ドラマ

サギデカ 動画 最終回/5話/フル無料!再放送/見逃し配信 nhk視聴9月28日

サギデカ 最終回/動画 最終回5話/フル無料!再放送見逃し配信 nhk視聴9月28日

当記事はサギデカ最終回動画ドラマや再放送最終回動画第5話を無料視聴するための記事です

 

2019年9月28日21時からNHK総合で『土曜ドラマ サギデカ「信じるもの」』が放送されます

 

当記事では
① サギデカの最終回第5話の無料動画視聴方法やみんなの感想まとめ
② サギデカの再放送最終話5話がみれないので無料視聴したい方
への記事になります

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

サギデカ動画最終回5話
 

サギデカ5話最終回動画9月28日 /番組内容

 

拉致された加地(高杉真宙)の行方を今宮(木村文乃)たちは血眼になって追うが手がかりを掴めない。憔悴して帰宅する今宮だが、表に廻谷(青木崇高)が待っていて「話がある」と言う。再び今宮が職場に戻るとスマホが鳴る。加地が、走る車のトランクからかけてきたのだ。息も絶え絶えに拉致された状況を断片的に伝える加地。今宮と手塚(遠藤憲一)らはそれを拠り所に番頭(長塚圭史)そして首魁(田中泯)の動向を探っていく…

サギデカの面白い、見どころは誰が見方なのか、敵なのかが回を重ねていくうちに分からなくなってくるところ。

今宮率いる警察はぶれずに警察として市民を守る仕事をするのだけど、そんな今宮もとうとう加地の心理作戦に引っかかってしまい、捕まえ損ねてしまう(正確には逃走させてしまう)。

加地はサギグループの末端であったが、気が付けばて店長以上の仕事を発揮し、番頭の地位を揺るがす存在にまで成長。番頭も加地の存在には危機感を抱いており、首魁から信頼を落とされないかヒヤヒヤしている。

しかしいまだに加地は犯罪を実行する上に、首魁の顔を見てみたいという野望まで生まれてしまい、回を追うごとに表情が険しく仕上がってしまう。

一体加地はどうなってしまうのか。元の市民生活にはやはり馴染めないのか。

そして首魁と廻谷。

この2人を繋ぎ止める共通点は金と何があるのか。首魁が金と力は水ものと表現しているが、やはり廻谷も表向きは新薬のベンチャー会社としているが、実態は今かつて謎のまま。しかしそんな廻谷も今宮を一目置く存在に。誰が正義で、誰が敵か。誰が普通なのかがさっぱり見えてこない展開。

最終回では加地は無事に見つかるのか。そして詐欺の主謀とは一体誰なのだろうか?
 
加地が店長のサトウことウツミダイキ殺しの容疑に関わっていると夏蓮達が捜査している中で、見当たり班の上野から加地が潜伏している場所を割り出し、踏み込んだ夏蓮達から逃げようとした加地が、ネットカフェに隠れながら、また金儲けの為に、番頭から金を借りて振り込め詐欺を行った二週間前の経緯が描かれたシーンがありましたが、加地が弱いまま知らない内に死ぬのは嫌だと考えて、詐欺を再びしていたと分かり、弟を亡くした過去もあり、かなり切迫した心境の中で生きているんだなと感じました。

加地を追い詰めた夏蓮が、もう一度加地と対話して、元恋人の刑事の森安が遠くで見ていたのを気づかず手を離して逃がしたのは、加地が、捕まえるなら本当に悪い奴を捕まえろ、と話し、その本当に悪い奴の顔を見てやりますから、という言葉を信じたんだなと感じられ、このシーンは夏蓮が加地を信じて、振り込め詐欺の首魁を逮捕したいという思いが一つになったんだなとも受け取れた感動的なシーンにも感じました。

そんな加地が携帯を番頭のタナカの車に忍ばせ、後を着けたが何者かに殴られてしまった場面は、とても緊迫感を感じドキドキしてしまいました。そんな経緯を首魁から聞いた廻谷が、参ったなァ、と呟いていた終盤も、これから夏蓮が廻谷と対峙する場面もありそうだと、ワクワクもしました。

