映画

海よりもまだ深く 動画 映画 フル 無料視聴 pandora Dailymotion/10月11日ホームシアター/

海よりもまだ深く 動画/映画/フル/無料視聴Dailymotion/ pandora10月11日/

 

2019年10月11日21時からフジテレビで『映画「海よりもまだ深く」【地上波初放送!是枝裕和監督×阿部寛×樹木希林】』が放送されます

 

海よりもまだ深く 動画/映画/フル/無料視聴 テレビ放送地上波2019年10月11日無料視聴につきましては下記にて
 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

海よりもまだ深く 動画/映画/フル/無料視聴 テレビ放送地上波2019年10月11日無料視聴
 

 
諸事情で映画館で映画鑑賞をできないので見たいと思う映画が例え遅れて放映されるにしてもテレビで見られることはとても嬉しく楽しみです。

この映画は知らなかったのですがhpを見てみると主演がとても好きな阿部寛さんなのでそれだけでも大変興味が湧いてきました。

役柄もストーリーもコミカルさもあり切なさもあり心にグッと染み入るような面もありで笑える場面が多いながらもじーんと身に染みるシーンも多々ありそうなので様々な気持ちを味わえそうですし、見終えた後の余韻も長い時間残りそうな気がしてきます。

阿部さんはイケメンながらもコミカルな役やどちらかと言えばダメ男と言われる役も似合う不思議で面白い役者さんだと思いますのでこのようなタイプの映画にはもってこいの人だと思いますし、ダメ男ぶりがどう描かれているのかも楽しみです。

彼女に新恋人ができたことにショック、というのはとても共感ができますしその事実を知った瞬間の表情やどういう言葉を発するのか注目したいです。

その元妻役の真木よう子さんがどんなキャラクターを演じるのかも楽しみです。クールだったり気が強い役の印象が強い彼女ですのでこの映画でもそういう役なのか気になりますし、元旦那の阿部寛さんに対して一夜を共にした時にどんな言動や行動になるのかもじっくりと観察したいです。

海よりもまだ深く 動画/映画//番組内容

 
トリックの頃からダメ男の演技は見ていますが、見るからにダメ人間の雰囲気が出せます。

イケメンのカケラを感じさせないほど気持ち悪く、実際いたら引くようなキャラを演じてくれるのです。

笑ってしまうほどダメ男という触れ込みですので、どんなふうに演じてくれるか楽しみです。

また、真木よう子は外見が凄くタイプで、演技も自然なので好きです。

ダメな元夫に見切りをつける姿が目に浮かびます。そして、何より注目なのは樹木希林さんです。

彼女が出てくるだけで、舞台の空気が変わって、現実からその架空の世界へと引きずりこまれてしまいます。

自然ですが、凛としてある存在感が最高です。樹木希林ワールドに自然に誘われてしまうのです。

これほどの演者は今後なかなか出てこないのではないかと思います。その樹木希林さんの演技で、阿部さんや真木よう子の演技が更に引き上げられると思います。

脚本も、ほんの一夜限りの元家族の再演というのが、何とも儚く郷愁さえ感じます。二度と戻れない、でも確かに存在した家族。

それをコミカルにかつ感動を以って演じられるというのが、大変楽しみです。ですがやはりここまで期待できるのは、樹木希林さんの存在あってこそだと思います。

是枝監督の作品は考えさせられるものが多く大好きなのですが、この映画「海よりもだま深く」はどういった映画になっているのか、とても気になるところです。

是枝監督の最新映画「真実」の公開を記念して、笑いも涙もある感動の作品が地上波初放送です。

「真実」も見てみたいですが、その前にまずは「海よりもまだ深く」をじっくり見たいと思います。

この作品は今まで見たことがなかったので、どんなお話なのかとても楽しみです。

主演は阿部寛さんで、是枝監督の作品には以前にも出演されていました。

その時は先生役で、「奇跡」という映画だったと思います。

テーマは、海よりもまだ深い人生の愛し方のようです。

ストーリーは、ダメ人生を更新中の阿部寛さん演じる良多。15年前に文学賞を一度とったきりの自称作家の役です。

元妻役には真木よう子さんで、これまた是枝監督の作品によく出演されています。

そして樹木希林さんも出演し、豪華な顔ぶれの作品になっています。

家族と愛について考えさせられる物語で、映画を見た後に是枝監督の作品はいつも自分だったらどうするか…というのを深く考えさせられます。

今回も見た後に心に深くずしんと来るものがありそうです。

家族みんなで一緒に見て、家族とは、愛とは何かをみんなで考えたいと思いました。
 

海よりもまだ深く キャスト

 

