スポーツ

世界陸上2019 100メートル(動画)見逃し配信やライブ配信サニブラウン/準決勝/決勝/予選/無料視聴再放送

 

世界陸上2019 100メートル 【動画]見逃し配信やライブ配信9月28日サニブラウン/準決勝/決勝/予選/無料視聴再放送

 

ということで記事をお伝えします。

2019年9月27日22時からTBSテレビで『世界陸上ドーハ~男子100mサニブラウン・桐生・小池が出陣!~』が放送されます

 

世界陸上2019 100メートル 【動画]見逃し配信やライブ配信9月28日サニブラウン/準決勝/決勝/無料視聴再放送~サニブラウン・桐生・小池無料視聴/再放送については

下記で
(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

世界陸上2019 100メートル 【動画]見逃し配信やライブ配信9月28日サニブラウン/準決勝/決勝/無料視聴再放送

世界陸上2019 100メートル 【動画]見逃し配信やライブ配信9月28日サニブラウン/準決勝/決勝/番組内容

 

男子100m予選
NEXTボルトは誰だ!? サニブラウン・ハキーム&桐生祥秀&小池祐貴9秒台トリオが歴史的偉業へ出陣!

男子400mハードル予選
27年ぶりの世界記録を狙う歴代2位K・ワーホルム(ノルウェー)&同3位A・サンバ(カタール)&同3位R・ベンジャミン(アメリカ)が参戦。日本の安部孝駿・豊田将樹は準決勝進出に挑む!

男子走り幅跳び予選
大混戦のこの種目。日本記録保持者・城山正太郎&日本歴代2位橋岡優輝&同歴代4位の津波響樹が20年ぶりの決勝なるか!?

男子三段跳び予選
世界陸上3度の金メダル&世界記録まで8cmに迫るC・テイラー(アメリカ)が登場!

女子走り高跳び予選
世界記録まで3cmに迫る美しき女王M・ラシツケネ(ANA)3連覇へ出陣

2年に1度の世界陸上の季節がやってまいりました。ほかのスポーツよりも種目が多いので注目すべきところは沢山ありますが、男子100mは誰もが分かりやすい最速種目なので100m男子の世界の王者が誰になるかというのは毎回の楽しみでしょう。

前大会では最速の男のウサイン・ボルトがガトリンに敗れたという歴史が動いた所があっただけに、今回も何が起きるかが目を離せません。

日本的にも100m男子は10秒を切る選手が出てきて着実に実力をつけているのでどこまで行けるかも楽しみであります。

10秒を切っている選手といえば桐生祥秀選手の9.98です。10秒を切っていないにしても限りなく近いメンバーでは山縣亮太の10秒フラット、若手の期待の星のサニーブラウン選手の10.05。

小池佑貴選手の10.17とレベルを上げてきています。世界トップと戦うにはもう一息欲しいタイムなのですが、なにより日本はそのバトントスの技術力の連携力で補う力によりリレー種目が戦えるレベルになっています。

実際過去にその技術力を駆使して走力が劣るアドバンテージを払いのけてメダルをとっています。

走者の走力の平均値が年々上がってきているので、どこまで上を行けるかは楽しみになってきています。

昔なら短距離は日本勝てないと言われてきただけに、目を離せません。

世界陸上ドーハ キャスト

 

メインキャスター:織田裕二・中井美穂 スペシャルキャスター:高橋尚子 アスリートゲスト:末續慎吾 ウォームアップエリア:小谷実可子 ほか

 

世界陸上2019 100メートル 【動画]見逃し配信やライブ配信9月28日サニブラウン/準決勝/決勝/無料視聴再放送視聴者の評価

なんといっても短距離競争の100mの予選から決勝までの戦いでしょう。NHKの番組の韋駄天でオリンピックに参加した選手が、「日本人が世界と肩を並べるには100年はかかる」と言っていた言葉を思い出す。

日本がオリンピックに最初に参加してから約100年、思えば長い道のりだったような気がする、私の記憶では日本の陸上大会で観衆が満員になる場面を一度も記憶がない。スタジアムが広いからという理屈は成り立たない。

なぜなら、野球やサッカーも同じ広さのフィールで試合を行っているからです。

やはり世界に通用しないスポーツは人気が出ないので、必然と良い選手は、人気のあるスポーツに引き抜かれるため、陸上界は衰退の一途をったどることとなる。

しかしながら、最近の日本の単距離競争に目を見張る記録が出始めている。最近の単距離会を引っ張って居ているのは、桐生選手であるが、なかなか10秒を切れなかった時代が長すぎたが、一度記録を破ると、次から次とその記録を破るための(目的ができたためか)、3名の記録保持者が出てきている。

来年のオリンピックでメダルを取るためにも今年のドーハの戦いを自分のものとして戦い抜いて、単距離会念願の100年の夢を実現させてもらいたい。ほかの協議にもぜひ頑張ってもらいたいものですが、最近低迷しているマラソン界に褐を入れたい。

昔ながらのトレーニングに頼らずもう一度原点に立ち返り、日本人ができる練習方法を取り入れ、ぜひともメダル獲得を目指してもらいたい。

世界陸上2019 100メートル 【動画]見逃し配信やライブ配信9月28日サニブラウン/準決勝/決勝/無料視聴再放送まとめ

「世界陸上2019ドーハ」は、これまでの世界陸上とは違った事情を抱えています。中等に位置する国で行われるのですが、ここは本当に気候的に暑い国で、夏の時期などは日本では考えられないくらいの気温になるのです。

