飛電或人の寒いギャグをイズが冷静に解説するシーンは笑いを誘い、また、少しずつ或人の考えを理解するようになるというのも、イズの成長を感じられる場面があるように実感しました。

今後の展開がどうなるか興味があり、彼女はヒューマギアでありながらも人間らしさを手に入れる日が近いのでは、という期待感を込めて、この先も彼女の活躍を見ていきたいです。

 

仮面ライダーゼロワン動画7話pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)ないときは

 

↓ ↓

 

仮面ライダーゼロワン』動画7話