映画

海よりもまだ深く 見逃し配信 テレビ放送地上波2019年10月11日無料視聴

海よりも深く/海よりもまだ深く 見逃し配信 テレビ放送地上波2019年10月11日無料視聴

 

2019年10月11日21時からフジテレビで『映画「海よりもまだ深く」【地上波初放送!是枝裕和監督×阿部寛×樹木希林】』が放送されます

 

海よりもまだ深く 見逃し配信 テレビ放送地上波2019年10月11日無料視聴につきましては下記にて
 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

海よりもまだ深く 見逃し配信 テレビ放送地上波2019年10月11日無料視聴
 

海よりもまだ深く /番組内容

 

最新作『真実』公開記念!『万引き家族』の是枝裕和監督が、10月期火9ドラマ『まだ結婚できない男』の阿部寛主演で描く、笑いあり涙ありの、家族の感動作が地上波初放送!

夢見た未来と少し違う今を生きる“元家族”が教えてくれるのは、海よりもまだ深い、人生の愛し方。 笑ってしまうほどのダメ人生を更新中の中年男、良多(阿部寛)。15年前に文学賞を一度とったきりの自称作家で、今は探偵事務所に勤めているが、周囲にも自分にも「小説のための取材」だと言い訳している。

元妻の響子(真木よう子)には愛想を尽かされ、息子・真悟(吉沢太陽)の養育費も満足に払えないくせに、彼女に新恋人ができたことにショックを受けている。

そんな良多の頼みの綱は、団地で気楽な独り暮らしを送る母の淑子(樹木希林)だ。ある日、たまたま淑子の家に集まった良多と響子と真悟は、台風のため翌朝まで帰れなくなる。

こうして、偶然が取り戻した、一夜かぎりの家族の時間が始まるが。

 

海よりもまだ深く キャスト

 

阿部寛 真木よう子  小林聡美 リリー・フランキー 池松壮亮 吉沢太陽  橋爪功 樹木希林

 

海よりもまだ深く 見逃し配信 テレビ放送地上波2019年10月11日無料視聴ストーリー性

万引き家族の是枝裕和監督と阿部寛が組んでいるのが個人的には興味があります。

是枝裕和監督は万引き家族を見て知ったんで、その前に出来た作品ですが独特の世界観があるなぁと感じたんで楽しみです。

アットホームダッド、結婚できない男で主演した阿部寛が出てる映画は楽しみです。結構ふてくされた態度悪い役が多く感じていました阿部寛は。

優しそうな常識ありそうに見えていたんで何故かなと思っていましたが最近バラエティで阿部寛を見たらボソボソ喋るし、ちょっと暗い雰囲気もしたんでそれでああいう配役が多いのかなと感じました。

「海よりもまだ深く」でも情けない男の役みたいな感じでしたが上手く演じてるように見えたし楽しみです。

あらすじは笑ってしまうほどのダメ人生を更新中の中年良多(阿部寛)。15年前に文学賞を取った自称作家で今は探偵事務所に勤めている。元妻響子(真木よう子)には愛想を尽かされ息子真悟の養育費も満足に払えないが響子に恋人ができたことにショックを受けるとありますがやはり阿部寛はこういう役が多いですね。

どんな演技でもこなすのは分かっていますが、それでもダメ人間を演じるのがやたら上手く感じます阿部寛は。映画楽しみにしています。

  演技をしているとき以外はダメ男感なんて全然ないのに、どうしてこう様になるんでしょうね。
単純に演技が上手いということなんでしょうね。

映画監督についてあまり詳しくないので、是枝監督のことを最近までよく知らなかったのですが、こういう映画も作っていたのですね。

海よりもまだ深く。
いいタイトルです。番組内容を見ても完全にはタイトルの意味はわかりませんが、なんなとなく家族愛に関したタイトルな気がします。
是枝監督は、こういった家族モノの作品を作ることが多いのでしょうか。