したがって、通常は8月に開催されることが多かった世界陸上ですが、今年はカタールのドーハで開催されるということで、9月の中旬からの開催となっています。

それでもドーハは暑く、この時期でも平均気温は30度を超えるみたいなので、非常に暑い世界陸上になりそうです。

ということは、この暑さにどれだけ適応することができるのか?という点が、大きなポイントになると思います。

それぞれの選手の母国の普段の気候などが結構重要となってくるかもしれません。暑さに慣れている選手とそうじゃない選手がいると思いますから、その部分が成績を左右する可能性もあります。

特にマラソンなどは長時間にわたる競技ですから、この気温の高さというのはかなり影響するのではないでしょうか?

そういった意味では、個々の選手の実力もそうですけど、このドーハという気候の部分で順位が変動することがあると思うので、こういうところも実はみどころになると思うのです。

世界陸上といったら短距離、それも100mばかり注目されますがそれだけではありません。

日本も例外なくそうなのですが、見所は他にもあります。

その中の一つに地味なので目立ちにくい種目ではあるのですが競歩というものがあります。特に男子では勝木隼人選手が金メダルも過去に取ってる程の実力者なので今回もその実力が注目されます。

実際やった人ならわかりますが競歩は歩く種目と言っても実際は全然イメージとは違う過酷な競技です。どちらかの膝が必ず伸びていなければ3回警告で失格になりますし、競歩の動き自体スネの筋肉である前脛骨筋がすごく張ってきます。

ペースでみても高校の女子のトップレベルですら1キロあたり5分台というものなのでもはやジョギングスピードなわけですが、これは男子な上に社会人レベルなのでもっと速いです。

後の2名の野田明宏選手や鈴木雄介選手も日本記録をそれぞれ叩き出しているレベルなので如何にレベルが高いかがわかります。

今回の大会で再び誰かがメダルを取りに行けるかどうかが必見です。女子の内定者は藤井菜々子、それに世界と戦えるレベルと判断した結果で渕瀬真寿美が代表に内定しております。

こちらもどこまで戦えるかが注目されます。

男女共に言えることですが灼熱対策に日本との時差が大分違うので、そこをどうやってクリア出来るかが鍵となるんじゃないかなと思います。

最後はやはり気持ちの勝負なのはマラソンと共通点と言えるでしょう。

世界陸上2019動画ライブ配信/9月28日について

2019年の世界陸上競技選手権大会は9月27日からカタール・ドーハで10日間の日程で開催されるようです。TVの放送はいつものようにTBSで行われるようですが、メインキャスターは織田裕二さんと中井美穂さん。これはいつもの安心なおふたりです。

織田裕二さんはこのキャスター12大会連続(22年目)、ということですっかり世界陸上の顔(というかこのごろ他の場所であまりお見かけしないような…)、今回も熱すぎる番組を期待したいと思います。

なんだか時期的に夏の印象がある世界陸上ですが、今回は開催地が中東のドーハということで時期がずれている模様(平均気温40度という猛暑を避けるためにこうなっているようですが、来年の東京オリンピックもそうすればよかったのに…という印象ですね)。

別に夏である必要は全くなし、ちょうど秋のいい時期にTVでスポーツ観戦できるのはとてもうれしいことであります。

ただ放送時間帯がどうなるのか見てみますと夜から朝にかけてが生放送…これは朝一に結果を見て夜9時からのハイライトでじっくりと、というのがよさそうです。

日本勢の活躍にも期待したいですが来年の東京オリンピックで応援する選手を見つける…という見方をしてみたいかなと思います。

世界陸上2019 100メートル 【動画]見逃し配信やライブ配信9月28日サニブラウン

子単協理解の中でもサニブラウン選手に注目が集まっています。

今年の日本選手権では100,200メートルともに優勝し、今一番日本人選手で強い選手です。

100メートルは10秒切り、200メートルも20秒を切るタイムを出せる選手と言われているので、日本新記録でゴールしていただきたいと思っております。走り幅跳びの橋岡選手は27年ぶりに日本記録を更新しているので、期待が持てます。今回も自己ベストを記録すればメダルの可能性もあります。

10種競技の右代選手は5大会連続の出場ですので、常連の意地を見せていただきたいです。

マラソンは川内優輝選手が注目です。2大会連続4回目の常連ですので、ここで結果を出してオリンピックの代表争いに名乗りを上げていただきたいです。

いつも惜しいところまで来ているので、今までとは違ったタイプの選手が出場権を獲得すれば、近年低迷している長距離界も変わるのではないかと思っているのでその国家毛になればいいと思います。

4×100メートルリレーも期待できます。

メンバーがまだ正式に決まっていないのですが、リレーはメダル候補ですので、頑張っていただきたいです。

陸上は水泳に比べて世界との差がまだまだあるので、この大会を機に盛り上がりを見せていただきたいと思っております。

世界陸上2019動画ライブ配信ドーハ無料視聴/見逃し配信/再放送パラビ/tver(ティーバー・ディーバー) 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】
youtubeで見れない時は
下記で
(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

世界陸上2019動画ライブ配信ドーハ無料視聴/見逃し配信/再放送パラビ