サギデカ 5話キャスト

 

木村文乃,高杉真宙,眞島秀和,清水尋也,足立梨花,長塚圭史,田中泯,鶴見辰吾,香川京子,青木崇高,遠藤憲一

 

サギデカ 動画 最終回5話/フル無料までのネタバレ

 

もう最終回ということで、今まで追ってきた詐欺事件がどんな風に決着が着くのか楽しみです。加地くんは詐欺グループに加担してしまったのか、本当にまた犯罪に手を染めてしまっているのか、もしそうであればとても悲しいです。

詐欺というのは、そんな簡単に辞められるものではないのかと不思議に思いました。

しかし、なぜ拉致されてしまっているのか、気になることだらけです。

本当終わってしまうのか、どんな展開が待っているのか、終わってしまうのは寂しいですが、毎回ハラハラドキドキさせられるドラマだったので、最終回も楽しみです。

死者まで出てしまっている今回の詐欺グループから始まった事件、どんな人たちによって行われ、どんな目的があるのか、詐欺をするような人たちにしか分からない考え方があるのかと、詐欺事件について考えさせられるドラマでした。

また廻谷さんと詐欺グループの関係も気になります。そんな詐欺グループに立ち向かう警察官の姿もいつもかっこよかったです。

最終回でも、チームが一丸となって、それぞれを支え合いながら、事件を解決してくれるのではないかと、期待しています。

また、今宮の恋愛事情も気になるので、復縁なんてしないのかなと淡い期待を抱いています。

4話で主人公、今宮夏蓮(木村佳乃)が加地颯人(高杉真宙)に信じていたけど騙されたと分かり、それも自分の言った言葉によってまた詐欺をさせてしまった事実に苦しめられました。

それでも、やはり今宮は加地を信じたいという思いから、また、警察も詐欺師も結局は同じことをしているという加地の言葉から、加地を逃がしてしまいました。逃亡を助けてもらった詐欺グループの番頭の荷物に、加地は自分の携帯を忍ばせて位置情報を今宮にも知らせるのですが、加地は何者かに襲われ、今宮が駆け付けた時には大量の血痕だけが残っているところで終わってしまいました。

加地がその後どうなったのかすごく気になる展開です。詐欺グループに加地と警察の関係がばれてしまったのか、それともまた上手く詐欺グループの上まで辿り着けるのか、楽しみです。

また、優しく誠実そうであった廻谷誠(青木崇高)が黒い筋の男と知り合いであったことが分かったことにより、今後今宮とどうなっていくのかの展開が気になります。捕らわれた加地が、ピンチを抜け出し詐欺グループをたくみにだまして、今宮と笑顔で再開してもらいたいです。

そして、廻谷も真っすぐな今宮をみて、最後には今宮に協力することにより黒い筋との決別をしてくれると期待して5話を見たいと思います。

サギデカ 動画 最終回5話/フル無料感想

これまでの刑事ドラマと言えば、ピストルでの撃ち合いをして、犯人を逮捕するなど派手なシーンがメインでした。そして犯人も殺人犯や強盗犯などがメインでした。

また主人公は男性刑事がほとんどでした。そのような常識を覆したのがこのサギデカだったと思います。

まず主人公が女性刑事だったのが非常に斬新でした。しかも男性刑事顔負けだったのが良かったです。

次に今までの刑事ドラマのように殺人犯や強盗犯をメインにしているのではなく、特殊詐欺という今までになかったタイプの犯人をターゲットにしているのも、面白かったです。

そして一番良かったのが、犯人グループの一味と主人公が信頼関係を築いていくという、ある意味恋愛ドラマ的なストーリーも良かったです。

最終回では主人公今宮と恋愛関係になりかけている、犯人グループの一味である加地が拉致され今宮が助けに行くというストーリーになっています。

果たして今宮は加地を助けることが出来るのか、特殊詐欺グループのボスを逮捕することができるのかという点が楽しみになってきます。

このような刑事ドラマはほどんどないと思います。これからも何回かレンタルビデオ屋さんや正規の動画サイトで見たいと思います。

サギデカ 動画 最終回5話/フル無料これまでの感想

まさかあのシーンで加地から感情を揺さぶられて、今宮が加地を取り逃がすなんてあってはならない警察の失態。

逃げられました、だけでは許されないだけに捜査二課の面々は鬼の形相。加地が仕組んだGPSのお陰で加地も金の行方も、そして番頭や首魁の存在にもつ近づきつつある展開。だけど、まったなしにやられてしまった加地。