阿部寛 真木よう子  小林聡美 リリー・フランキー 池松壮亮 吉沢太陽  橋爪功 樹木希林

 
楽しみな所は、是枝監督の作品だと言う所です。

万引き家族で受賞歴のある是枝監督と阿部寛さんが、主演しているヒューマンドラマで面白そうです。

ダメな人生を過ごしている主人公が、台風の日に家族で過ごす事になりそこから家族と向き合う時間が、持てるという状況が、良多らしいですね。

良多は、文学賞を受賞している経験もあるのでなかなか作家以外の人生を考えられないのだと思います。

好きな事で暮らしていけると言うのは、素敵なことだと思うので良多の気持ちも理解できそうです。

しかし、妻や子供もいるのでそこに責任もでてくると夢ばかりおえないという現実もありもどかしいですね。

探偵事務所に勤めながらも取材と言っているのは、良多のプライドだと思いました。

注目は、団地に住んでいる淑子です。

良多の家族に人生について教えてくれそうです。

面白そうな所は、台風の日に良多達は、どんな会話をするのかです。

お金の問題でケンカになりそうだし良多の小説家を諦めない事についてもケンカになりそうです。

しかし、ケンカしてすべてをぶつけた後に分かりあえる事もありそうです。

台風が、明けた後に良多達が、どんな表情で団地をでてくのか楽しみです。

笑いありという事なのでコメデイ要素も期待します。

海よりもまだ深く 動画/映画/フル/無料視聴 2019年10月11日無料視聴ストーリー性

笑ってしまうほどダメ人生を送る中年の男性良多は、15年前に文学賞を一度とったっきり小説家としてはパッとせず、探偵事務所に勤め周囲には小説のための取材と言い訳しながら元妻には愛想を尽かされ、息子の養育費も払えず、彼女に恋人ができてショックを受け、良多の頼みは母のでたまたまははの家に集まったことから偶然がからなって一夜限りの家族の時間が始まっていくところが面白そうだなと思いました。

ダメな自分をどうすることもできない良多が久々に家族と過ごす時間を味わったとき、心に様々な思いが出てくると思うし、家族のために何かしたいと思えるような出来事も起こってくるかもしれないし、元々は一緒に生活をして来た家族なのだから昔を思い出して、楽しく過ごせるかもしれないです。

良多が家族の愛に触れたとき、これからの人生をどうやって生きていくのか考えていくと思うので、彼が家族から家族から色んなことを学んで自分の人生をやり直していくのかなと思うと、彼にとって家族の存在の重要性が知れるところが楽しみです。元妻から見た良多は、ダメな人かもそれないけれど、彼と過ごした一夜で彼女の心にも変化が訪れていくと思うので、家族の愛がどんな形で表現されていくのか楽しみです。