なんにせよ名作を作り上げた監督の過去作にはとても興味あります。

主人公の良太はダメ男で、文学賞を一度とったきりの自称小説家で、今は探偵事務所に勤めている。

文学賞をとって消えていく作家は現在でも悲しいことにいますね。

こういうのって結構よくある感じなんだと思います。

ここまでの紹介を見ると、意外とダメ男な感じはありませんが、探偵の仕事を小説のための取材だと言い訳しているという一文だけで何故かダメ男感が出るのが面白いです。

個人的な感性の問題で他の人は違うかもしれませんが。

元妻にも愛想を尽かされ、息子の養育費も払えない。

唯一の頼みの綱は気楽な生活をしている母。

偶然そんな家族が集まり、一夜限りの家族の時間を過ごす。

一夜限りという短い時間の中で家族の間にどんなドラマが生まれるのか、そしてどんな結末になるのか内容だけでもう引き込まれます。

せっかくの地上波ですし、是非見たいと思います。

海よりもまだ深く 見逃し配信 テレビ放送地上波2019年10月11日みどころ

カトリーヌ・ドヌーヴ主演の新作「真実」が公開予定の是枝裕和監督作品、阿部寛主演、樹木希林さん共演の16年の映画、地上波初放送。

是枝監督は結構多作な方で「万引き家族」や「三度目の殺人」のような社会派や重いテーマも扱ってますが、この「海よりもまだ深く」は軽いほう。

しかししっかり家族の関係を取り扱っていていろいろ考えさせられたりします。ここでの一番の見どころはやはりダメダメ中年男阿部寛さんとその母樹木希林さんの掛け合いでしょうか。

阿部さん演じる主人公はかつて文学賞を受賞した自称作家。現在は探偵事務所に勤めながら過去の栄光に縛られて生きている。いますよねーこういう俺は昔はすごかったオジサン。

本当は一発ブチ上げた次回作(でその成功を維持すること)が大事なんですがすっかりこじらせちゃって。その悲喜こもごもとやるせなさを阿部寛さんっぽくない役柄かと思いきやすごくうまく伝えています。

そして元妻と息子との関係もアリがちなんだけど微妙~な空気があふれていてとても面白いんですよね。もちろん樹木希林さんは上手すぎで文句なし。

古い団地の感じもリアリティに溢れていていいです。

器用な小品という感じですが演技派な方々の様子をみるのはすごく楽しみです。

万引き家族の是枝裕和監督と阿部寛が組んでいるのが個人的には興味があります。

是枝裕和監督は万引き家族を見て知ったんで、その前に出来た作品ですが独特の世界観があるなぁと感じたんで楽しみです。

アットホームダッド、結婚できない男で主演した阿部寛が出てる映画は楽しみです。結構ふてくされた態度悪い役が多く感じていました阿部寛は。

優しそうな常識ありそうに見えていたんで何故かなと思っていましたが最近バラエティで阿部寛を見たらボソボソ喋るし、ちょっと暗い雰囲気もしたんでそれでああいう配役が多いのかなと感じました。

「海よりもまだ深く」でも情けない男の役みたいな感じでしたが上手く演じてるように見えたし楽しみです。あらすじは笑ってしまうほどのダメ人生を更新中の中年良多(阿部寛)。

15年前に文学賞を取った自称作家で今は探偵事務所に勤めている。

元妻響子(真木よう子)には愛想を尽かされ息子真悟の養育費も満足に払えないが響子に恋人ができたことにショックを受けるとありますがやはり阿部寛はこういう役が多いですね。

どんな演技でもこなすのは分かっていますが、それでもダメ人間を演じるのがやたら上手く感じます阿部寛は。映画楽しみにしています。

海よりもまだ深く 見逃し配信 テレビ放送地上波2019年10月11日無料視聴ストーリー性

海よりもまだ深く 見逃し配信 テレビ放送地上波/樹木希林さん

今は亡き、樹木希林さんが、出演されている作品の地上波、初放送というのは、楽しみです。

希林さんが、しゃべりだすと、その言葉に、引き込まれてしまいます。この作品でも、希林さんの世界観を、大切に観たいと思っています。希林さんが、出てこられたシーンの写真がありますが、優しい笑顔が、もう、いらっしゃらないのだなと思うと、さみしくなりました。

また、阿部寛さんが、どうしようもなくダメな男性として、登場されるようです。阿部さんが、表現するダメな男性とは、どのような行動をとるのか、表情にも、注目したいと思います。

映画というのは、TVの作品と違って、時間が、丁寧に描かれて登場人物の心情が、映し出される気がします。

是枝監督の作品で、家族の物語は、「そして父になる」「万引き家族」などが有名ですが、「海よりもまだ深く」も魅力のある作品だろうと期待したいと思います。普通の日常に、思い通りに人生を生きている大人と、思い通りに生きられない大人がいる。この映画には、そういう物語があるのではないでしょうか。