予想通り、番頭に店長も加地も殺されたに違いないでしょう。

ちょっとかわいそうな死に方と話していた首魁。その首魁にはあるはずのない今宮の警察の名刺が1枚。

この今宮の存在が首魁をどう動かせるのか。また首魁とつながっている廻谷はどんな千恵を出して首魁を納得させるのか。

一体、誰が正義で誰が悪あのか。裏切りものがいるのか、いないのか。頭の中では整理できているようで、ちょっとずつ何かを見過ごして、ずれているのではないか、勘違いしてないか?と確認しながらも追っている第4話。

次回はとうとう最終回。廻谷がビルの階段でため息のような、笑っているような場面は一体何を指すのか?トランクルームから殴られた加地は生きているのか?

番頭や首魁は行くえをくらまし続けるのか。甘くみるなよ、警察を!と今にも今宮が吠えそうだけど、なんとなく最後にありえない結末が待ち構えていそうでハラハラしています。

最新話の楽しみな点は振り込め詐欺のかけ子の加地颯人が詐欺グループに拉致されてしまいましたが、加地が助かって、救出されるのかと、詐欺グループの番頭や首魁を刑事の今宮夏蓮らが探し出せるのかどうかです。

また、ベンチャー企業家の廻谷誠は詐欺グループと関係があるのかどうかも楽しみな点です。これまでの感想は加地が両親に捨てられ、弟にも死なれて、ひとりぼっちのかわいそうな境遇で振り込め詐欺のかけ子になってしまったのですが、加地が今宮ら、人間を信じることができるかどうかが事件の解決につながるのかなと思いました。

だまされる背景も描かれていて、人間の弱みにつけ込むのとだまされる人が良い老人が多いのに気づきました。

現在の孤独社会を表していて、寂しい老人が多く、そこに良い人が現れるとだまされてしまうのだと思いました。

だます方も人間を信じることが出来ない人をかけ子に採用しているのかなと思いました。

主演の今宮夏蓮役の木村文乃さんのドラマは初めて見るのですが、最初から俳優志望なので、演技が上手でやる気が感じられる演技でした。

また、加地颯人役の高杉真宙(まひろ)さんはドラマの「サイン」にも出ていましたが、同一人物と気づかないくらい役を演じ分けていました。

特殊詐欺グループの首魁の桑原傑がオン・ザ・ホライズンの社長の廻谷誠とガン治療の新薬の開発に対する口利きの見返りに、新たな振り込めの次の手を考えて欲しいと相談を持ち掛けていましたが、その様子から何やら訳ありな親子なのかなと感じました。

頭が良いと誉めていた事からも、廻谷も何度かは振り込め詐欺の新しい手口を考えた過去があり、金を受け取っていた可能性もありそうだと思いました。

加地捜索に行き詰まった夏蓮が、後輩刑事の戸山が担当していた7人の高額納税者が狙われた振り込め詐欺事件で、夏蓮が被害者の家族の中に不起訴処分になった逮捕者がいて、それをターゲットにしていたと見抜いたのは流石だなと夏蓮に感心してしまいました。

更に掛け子としても優秀だった加地の仕業と気づいたのも、何かの腐れ縁みたいな見えない宿命が加地と夏蓮には深くありそうだとも感じました。

加地が番頭のタナカに稼いだ1億円を渡していた時に、番頭が、金は人に使えと頭の良い人から言われた事がある、と話していましたが、ひょっとしたらその人物こそが廻谷ではないかとも予想され、益々廻谷も表の顔は製薬会社の社長で命を助けたいと考えている反面、裏では詐欺で資金を調達している悪人ではないかと思えてきて、その真の正体にも興味深いなと感じました。

