アニメ

ノーガンズ ライフ 見逃し配信 アニメ 再放送/1話無料視聴/再放送10月10日

ノーガンズ ライフ アニメ/見逃し配信/再放送/1話無料視聴/再放送10月10日

 

2019年10月10日25時28分からTBSテレビで『ノー・ガンズ・ライフ 「暴走拡張者」』が放送されます

 

ノーガンズ ライフ アニメ/見逃した配信/再放送/1話無料視聴/再放送10月10日につきましては

下記で
 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ノーガンズ ライフ アニメ/見逃し配信/再放送/1話無料視聴/再放送10月10日
 

ノーガンズ ライフ アニメ/見逃し配信/再放送/1話無料視聴/再放送10月10日 /番組内容

 

身体を機械化された「拡張者(エクステンド)」と生身の人間が混在する社会。拡張者が引き起こす問題を解決する「処理屋」を、乾十三は生業としていた。そして、彼自身も、頭部が銃の「拡張者」だった。ある日、十三は全身拡張者の大男から一人の少年の保護を依頼される。だが、依頼を引き受けた十三の前に、一人のシスターが現れる。孤児院から誘拐されたその少年を、引き渡すように言うのだが…

 

ノー・ガンズ・ライフ キャスト

 

乾十三:諏訪部順一 荒吐鉄朗:山下大輝 メアリー・シュタインベルグ:沼倉愛美

 

ノーガンズ ライフ アニメ/見逃し配信/再放送/1話みどころ

 

 
退廃的な雰囲気漂う未来が舞台の物語で、けれどそこから感じるのは重苦しい世界観よりも、胸が熱くなるようなかっこよさ。

そう思うのはきっと、主人公・乾十三の低く耳に心地いい声と、熱くなるような音楽のためでしょうか。本当にかっこいい。

主人公は頭部がリボルバーの拡張者(エクスデント)であるために、異質な雰囲気で、一見すると表情がわからない。

なのに、その声が、セリフがかっこいい。渋みのあるその声はまさにハードボイルドといった感じです。

また、流れる音楽もかっこいい。退廃的な世界に流れる希望を感じるようなテーマソングは、何度でも聞きたくなります。

そして、その世界観に関してもとても気になります。物語のキーである拡張者。戦時中に彼らはベリューレン社によってどういう風に作り出され、そしてこの時代に人間とどう共存しているのか。

異質であり、人間とは異なる能力を持ってしまった分、様々な確執や苦悩がありそうです。もちろんそれは拡張者である主人公に関してもそうで、その主人公がベリューレン社とどうなってゆくのでしょうか。

最後に、「依頼人は必ず守る、特に報酬が未払いの場合はな」という乾十三のセリフが心に響きます。ぜひこのセリフをアニメ本編で聞きたいと思いました。

ノーガンズ ライフ アニメ/再放送/1話視聴者のネタバレ

アニメ「ノー・ガンズ・ライフ」は、ジャンルとしてはSFハードボイルドになるんですね。

主人公である乾十三がいる世界は、生身の人間と拡張者との争いが絶えない世界なんですね。

拡張者というのが、いわゆる機械化された人間のことを指すんですね!

一部だけが機械化されていたり、全てが機械化されていたりとさまざまなようですが、十三自身も拡張者だということに驚きです。

しかも頭部が銃になっているなんて、ビジュアル的にも驚きですよね!

インパクトありすぎです。

これだけでも話に引き込まれていきそうですよね。

さらに十三は拡張者と生身の人間である非拡張者との争いを解決する「処理屋」を仕事としているようなんですね。

そのためなのか全身拡張者の大男から、鉄朗を保護してほしいと頼まれるようですね。

しかし鉄朗は、拡張者を作る技術を編み出したベリューレン社から誘拐された少年だったらしく、そこからかなり込み入った話になっていくようですね!

なぜ大男は鉄朗をベリューレン社から誘拐したのか?というのも気になりますし、鉄朗はベリューレン社と一体どんな結びつきがあるのか?という謎も気になりますね!

十三は成り行きとはいえ、ベリューレン社と相対する形になってしまい、今後どうなっていくのかとても興味が出てきました!

「ノー・ガンズ・ライフ」が放送されるのを楽しみにしています!

ノーガンズ ライフ アニメ/ 1話みんなの感想

ノー・ガンズ・ライフは、身体の一部、もしくは全身が機械化されてしまうなんてどんな絵面になるんだろうかと気になります。

頭が銃に機械化されたという人物のイラストを見ましたが、本当に銃になってしまっていて、目も口も耳もなかったので、まさに生物兵器じゃないかと感じました。

身体を機械化された人間は拡張者と呼ばれるそうだけど、どうしてこんな拡張者が生まれてしまったんだろうかとその背景が気になります。

また、この拡張者と人間との間でいざこざが起こってしまっているというのも気になりました。

しかも、そのいざこざを解決する処理屋というのがいるみたいだけど、こんないざこざを解決できるなんて、処理屋はかなり強い特別な能力を持っているんじゃないかなと楽しみです。