海よりもまだ深くは、笑いあり涙ありの家族の感動を描いた作品ということなので、おもしろそうだなと思いました。

主人公が阿部寛さんというところも期待できそうだし、なにより、亡くなった樹木希林さんが出演しているというところがとても楽しみです。

樹木希林さんが演じる家族像がどんなものなのかとても気になります。

ストーリーは、一度はバラバラになった家族が偶然にも集まったことで一夜限りの家族の時間を過ごすというものだそうだけど、とても良いなと思いました。

特に主人公の良多は今まで素直になれなかったようだし、お母さんもいる空間の中だったら自分の思いを伝えることができるかもしれないなと感じました。

そんな心にモヤモヤを抱えている息子のことを悟って、お母さんも協力してくれそうな気がします。

樹木希林さんの口からとても良い言葉が出そうだなと期待しています。

また、良多の本当の気持ちを聞いた時に、妻と息子がどんなことを思うのかも気になります。

今までぽっかりと空いていた穴を埋めるように、心が満たされるようなひと時が訪れるんじゃないかなと楽しみです。

一夜限りの家族だけど、そこには確かに家族の絆が蘇るんじゃないかなと、感動の結末になることをとても期待しています。

海よりもまだ深く映画/ 動画/フル/無料視聴 テレビ放送地上波2019年10月11日みどころ

多分、この映画を一度見たことがあるのですが記憶が曖昧です。たしか阿部さん演じるお父さんが物凄く意地っ張りなキャラだったような。

この映画は録画しているので安心しておさらいすることにして、興味深いのと思ったのはタイトルと関係者さまです。

海よりもまだ深く、というタイトルについて考えてしまいます。海にはもっとも深い海溝と呼ばれる部分であっても底が存在しますので、海底がある。

つまり海の深さや距離を言っているわけではなく、海の大きさや色などから相対的な海という表現じゃないかと思ってしまいます。多分、水深が5mでもかなり深くて素人が潜るのには相当な深さだと思うのですが、そういった意味ではないとやっぱり思い直し、ジュディオングの歌の歌詞にあるような『女は海』と例えたり生命の起源たる『海』についての心理的な人間や人生そのものの広がりや深さを表現しているように思うのです。

そして、次に監督やキャストの皆さんが気になるのですが、是枝監督の『万引き家族』を見ましたので感想を言いますと、カンヌ映画祭のバルムドールといった最高の賞をとった映画とはなんぞやとの入り口からは想像もつかない超現実的映画と感じました。超現実的と言うと言葉はおかしいですが、ありそうでない壮絶な現実が実はこの世界には存在する、具体的すぎる表現といいましょうか、うまくは言えませんが、万引をしても生きる為だと割り切った妙な潔さをリアルに表現しつつも、家族の成り立ちは継ぎはぎだらけの偽物で存在している、ほんと上手く言えませんが、妙な違和感や恐ろしさを後味を残しているのです。

映画の賞の採点方法などわかりませんが、一視聴者としては印象深く、悲しくもいみじくもこれが現実なんだと思い知らされた作品です。そんな監督の撮った映画がまた妙にくせになるように見たくなってしまいます。

次に、この映画にもリリーフランキーさんが出ていてやっぱりインパクトがあります。作品の順番は前後するにせよ、万引き家族での印象が相関性をもたせるように思います。

また、関係ないかも知れませんが、池松壮亮さんが個人的に好きな俳優さんです。WOWOWだったかMOZUという連続ドラマでの演技は歪で何故かかっこいい暗殺者を演じられており彼がなにするにしても一挙手一投足が気になります。以前、バラエティ番組などでも拝見しましたが自分のことを多くは語らないシャイな印象だったので、この人のことは演技を見ることで理解したいなと思っています。

これ以上書くと、とめどくなくなりそうなので、まとめますと『海よりもまだ深く』という作品で知らない家族の話しを知ることから、自分の知っている海よりも、まだ深い部分にダイブするような底知れない何か、多分、自分の存在を顧みるような衝動かもしれません

海よりもまだ深く 動画/映画/フル/無料視聴 テレビ放送地上波2019年10月11日感想など

誰も知らない」の母に放置された子供達も、「万引き家族」の血の繋がりはなくとも家族であろうとする人たちも。一般的な「普通の家族」とは違うのかもしれませんが、それぞれに思いがあって、何らか繋がろうとする、何とか繋がり続ける姿です。

阿部寛さん演じる主人公の男性は、もし現実に身近にいたとしたら共感できないかもしれないどころか、陰口を言ってしまう(いや、直接罵る?)かもしれません。でもそんな立場の人の内面がこうやって描かれることで、まあ、そんなこともあるのかなとか、誰しも色々あるよねとか思えたら素敵です。阿部寛さんと真木よう子さんというカップルが美しすぎるので、実際の一般人だったらもっと腹が立つ状況かもしれませんが…。