夏蓮がそんな人物達を全て逮捕出来るのかも余計に気になってしまいました。

最後まで胸がどきどきしましたこれからの展開が予想できなくてどうなるんだろう詐欺集団の男の子がどうなって行くんだろと怖かったです。ラストシーンも気になりました。殺されてほしくないと願ってますが。詐欺集団の男の子の本当の気持ちもラストシーンまでわからなかったです。

男の子が女性刑事の味方か敵かも最後までわからなくてハラハラしました。そして女性刑事と親しい男性は何者なのか…詐欺組織と繋がっている人物なのはわかるけれど。

男性の方から女性刑事に近づいたのかと思ったがそうではなくて偶然の出会いのようです。

最終回なのですべてが明らかになるわけですが、最終回もハラハラどきどきの展開となるでしょう。

今回女性刑事は詐欺集団の男の子を追い詰めましたが男の子の言葉によってわざと逃がしたと思いました。

男の子が一番悪いトップの顔を見てやると言ったのを聞いて逃げる後を追わなかったんだと思いました。

男の子が殺されていないことを願いたいです。

そして公正してほしいと思うのですが。このドラマは振り込め詐欺の組織と警察の対決を軸にはしていますが、それぞれの人物の心理描写が面白いです。登場人物の心理がなかなか読めなくてどきどきしますがそれも面白いと感じます。

女性刑事の過去も気になるところですがどのような結末になるか楽しみです。

サギデカ 動画 最終回5話/フル無料まとめ

まずは番頭と首魁の正体をつかめるのかどうか気になります。

その上で、逮捕することができるのかドキドキです。

また、首魁と繋がっている廻谷との関係もどうなのかとても気になります。

予告動画では、廻谷が今宮警部補を抱きしめているシーンがありました。

これは戦略なのか本心なのか気になります。

このシーンではアングル的に今宮警部補が抱きしめ返しているかどうかは見えません。

そこに今宮警部補の気持ちが全て詰まっているような気がします。廻谷は今宮警部補が事件の捜査関係者であることを知っています。

今宮警部補は廻谷が振り込め詐欺首魁と繋がっていることに気付くのでしょうか。気付いたのであれば、きっと抱きしめ返すことはしないと思います。

ですが、これまでも度々情に厚い姿を見せてきた今宮警部補だけに捜査に影響がでないか心配です。

加地が生きたまま見つかるのかも気になります。

良心から番頭や首魁のアジトを突き止めようと動いたがために身に危険が及びました。

どうにか助かってほしいと思います。見どころの多い最終回になりそうで楽しみです。

そしてラストには事件が解決して、登場人物たちのその後が見れるようなシーンがあることを期待しています。

加地が拉致され、動揺した夏蓮をフォローする事になった森安という内容を見て、森安は夏蓮と6年前に半年間だけ付き合っていた元カレで、加地をワザと逃がした所を遠くから見ていた事もあり、森安も夏蓮と加地の関係に別れたとはいえ、心中穏やかでは無いだろうなと感じました。

見ていて、まだ夏蓮に未練があるのでは?とも感じられ、そんな加地との三角関係の行方も面白そうだなと個人的に期待しています。

そんな加地が捕まっていた車のトランクから逃げ出し、夏蓮の携帯に連絡して車の断片情報を伝え、そこから詐欺グループの首魁や番頭に迫って行くという内容を見て、加地が夏蓮に連絡中にまた捕まってしまいそうだなとも予想され、今度こそ命の危機に陥る加地を夏蓮が救い出せるのか?が非常に気になるなと思いました。

また、詐欺グループの首魁と番頭の逮捕という捜査二課の悲願が達成されるのかも非常に気になるポイントだなと思っています。

最後に首魁と繋がりを持つ廻谷が夏蓮に対して、どの様な態度を見せるのか?廻谷の母親を知っている首魁の人物との関係性とは何なのか?

