アニメ

ノーガンズ ライフ アニメ 動画 1話 無料視聴/再放送10月10日

ノーガンズ ライフ アニメ/動画/1話無料視聴/再放送10月10日

 

2019年10月10日25時28分からTBSテレビで『ノー・ガンズ・ライフ 「暴走拡張者」』が放送されます

 

ノーガンズ ライフ アニメ/動画/1話無料視聴/再放送10月10日につきましては

下記で
 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ノーガンズ ライフ アニメ/動画/1話無料視聴/再放送10月10日
 

ノーガンズ ライフ アニメ/動画/1話無料視聴/再放送10月10日 /番組内容

 

身体を機械化された「拡張者(エクステンド)」と生身の人間が混在する社会。拡張者が引き起こす問題を解決する「処理屋」を、乾十三は生業としていた。そして、彼自身も、頭部が銃の「拡張者」だった。ある日、十三は全身拡張者の大男から一人の少年の保護を依頼される。だが、依頼を引き受けた十三の前に、一人のシスターが現れる。孤児院から誘拐されたその少年を、引き渡すように言うのだが…

 

ノー・ガンズ・ライフ キャスト

 

乾十三:諏訪部順一 荒吐鉄朗:山下大輝 メアリー・シュタインベルグ:沼倉愛美

 

ノーガンズ ライフ アニメ/動画/1話無料視聴/再放送10月10日ストーリー性

 
身体を機械化された拡張者(エクステンド)と生身の人間が混在する社会は常にいざこざが絶えず、それらの問題を解決する処理屋を乾十三は生業としていた。

そして乾十三自身も頭部が巨大な銃の拡張者だった。時代背景が古いのか新しいのかはわからないですね。ただ機械化されたとかなんで最新の時代かなと予想します。

乾十三は全身拡張者の大男から一人の少年の保護を依頼される。その少年は荒吐鉄朗といいベリューレン社から誘拐された身だった。

乾十三は依頼を受けたがベリューレン社からの追っ手に鉄朗を奪われてしまうとあります。

ここから乾十三とベリューレン社との対決になるようです。

予告動画的には映像も綺麗だし、かっこいいアニメですね。乾十三の顔の部分が巨大な銃の風貌はなかなかインパクトあり1回見たら忘れないと思います。

無茶苦茶に強そうには見えますが異様な出で立ちです。戦い的にはやはり身体の一部の銃を使うのか気になりますね。

拡張者と生身の人間とのいざこざの状況、鉄朗を誘拐した全身拡張者の大男が何者なのか?