在りし日の樹木希林さんの演じるおばあさん、「万引き家族」では不安定な人たちがあのおばあさんの元だから集えるような、大きな樹の幹のような存在でした。

今回もまた、バラバラだけど繋がりたい家族たちが雨宿りに集える大樹のようにそこにいらっしゃるのではないかと期待しています。

他人のダメなところを許せない、ギスギスした世の中ですが、テレビで放送されることで「ああ、あの人にもきっといろんな思いがあるのだろうな」と現実を振り返って、次の日はみんながちょっと優しくなれたらいいですね。

海よりもまだ深く 映画/フル/無料視聴 みんなの感想

「海よりもまだ深く」という映画は、やっぱり家族は特別なんだという部分を再認識しやすい作品になっていると思います。

妻と息子に出ていかれてしまった売れない小説家が主人公となっており、この主人公は元妻に新しい男ができたという噂を聞くと、その真相を確かめるために調査をするのです。

つまり、主人公は別れた妻にいまだに未練があるということになります。

そして、息子に関しては新しくできた母親の男よりも自分の本当に父親の方に特別な感情を抱いており、久しぶりに再会したときにはすごい充実した時間を過ごしているように見え、父親と一緒にいることがすごい楽しそうな光景に見えてくるのです。

いろいろな問題によって主人公と妻、息子は別れてしまったわけですが、そういう状態になっても家族で再会すると、家族は家族なんだと思えてきます。

特に子供にとって父親は1人ですから、そういう意味では特別な存在というのは当然なのですが、こういった映画を観るとその当たり前の状況に気付かされるような気分と言えるでしょう。

観ている人にも家族はいると思いますが、そういった自分の家族に関しての思いを募らせることができる作品だと思うので、そういうところに注目すると良いと思います。

主演が国民的俳優の阿部寛。叶わない夢を追い続けるダメ男、良多を演じる。作家崩れの探偵で妻子に愛想をつかれてという役は阿部寛らしくはないんだろうが、無茶苦茶にフィットしていますね演技が。

予告動画で競輪で負けてるところや、元妻・響子にきつくあたられたりするところは情けなさを上手く見せてるなと阿部寛の凄さに気付きます。

この映画は出演者も豪華で、阿部寛、真木よう子の他も樹木希林、リリーフランキー、橋爪功、池松壮亮など多彩なメンバーで演技派が揃っています。

樹木希林が亡くなってから樹木希林に対しての役者の評価が物凄く高いことを知り、それまではたいして気にしてなかった樹木希林の演技に注目するようになりました。

確かに言われるだけあって上手いなと感じますし、自然体で演技してるような感じで日常感が伝わるなぁと感じました。

今回の「海よりもまだ深く」でもどんな演技してたのか楽しみにしています。

あとはリリーフランキーですね。良多の勤める興信所の所長ということでどの程度、出番が多いかはわからないですが、渋い演技を見たいです。なかなか大人になれない男の姿を描く感動ホームドラマということで大人になれない男を演じる阿部寛が楽しみです。

放送を大変楽しみにしています。
この映画で阿部さんが演じるのはダメ男みたいですが、ダメ男としては見た目が立派過ぎると思います。そして自称作家で副業が探偵って、現実にはあり得ないけど漫画とかにはありがちな設定ですが、どんな風に演じてくれるのか興味を惹かれます。阿部さんは昔モデルとしてブレイクしてた頃はこんなに息の長いいろんな役をこなせる俳優さんになるとは思ってもみませんでした。

本当に素晴らしい日本を代表する俳優さんになったと思います。阿部さんの魅力で、良多はダメ男だけど、なんとなく憎めない愛嬌のあるキャラクターになるんじゃないかと思います。

そして、その母親役が樹木希林さんです。樹木希林さんは唯一無二の女優さんだったと思います。彼女が演じる役は彼女以外にはできません。何をやっても素晴らしい個性と存在感がありました。

この作品でも樹木希林さんのあの独特な雰囲気で、ボソボソっと普通の会話でも面白くしてくれているんじゃないかと思います。放送を大変楽しみにしています。

海よりもまだ深く 動画フル/無料視聴 テレビ放送地上波2019年10月11日無料視聴まとめ

文学賞を一度とったきりの探偵事務所で働く作家が主役の映画です。作家には別れた妻と息子がいるようで、団地に暮らす主人公の母の家に、4人が集まっているところに台風がきて、翌朝まで帰宅できなくなるようです。