展開によっては、これらの夏蓮に関わる人物が逮捕、或は死亡する展開も予想され、最終回は見逃せないなと今から楽しみになりました。

サギデカ 動画 4話感想

とうとう4回目まで終了したサギデカ。あともう一歩というところで加地が再び詐欺をやらかし、番頭までに接近したものの首魁の正体はつかめず。一方今宮は加地の行方にたどりつき、確保できたはずなのに、感情に揺さぶられて逮捕ができず逃走を許してしまう。

しかし加地は今宮を裏切ることなく、首魁を追い求められうようにGPSを番頭の車に乗せて加地自らも首魁に会うように接近する。

ここまではいい仕事ぶりの加地だがあえなく番頭に見つかり殴り倒されてしまう。
まさかこんな結末ありか?これでは店長と同じく殺されて、何事もなかったことになってしまうのではないか。

警察も加地の安否を追い、不測の事態に備えて猛警備!

どこまで今宮はじめ警察は加地、番頭、首魁を捕まえることができるのか。

そして新薬の承認に手を焼いている廻谷。彼と首魁が結びつけるものは何なのか?廻谷は社会にとって敵なのか、味方なのかいまだに分からないまま、突入。

少し好意を今宮へ寄せている廻谷は、今宮を利用して何かを企んでいるのか。

それともクリーンな仕事をし続けられるのか。

警察は詐欺グループの壊滅が達成できるのか。あっという間の最終回。見逃せない秋の夜長になりそうです。

サギデカ 動画 3話感想

加地の心の動きが気になる回でした。

巨額の振り込め詐欺を実行した後に、逃げるのを助けてもらった番頭の車にスマホを忍ばせてGPSの位置情報からアジトを掴もうとします。

あえなく見つかってしまい襲われてしまうのですが、この計画はどの場面から考えていたのか気になりました。

最初から番頭や首魁のアジトを掴むために実績を上げる目的で巨額詐欺をおこなったのか、巨額詐欺の後に良心が働いてスマホを忍ばせたのかどちらなのか考えてしまいました。

加地は、これまでにも悪人でありながらも人の心を持っている描写が度々ありました。また、自分に良くしてくれた振り込め詐欺店長が恐らくは番頭の手によって殺されたと思えるような言葉も番頭本人から聞いています。

果たして、加地の心がどのように動いたのか知りたくなりました。もし、最初から番頭や首魁のアジトを掴もうと信頼させるために巨額詐欺をしたのであれば、加地はやはり悪い人間ではないなと思ってしまいそうです。アジト前で加地が襲われた現場には大量の血痕がありました。無事でいるのかどうか心配です。

良心からの行動で加地の命が絶たれるような結末だったら悲しいと思います。

これまで金を詐取することだけが目的だった振り込め集団が変貌してしまいました。店長が強盗傷害を働いてしまい、その店長が海岸で水死体となっていました。

これまで、今宮やその家族も含めて、詐欺を働く側にも相応の事情があるのでは、という危険な気持ちになりかけていましたが、状況が一変してしまいました。加地もまた、店長の死体を見たとき、やはり同じような気持ちになってしまったのだと思います。廻屋は、そんな加地の変化を確かめようとしたのでしょうか。

そして加地が黒幕の正体をつきとめようとする、そう考えたのでしょう。

いよいよ捜査一課も載りだしてきましたね。刑罰の軽重はあっても、詐欺でも殺人でも犯罪には違いがありません。

加地も、生きていればですが、黒幕をつきとめたとしても加地自身の罪が消えるわけではありません。手塚が今宮に言った通り、「示談だって正当な行為」であり、「被害者を守るためには、ホシに実刑をくらわせるより有効」なことも、たしかにあると思います。