一度、文学賞を受賞したまま、その後の人生は、思い通りにいかず、ダメな男性、篠田良多(阿部寛)は、母篠田淑子(樹木希林)や姉千奈津(小林聡美)に、お金をせびるような男性です。

探偵事務所で働いているのも、「小説のための取材」だと、言い訳するような、男性です。小説で、書けなくなったのであれば、堂々と、仕事をすればいいのにと思ってしまいます。

元妻響子(真木よう子)に、養育費をはらうお金も、ままならないなんて、情けない話です。でも、妻のことは、忘れられず、未練があるようです。息子真悟(吉澤太陽)に、野球のグローブを買ってあげたいために、良多がとった行動は、ダメな人生を、物語っているのではないでしょうか。

台風が迫る中、団地で暮らす、母のもとに、良多、響子、真悟が、やってきます。響子には、新しい恋人ができていますが、未練しかない、良多は、どうするのでしょうか。

子供のころに、描いた大人の人生とは、違う今を、どう受け止め、現実と向き合っていくのか。男のプライドが、現実を受け入れられないでいる。

そのようなことは、どこにでも、潜んでいるのかもしれません。今を、有意義に生きるためのヒントが、この映画には、隠されているのではないかと、期待したいと思います。

海よりもまだ深い、人生の愛し方とは、どういうものなのか、じっくりと、映画を観て考えたいと思います。

海よりもまだ深く 見逃し配信 テレビ放送地上波2019年10月11日感想など

2016年に阿部寛さん主演で是枝監督とタッグを組み上映された映画が地上波で初放送されます。

作中には阿部寛さんが演じるどうにもうまく人生を生きることのできない不器用な自称小説家の良多とその母親役として2018年に逝去された樹木希林さんが出演しておられ、他にもリリー・フランキーさんなど是枝監督の作品によく出演しておられる俳優さんが登場します。

一度文芸賞を取っただけでうだつがあがあらず、何をしてもうまくいかずギャンブルにのめりこんで妻子に愛想をつかされた自称小説家の良多はそれでも元妻との復縁を望み過去を引きずって前に進めずにいます。

お金もなく、質屋通いをする毎日を過ごしている良多ですが息子にはいい顔をしていたいらしく恰好をつけ無理してプレゼントを渡します。

前を向かずどうしようもない良多が通いなれた質屋で、良多と同じようにどうにもならなかった性格の父親が、良多が文学賞を取った時に喜んでいてくれどうも自分のことを認めてくれていたらしいことを聞かされます。

そしてその話を聞いた良多は前に進もうと決意します。どこにでもありそうなそんな日常を映画化したもので、日常の中にふと溢れる涙と家族というものを描いた作品です。

是枝監督作品にみられるそんな日常を感じさせ、考えさせられるものになっています。映画でも見ましたがまたみてみたいと思える作品です。

  『海よりもまだ深く』は、是枝裕和監督の話題の感動作です。『海街diary』でも注目を浴びた是枝裕和監督ですが、『海よりもまだ深く』でも家族の愛について描かれています。

阿部寛さん主演で、共演者に樹木希林さんリリーフランキーさん、真木よう子さんらが集結し、賞を総なめにするような俳優陣が勢揃いするため、期待がより一層高まる映画だと思いました。

今回の主人公の役柄は、『なかなか大人になりきれない男』です。一度夢を持った経験がある方は、夢を諦めるのがどんなに大変なことかよく分かると思います。

この映画の主人公は、まさに夢を諦めきれず、悩み葛藤しながら生きる姿を好演しています。そして主人公は妻とも離婚し、元妻となっても思いも捨てることができず、自分の人生をなかなか前に進めない姿に胸が苦しくなります。

しかし『想像していた未来とは違う』と感じたことは、誰しもあると思います。そのため、主人公へ共感してしまう部分も多く、感情移入しながら見れる作品でもありました。

台風の日に、たまたま実家で家族と過ごすことになる主人公を中心に、物語は展開していきます。人の日常生活を覗いているような緩やかな描写が続きますが、ずっと温かい気持ちで見れる映画でした。是枝裕和監督ならではの素晴らしい作品でした。