ベリューレン社と鉄朗の関係はなど色々謎が多いのがこのアニメの今後の楽しみですね。映像も綺麗だしストーリーもしっかりしていて楽しみなアニメだと思います。

ノーガンズ ライフ アニメ/動画/1話視聴者の感想

 
TBS他で10月10日(木)から放送開始予定の新作アニメ「ノー・ガンズ・ライフ」とても面白そうですよね。

このアニメはウルトラジャンプで現在も連載が続いている人気漫画を原作としている、いわゆるSFハードボイルドと呼ばれるジャンルのアニメとなっています。

この世界では身体機能拡張技術といった物が戦争の影響で開発されてしまいました。

その技術により体全体や、その一部を機械化することでさまざまな能力を得ることが出来ます。

機械化された者たちのことをエクステンダーと呼び、エクステンダーと生身の人間との間で軋轢が起こることでさまざまな事件が発生してしまいます。

そうするとその問題を解決する人が必要になってきます。

主人公である乾十三は自身も頭を巨大な銃として拡張したエクステンダーであり、その問題を解決することで生計を立てています。

ある日十三は少年荒吐鉄朗の保護を要請されます。

鉄朗は身体機能拡張技術を開発したベリューレン社から全身拡張者により誘拐されてきた人物でした。

そのことで十三はベリューレン社と事を構えることになってしまうのです。

鉄朗は一体何者なのか、ベリューレン社と鉄朗はどんな関係なのか、そして鉄朗を誘拐してきた全身拡張者の目的は何なのか、気になりますね。

ノーガンズ ライフ アニメ/動画/1話視聴者のネタバレ

楽しみな所は、渋めのアニメだという所です。

主人公が、トレンチコートを着こなしていて大人のフインキたっぷりで顔が、銃なんですが、なぜかかっこ良いです。

ハードボイルドな世界観を持つアニメですが、絵柄は、かわいらしくて馴染みやすいと思います。

鉄郎が、魅力的ですね。

鉄郎の声も好きです。

十三が、保護した鉄郎が、ベリューレン社に奪われたりする展開が、興味深いです。

鉄郎が、ヒロインのような物語のようです。

拡張者という存在が、この物語に登場しますが、戦闘に利用するために作られたので戦闘終了後は、どうなってしまうのか支援する人が、いるのか知りたいです。

そして、人間が、戦闘のために拡張者にされてきましたが、拡張者になる事に抵抗が、なかったのかも注目です。

十三も頭を銃にしていますが、人間だった時の顔もみてみたいです。

十三が、拡張者の処理係を生業としていますが、同じ立場の拡張者を処理する事に対してどう考えているのかも知りたいです。

鉄郎は、なぜ追われているのかも注目です。

鉄郎と誘拐した男との関係も興味深いです。

鉄郎の敵なのか味方なのか分からないですね。

ベリューレン社が、きな臭いと予想しています。

そして、拡張者になった者達の今後の扱いにも注目です

ノーガンズ ライフ アニメ/動画/1話みんなの感想

ぱっと見たところ、かなり設定の凝ったハードボイルドなアニメといった感じですね。

絵柄も渋いですし、可愛らしい絵のアニメが多い中で珍しい作品かなと思います。

こういった感じの作品は嫌いじゃないです。

「身体機能拡張技術」という単語だけで渋いSF感があって、なんとなくワクワクしますね。

その技術によって、身体の一部もしくは全てを機械化された者は拡張者(エクステンド)と呼ばれていて、主人公も拡張者の一人で、自身の頭に巨大な銃が拡張されているというのがなんだか凄いですね。

文字だけだとシュールな感じですが、PVを見る限りでは結構格好いいですね。

こういう作品を作る人の想像力には感服するばかりです。

身体を機械化して頭に銃を拡張するなんて設定はなかなか想像できません。

主人公は、乾十三。

名前からして銃で良いですね。

世界は、拡張者と非拡張者である生身の人間が混在していて、治安が悪く事件が絶えない。

それらの問題を解決する処理屋として働く乾十三は少年の保護を依頼され、拡張技術を開発したベリューレン社と事をかまえることになる。

相手がベリューレン社という強大な敵で、そんな相手に少年を守るために戦いを挑むというのはハードボイルドながら少年漫画らしくさもあって渋すぎず、軽すぎずいい感じです。

ノーガンズ ライフ アニメ/1話/動画/みどころ

『ノー・ガンズ・ライフ ♯1「暴走拡張者」 』という作品は、身体の一部または全部が何らかの機械となっており、普通の人間とはちょっと違う存在の拡張者がテーマとなったアニメです。

このアニメでは拡張者とそうじゃない普通の人間が対立している側面があり、そこからいろいろなトラブルが起きていく、事件に発展していくという部分があります。

拡張者という設定自体は非現実的ではありますが、拡張者という部分を除けば、割と現実的な話ともいえるのではないか?と思います。

というのも、対立というのはどの世界でも起きうることであり、実際にいろいろな国のいろいろな社会で対立は常に存在していると思います。

世代間対立などは日本でも普通に取り上げられており、お互いがいがみ合っているような側面は多少なりとも観察されますが、それと構造自体は大して変わらないような状況が実際にアニメの中で描かれているのです。

人間が生きていれば、いろいろな対立はどうしても起きてしまうものであり、それ自体は仕方のないことかもしれません。

この作品内における対立がどのような事態を巻き起こし、どのようなストーリーとして進んでいくのか?という点は非常に楽しみと言えるのです。

この世界では身体の一部、または全部が何らかの機械となっている人間が普通に潜んでおり、拡張者と呼ばれていたのです。

その拡張者は普通の人間社会に紛れて生きているわけですが、なかなか馴染めないというか、普通の人間との間でいろいろなトラブルが起きていくというストーリーなのです。

そして、主人公となっているのはそんな拡張者であり、頭部が銃になっているという非常にルックス的に珍しい存在です。
見た目においてかなりインパクトがある人物であり、この人物を中心に物語が進んでいくのです。
拡張者とそうじゃない人間が混在する世界で起きるトラブルなどを解決する役割を担っているのがこの主人公で、そのトラブルに対処する中で非常に大きな事件にかかわっていくことになります。