廻屋の陰謀の行方、そして黒幕の目的などいろいろ気になることがありますが、その全貌を知った時の今宮の心境が気がかりです。。

サギデカ 動画 2話感想

遂に廻谷が振り込め詐欺首魁と繋がっているのが判明しました。しかも長い付き合いのようです。

これまで今宮警部補といい感じだっただけにショックです。首魁が言っていた「振りこめの次の方法を考えてほしい」という言葉が引っかかります。

これは単純に次を考えて欲しいという意味なのか振り込め詐欺の手法も廻谷が考えたという意味なのか、とても気になりました。

もし今の振り込め詐欺集団の手法も廻谷が考案したものであればかなりの悪人だと言うことになります。

そして、廻谷が首魁と会っているときの顔は正に悪人に見えました。今宮警部補に見せていた顔とは全く違っています。

廻谷は首魁との連絡の中で今宮警部補が振り込め詐欺事件の捜査関係者だということに気付きましたが、今宮警部補はまだ廻谷の裏の顔には気付いていません。今後の2人の関係がどうなるのか気になります。廻谷が今宮警部補の祖母のお店に足繁く通っているのは、恋心なのか近づくための作戦なのか知りたいです。

今宮警部補は幼少期のトラウマや自信の性格からあまり周りに弱音は吐かないようです。

その支えになりつつあったのが廻谷だったために、首魁と繋がっていたのはショックでした。今後、今宮警部補と廻谷の直接対決に発展するのか見ものです。

昨今の日本で数多く見られる詐欺事件を扱ったドラマであるサギデカ。

今までこのような詐欺に引っかかった事はありませんが、なんとなく他人事ではないなと思いながら見ています。

そんな気持ちで見つつも、木村文乃さんの熱の入った演技に魅せられてしまいます。

木村文乃さん演じる今宮夏蓮の熱血っぷりも好きです。

シリアスなシーンでは思わず現実を忘れてドラマの世界に入り込んでしまいます。

このドラマを見ていると、いろいろな側の人間の生き方、苦悩や葛藤などが描かれていて多少複雑な気分にもなります。

詐欺の被害にあった老人やその他の人達、詐欺師の元締めや上層部の人間、売り子かけ子と呼ばれる末端として雇われた若者達、それからそんな事件に関わる刑事や警察官。警察側と詐欺グループは言ってみれば敵同士、加害者である詐欺グループと被害者も敵同士。

だけどそれぞれに人としての生活があって、その中で色んな思いを持って生きている人達のちょっとした境遇の違いで事件は起きる。

詐欺は到底許される事ではないけれど、思わず加害者の側にも感情移入してみてしまいます。

特に末端の売り子やかけ子などと呼ばられる若者たちは犯罪者ではあるけれど救える事ができる存在なんだなと感じます。

それは現実でもきっとそうなんだろうなと思ったりします。

サギデカ 動画 1話感想

NHKの刑事ドラマであるサギデカとは今までの刑事ドラマとは一味違ったものです。

通常の刑事ドラマは殺人犯を追い詰める展開が多いですが、サギデカの場合には特殊詐欺グループと詐欺グループ検挙専門の若手女性刑事の戦いがメインとなっています。

そのためこれまでは銃撃戦のような場面はほとんどありませんでした。しかしこれからは少し展開が違ってきます。詐欺グループと凶悪犯が結託して犯罪を犯していきます。

そのため殺人犯のような凶悪犯との闘いが幕を開けます。そのため今までにはないようなシリアスな場面を期待することが出来ます。

またサギデカは禁断の恋愛ストーリーも描いています。主人公の女性刑事今宮と犯罪グループの一味である加地とが妙な信頼関係を作っていきます。この二人の関係がどうなっていくのか、今宮は加地を犯罪グループから救うことができるのかについても注目する必要があります。

今宮をサポートする周りの刑事たちも個性的な人たちが固めています。

今宮とその個性的な刑事のやりとりも非常に面白いと思います。刑事たちを演じる俳優陣の演技力にも大注目です。このような点がサギデカは非常に面白い刑事ドラマであると私は考えています。

サギデカ動画5話無料 youtube【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】tver(ティーバー・ディーバー)b9/フリドラ/bilibiliにないときは

下記で
 
(無料視聴できます)

↓ ↓

 

サギデカ見逃し配信/再放送無料視聴