主人公は、別れた妻に愛想を尽かされているようですが、それはなぜでしょう。文学賞を一度とったきりで、その後作品を書いていないからでしょうか。

息子は父のことをどのように思っているのでしょう。なぜ、主人公の母が住んでいる団地に4人が集まったのでしょうか。台風がきて、帰宅できなくなるという状況だと、家の中で4人は時間を過ごさなくてはならなくなると考えますが、4人はどんな行動をとるのでしょう。

会話を交わしたりするのでしょうか。私が気になるのは、主人公の息子の心情についてです。主人公の元妻には、あたらしい恋人がいるようです。

その上で父親に会うというのは、なかなか複雑な心境になるのではないか、と想像します。息子の心情が語られる、なにか行動に表れるという展開になるのでしょうか。

それとも、意外と淡々と受け止めているものなのでしょうか。また、主人公の母はこの(元)家族を見て、どんな風に感じており、どのような態度を表すのでしょうか。

4人の過ごす時間はいったいどのようなものになるのでしょう。
 

映画「海よりもまだ深く」は、阿部寛さんが主演されているんですね。

ドラマ「まだ結婚できない男」でも主演されているし、少し古くなりますが映画「テルマエ・ロマエ」でも最優秀主演男優賞を取られていましたよね!

すごく演技の上手い俳優さんなので大好きです。

「海よりもまだ深く」では、自称小説家だけど売れないので、お金のために探偵業をするものの、これまた全く稼げず別れた妻に養育費も満足に払えないというダメ男・リョウタを阿部寛さんが演じるようで、面白そうですね。

たまたま実母である淑子のもとにリョウタ、別れた妻・響子、そして息子の真悟が集まり、台風のために翌朝まで一緒にいることになるようで、、。

元家族がたまたま集まって一夜を過ごすわけですが、別れた妻・響子には新しい彼氏ができたことを知っているリョウタは響子に何と話を持ちかけるのでしょうか?

まだ響子のことを好きらしいので、きっと響子と彼氏との間がどこまで進んでいるのか?など聞きたいことはたくさんあるでしょう。

息子もいるし、実母もいるので単刀直入には言いづらいですよね。

一方で響子もまたお金を稼げない夫であるリョウタには愛想をつかしたものの、人間性を嫌いではなかったとしたら、一夜を過ごす間に元家族のなかで何かが変わりそうですよね。

この一夜で、ダメダメ人生を走っているリョウタに、一筋の光が見えるのか?とても気になりますね!

映画「海よりもまだ深く」を見てみたくなりました!「海よりもまだ深く」は、家族の絆を確かめ合う感動的なストーリーとなっている作品です。

主人公は一応作家を自称していますが、興信所で働いているいわゆるダメ人間の烙印を押されてしまうような人物です。

作家としては現在は全く売れず、趣味はギャンブルで、養育費を払うこともままならず、そういった状況に愛想をつかした妻は息子を連れて出て行ってしまいます。

家族だった3人はそうやって離れ離れになってしまう状況になりますが、台風が近づいてきたある日、3人が再会するときがきます。

久しぶりに再会した中で、主人公と息子は嵐が吹いている中、あえて外出をし、公園で2人で話をします。

将来について話をする2人はどこか楽しそうで、息子も父親と話ができて非常に嬉しそうなそんな光景が見られます。

夢見ていた未来が主人公にはあったものの、その未来とは違う現実を目の前にして、今をどのように生きるのか?主人公を通じてそういった部分を伝えてくれるような作品だと言えます。

誰しもが夢見ていた未来があるはずですが、その通りにはいかないという挫折を味わう方が多いと思います。

そんなときに今をどのように生きるのか?今をどうやって肯定して生きるのか?人が幸せになるためのヒントが得られる映画だと思うのです。
 
海よりもまだ深く 動画/映画/pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun/tver(ティーバー・ディーバー)では見れないです

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

海よりもまだ深く 動画/映画/フル/無料視聴 テレビ放送地上波2019年10月11日無料視聴