さらに、人間の男の子である鉄朗と全身拡張者であるベリューレン社の関係は、世界を動かすような大きな事情がありそうだなと感じました。

十三は誘拐された鉄朗のことを取り返そうとベリューレン社に向かううちに、とんでもないことに巻き込まれらんだろうなと思います。

鉄朗に隠されている秘密や、拡張社と人間たちとの戦いなど、スリルや臨場感のある物語になりそうだなとドキドキします。

ノーガンズ ライフ アニメ/1話/みどころ

まずどこからどう見ても主人公のヴィジュアルが強すぎます。

頭の一部が銃なのかと思ったら顔面全てが銃の形ですし、ここまで見た目の良さを排除しているといっそ清々しささえ感じます。

最近は萌え系のアニメに嫌気が指していたところなので、むしろハードボイルド感の溢れるアニメは望むところです。

ただストーリーはイントロダクションを見る限りでは少し弱めな感じもします。もちろん荒吐というキャラに何かしらの秘密があって陰謀の裏を暴いたりしていくメインストーリーなのでしょうが、ハードボイルド系のアニメとしてはそのストーリーは王道過ぎるような気がするのです。

ハードボイルドは王道が似合うとは言っても、ここまでアニメ業界が発展してきた現在でその王道ストーリーを突き進むのはむしろマンネリが強くなってしまうのではないでしょうか?

主人公以外の拡張者のヴィジュアルが公開されていない為なんとも言えませんが、他の拡張者のヴィジュアルによっては化けるアニメになるかもしれません。

私は原作を読んでいない為どのような展開になるかも全く分かりませんが、1話目で視聴者の心を掴めないとそのまま視聴していくのは難しいかもしれません。

ノーガンズ ライフ アニメ/1話/まとめ

 
気障でやせ我慢というのがハードボイルドな男のひとつの条件で、まさにこの「ノー・ガンズ・ライフ」の主人公乾十三はそういう奴です。正統派のハードボイルド設定で、更にその世界はSF仕立て。最近はハードボイルドもSFもジャンルとして廃れ気味で、どちらもその上澄みのテイストは氾濫しているのに、本格的でハードなものになると絶滅危惧種ともいえます。

その二つの絶滅危惧種を組み合わせるなんて、何とも時代に逆行しているなと感じますが、似たような異世界ものアニメばかり流行っている中で、こういう作品は異色だし、インパクトがあります。

ハードボイルドに銃はつきものですが、主人公の十三の頭は銃そのもの。その奇妙さは宮崎駿さんが「紅の豚」でハードボイルドと異形を組み合わせたのと基本的に似ています。

それを宮崎さんのようにファンタジーにするか、この作品のようにハードSFにするかの違いで、こんなにも世界が変わるというのが日本のクリエーターたちの凄さだなと思います。

ハードSF好きとしては、久しぶりにゆっくりとSFを楽しみたいなと思います。

またハードボイルドものの特徴のひとつに、ノスタルジーというのもあります。

アニメの主人公は若者が多いせいか、熱血漢か冷血漢か極端ですが、哀愁を帯びた大人の男の姿を見られるのも楽しみです。

ノーガンズ ライフ アニメ/1話/総括

予告を見て、まずとてもこのアニメを見たくなった!と言うのが率直な感想です。予告には頭が銃のかたちをした人間が多く登場したことから、彼を中心に話が展開していくことが予想される。

また、拡張者というフレーズがいくつか登場したことから敵も何かしらの特徴を持ったサイボーグであることが予想され、この拡張者との対立を軸にストーリーが展開していくんだろうと思いました。

その中で、どんな能力を持った敵が登場するのか、また頭が銃の男は一体どんな能力を使うのか、とても興味が湧きました。

キャラクターそれぞれがもし異なる能力を持ったとなると、少しアメコミの要素が入ってきます。

私は元々アメコミご大好きなのでそういった要素が入ったアニメは他にも観ているので、このアニメもそうで有れば嬉しいです。

絵のタッチは少年というよりも青年コミック向けなのも好感を持てる要素です。きっとストーリーもそれに伴った物になっている事だと思います。

一話はどのアニメでも、物語の始まりとしてとても重要な回となります。一話目でいかに視聴者の心を掴めるかにかかっているのでこのノーガンズ・ライフの一話目にも期待して、どこまでこころが掴まれるか楽しみです

  「ノー・ガンズ・ライフ」というアニメは、身体を機械化している人間が登場する作品となっており、普通の人間とそうではない機械化された人間が共に生きている世界を描いているのです。

世の中はいろいろな人たちがいるというのは、現実の世界でも同様ですが、このアニメに登場する機械化された人間は見た目が明らかに異質というケースが存在しており、通常であれば警戒心が強くなり、普通の人間はなかなか受け入れることができないのではないか?と思います。

現実世界ではいろいろな人種の人たちがともに当たり前に暮らしている国もありますが、今はそうであっても当初からそうであったとは言えない国もあったはずで、それと同じような状況だと思われます。

やはり見た目的に異質な人間というのは、どうも受け入れがたい心理が働いてしまうのではないか?と思うのです。
このアニメでは機械化された人間を拡張者と呼んでいますが、その拡張者と普通の人間が上手くやっていけるのか?どうやって共存しているのか?といった部分がまず気になるところであり、そして拡張者がこの世界で果たす役割という点も注目です。

拡張者は普通の人間とはちょっと違う生き方をしている面もありますから、そこも含めて拡張者と人間の違いをどのように描いているのか?が楽しみです。

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ノーガンズ ライフ アニメ/見逃し配信/再放送/1話無料視聴/再放送10月10日