です。観るのが楽しみです。

海よりもまだ深く 見逃し配信 テレビ放送地上波2019年10月11日視聴さy評価

この映画凄く観たかったんですよ。それにしても、樹木希林さんの偉大さが亡くなられてなお実感してしまうほど、沢山のドラマや映画を観て思います。

今回の「海よりもまだ深く」そんな樹木希林さんに加えて、阿部寛さんもなかなか大人になりきれない男を演じるそうで、観るのが楽しみです。出演者も超豪華。

真木よう子さんや、小林聡美さん、それから樹木希林さんと仲良しのリリー・フランキーらも共演されてるんですよね。リリー・フランキーさんは樹木希林さんが亡くなられた時、「母親をもう一度無くした気持ちを感じた」とある番組で語られていました。

樹木希林さんとのエピソードとして、ある映画の舞台挨拶でリリーさんが着用しようとしていたスーツを「私着るものないの。

その服ちょうだい」と樹木希林さんに言われ、冗談だと思っていたら本当にその場でスーツを脱がされ、リリーさんは結局ジャージで、映画の舞台挨拶にたち、樹木希林さんはリリーさんのスーツを着こなし舞台挨拶に立ったと言う。リリーさんは、「僕より似合ってるから、まあいいや。」と思ったそうです。

だけど、樹木希林さんが亡くなり、樹木希林さんのお嬢様に頼み、そのスーツを返してもらい、樹木希林さんを思い出す形見として、これから先大事にされるそうです。

今回の「海よりもまだ深く」しみじみと味わいたい作品です。観るのが楽しみです。

海よりもまだ深く 見逃し配信 テレビ放送地上波2019年10月11日無料視聴まとめ

「海よりもまだ深く」という映画は、売れない作家を主人公とした作品となっています。
離れ離れになった家族と再会して、つかの間の楽しさを実感する主人公の姿が非常に印象的な作品と言えますけど、本作の場合には別の部分でも魅力を実感しやすいと思うのです。

この作品に登場する主人公は過去に賞を取ったことはあるものの、それ以降は全く鳴かず飛ばずという、現在は完全に売れない作家の地位になってしまった人物で、ギャンブルなどでお金を散在する生活を続けていたところ、妻と子供が出て行ってしまうという状況になります。

そして、養育費なども払うことができず、世間一般的にはダメ人間のような生活ぶりが露呈するわけですが、だからといって実際この人物がダメ人間と言えるか?は別だと思うのです。

人間というのはほぼ必ず探せばいいところがあるというもので、この主人公に関しても久しぶりに家族と再会したときにはすごい楽しそうに過ごしています。

さらには息子は父親である主人公にかなり懐いていて、その息子と人生について深く語り合うシーンなどはこの主人公の良さが出ているところでしょう。

子供に対してあるべき姿を見せているような部分に関しては、主人公の人間性に関して見直すべき部分になっているのではないか?と思うのです。

ダメ人間に見えるけど、それが全てではないといったところ見どころになると言えるのです。

 

是枝監督の作品と言うこともあり注目です。海街diaryや万引き家族など、多くの作品を受賞している監督ですが、今回の作品は監督の作品としてはあまり有名な方ではないかもしれません。

ですがお亡くなりになった大女優の樹木希林や、長年ドラマや映画で活躍する実力派俳優の阿部寛など、キャストが豪華で何より演技力に間違いがない人たちばっかりです。

家族をテーマに作品を作ることが多い監督ですが、今回は親子、そして1つの家族に焦点が当てられています。別れた妻と子供がいますが、台風によって帰れないと言う状況で1日だけ家族の時間を取り戻すことになります

主人公の阿部寛は中年男性ですが、まだまだ大人になりきれていない性格で、昔受賞した文学賞をそのまま引きずり、今は探偵事務所に勤めながらも、何とか養育費を払おうと必死になっています。しかし、元妻に恋人がいる事がわかりショックを受けていると言う…。その母は樹木希林が演じ、チクリと嫌味を言うが愛情がある母です。

人生は思い通りにはいかないと言うことを、表現している作品だと思います。家族の事について映画にする時、是枝監督の作品は大きな展開がないこともあります。

海街diaryもあまり大きな動きはありませんでしたが、家族としての時間の流れをうまく表現した作品だったと思います。

今回の作品も、ありふれた日常なのでジェットコースターのような展開は無いかもしれません。ですが感情がどのように動くかということに注目して、視聴したいなと思います。をみんなで考えたいと思いました。

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

海よりもまだ深く 見逃し配信 テレビ放送地上波2019年10月11日無料視聴