普通の人間とそうじゃない人間が混在する世界というのはどうしてもいざこざなどが起きやすそうな状況ではありますが、その世界で生きる拡張者たちの生き様のような面も注目でしょう。

アニメだからこそという部分もありますけど、対立というのは現実でも起きていることですし、非常に面白そうなストーリーになっていると思います。

ノーガンズ ライフ アニメ/1話/まとめ

 

原作はウルトラジャンプに連載のカラスマタスクさんのコミックス、TBSで放送予定の新アニメ。身体を機械化された「拡張者(エクステンド)」が引き起こす問題を解決する「処理屋」が主人公というハードボイルドSFですが、この主人公乾十三、自分も頭部が銃の拡張者だってんで見た目からスゴイインパクト!(なんとなくワニに見えなくもない。おまけにあの彼の頭の銃自分で引き金を引けないって設定もおかしいでしょー)ふつうにタバコを手にしたりくわえたりしているんですがこれがかなりシュール。

見るたびにどうなってるんだろう、ベリューレン社の身体機能拡張技術ってすごいなあと思うんですがこれがアニメで動くんですからよりすごいです(でもって声が諏訪部順一さん。

「弾は込められた」なんて決め台詞はすごくカッコいいですが…)。

原作はアメコミ風な雰囲気で登場キャラもかなり癖が強い感じなのですが、アニメ版もそういう絵柄を踏襲(コミックスのようにもっと細い線ならなー)。

これは好みが分かれるところかもしれません(特に女性キャラ)。

この世界観と絵柄についていければきっとハマること請け合いです。浅井健一さん(いかにも)の音楽もカッコよさそう。

ノーガンズ ライフ アニメ/1話/総括

 
まず近未来的で混沌とした世界観に引き込まれます。

身体を機械化された「拡張者(エクステンド)」と生身の人間が混在する社会。その社会の中で、人間の置かれている立場は…おそらく拡張者と比べると脆弱で、権威や権利さえも無い世界観。

なぜこの社会は、こんな世界になってしまったのか?環境問題で身体を機械化せざるを得なかったのか?…

それとも進化という欲望から人間はそんな未来を選んでしまったのか?…そんな世界観に興味を誘われる作品です。

メインストーリーに目を向けると…ある日、拡張者が引き起こす問題を解決する「処理屋」を生業としている『乾十三』の元に、全身拡張者の大男から一人の少年の保護を依頼されます。

「この子をあの人たちの手から守って欲しい」…と。そして『乾十三』はその依頼を受ける。

おそらくこの物語のメインとなるであろう拡張者の『乾十三』が、生身の人間である少年を本当に守れるのか?…いかに拡張者といえども、少年と心を通い合わせ「互いの信頼」が無いと、少年を守りきることが出来るはずです。そんな二人に、これからどんな危険が待ち受けているのか?…またどんな心の温まるストーリーが展開されるのか?…楽しみです。

さらにストーリーが先に進むと『乾十三』の前に一人のシスターが現れ「孤児院から誘拐されたその少年を引き渡すように」言うのですが…。生身の人間であるはずの、この少年がなぜ狙われているのか?…少年を付け狙う「あの人たち」とは、何者で、どんな組織なのか?…少年が居た孤児院は、どんな組織で、少年を付け狙う「あの人たち」との関係とは?…興味が尽きません。

そしておそらくこの物語を通して語られるであろう拡張者である『乾十三』自身の事についても楽しみです。…

どうして彼は拡張者になったのか?…なぜ彼は頭や手の一部がガン(拳銃)という拡張(機械化)を選んだのが?…そしてこの物語のタイトルである「ノー・ガンズ・ライフ」…

つまり「銃なき社会」の中で、本当に人間は安全で幸せに暮らせるのか?…という大きなテーマがメタファー(隠喩)として語られてることに大変興味がそそられます。

このTVアニメシリーズ「ノー・ガンズ・ライフ」は、そんな現代の私たちが抱える問題…例えば環境問題や人間の絶え間なく進化したいという欲望などにも疑問を呈し、考える機会を与えてくれていると思います。TVアニメシリーズですが…そんな楽しみが多く含まれた作品です。

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ノーガンズ ライフ アニメ/動画/1話無料視聴/再放送10月10日